TSUTAYA店頭で借りたDVD/CDが郵便ポストで返却可能に

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、運営するTSUTAYAにおいて、店舗で借りたBD/DVD/CDを郵便ポストに返却できる有料サービス「TSUTAYA郵便返却」を11月15日より開始する。対象店舗は、全国1,394店のうち1,355店。残りの店舗についても順次導入予定としている。

このサービスは、TSUTAYA店頭でBD/DVD/CDレンタルする際に専用のキャリングケースも希望することで、直接店頭に行かなくても、全国に約19万本設置されている郵便ポストから返却が行なえるもの。

キャリングケースは1個100円で、1ケースにつきディスクを6枚まで収納できる。なお、コミックとVHSは対象外。返却期限は、レシートに記載された「返却予定日」の午前8時までのポスト投函となる。郵便ポスト以外にも郵便局、郵便事業株式会社支店のゆうゆう窓口、コンビニ店内ポストへの返却も可能。ただし、古い円柱形のポストへの返却や、コンビニ店頭での返却はできない。

このサービスは、郵便事業株式会社との協力により実現。'09年11月より全国に先駆けて北海道、九州、沖縄でサービスを開始した結果、店舗へ行かなくてもレンタル商品を返却できる点が受け入れられ、利用が増えたという。

編集後記
お客様の本当の「信頼」を勝ちとり、ステージアップにつなげる基本33。
あらゆる業界では顧客満足度調査が一般的になってきました。
しかし、満足度アンケート調査では、どうしても企業側からの調査になってしまいがち。
企業側に都合の良い情報が得られるとは限りません。そんな観点からこの書籍はお勧めできます。
右ページに解説、左ページに図解やイラストと分かりやすいのが良い。
「顧客満足」向上スキル理解度確認チェックシートがついていて、自分の理解度が分かります。
さらに、ネット書籍としてWEBサービスも利用できます。

顧客満足のすべてが面白いほどわかる本

TBSホールディングスの中間期は純損益27億円の赤字拡大

TBSホールディングスは、2011年3月期第2四半期(累計)の連結決算を発表し、四半期純損益が26億9200万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

テレビのスポット広告は回復の兆しを見せているものの、タイムセールスでは引き続き苦戦を強いられており、売上高では前年同期比5.1%減、営業利益では同35.6%減を記録。また、投資有価証券評価損として77億6300万円を計上したことから、純損益では赤字幅拡大となりました。

なお、通期業績ではスポット広告の回復やコスト削減、有価証券売却益の計上などで純利益12億円の黒字を予想しています。

編集後記
わずか三人の家族で始めた町工場を、一代で世界有数の電器会社・パナソニックに築き上げた松下幸之助を学習漫画でクローズアップ。 
「二階に昇りたい、何とかして昇りたい、二階に昇ることが唯一の目的だと熱意のある人はハシゴを考える」などなど、ポジティブ思考に溢れた名言、名エピソードに満ちた94年の生涯。 この混迷する時代の子どもたちにも希望を与える大きな魅力を持った学習漫画となります。

こういうのんて本だと身構えちゃうので漫画本だとすんなり読んでみようかなっと思ってくれると思って買いました♪
がんばって揃えるぞ!!

松下幸之助

自営業者、家族への給与も必要経費…税法改正へ

政府は28日、自営業者が従業員である家族に支払った給与を、必要経費として認める方向で調整に入った。

所得税の減税につながり、中小・零細の自営業者の負担を軽くする狙いがある。政府は2011年度税制改正で所得税改革を進める方針で、こうした減税措置に加え、扶養控除の見直しなどによる増税も合わせて検討している。早ければ来年の通常国会で所得税法の改正を目指す。

現行の所得税法では、自営業者が生計を共にする親族に支払った給与や、親族の不動産を借りて事業を行った際の賃借料などを、所得税の計算上、必要経費と認めていない。所得税法56条の規定として定められている。

例えば、自営業者の夫が、妻に対して勤務実態に見合わない高額な給与を支払い、それを人件費などの経費に計上すれば、夫は所得税の課税対象となる事業収入(所得)の一部を減らすことができ、税金が少なくてすむ。こうした課税逃れを防ぐために設けられている。

編集後記
この1冊で数百万円のトク
住宅ローンで最大600万円が戻る!耐震、省エネやバリアフリーへのリフォームでも最大300万円が戻ってくる!さらに自宅の買い替えで3000万円の特別控除…見逃せない特例や特別控除はまだまだある!払いすぎの税金は、誰も教えてはくれない!共働きやダブルワークの所得税の節税方法や自営業の経費対策、投資や相続、会社経営など気になる分野、すべて見開きで図解入り。サクサクわかる節税本の決定版です

節税はこうしてやりなさい新版

ちょっと興味があったので購入してみました。幅広く書かれていますが、見たい項目だけ見るみたいな使い方ができて便利でした。

ルネサスが早期退職優遇制度を実施、1200名の応募を想定

東証1部上場の半導体メーカー「ルネサスエレクトロニクス」は、合併に伴う経営合理化策の一環として早期退職優遇制度の実施を明らかにしました。

対象となるのは同社グループに属する勤続5年以上かつ満40歳以上の社員で、退職日は2011年3月末日の予定。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針。

今施策においては募集人員の上限を定めず広く応募を募るものの、1200名程度の応募者を想定し連結業績に織り込んでいるとのこと。

編集後記
世の中は驚くほど
シンプルに出来ている。

 斎藤一人著『ツイてる!』43頁

本当にシンプルなのかも知れませんね。良い言葉を出せば良いことが起きる。良い行動をすれば人から感謝される。

反対に人から褒められると嬉しくなる、人からありがとうと言われると嬉しくなる。人から怒られるとイヤになってくる。

本当にある意味ではシンプルなのでしょうね。そのシンプルさを充分に理解して多くの人に喜んでもらえるようにするのが人生を歩んでいく最善の方法なのでしょうね。

しかし、実際の私の行動や言葉を思い返してみますと、多くの人に嫌われるような行動や言葉をしていたのではないかと反省しています。

冷静なときは大きな問題は起きないのですが、私はすぐに怒るタイプなので何か不満や不平があると顔に出てしまうのです。悪い癖だと思って一生懸命に直そうとしていますが、なかなか直りません。

お金を稼ぐために斎藤一人さんの本を読んでいるのですが、実際にはなかなか収入に結びついてきません。何とか今の自分を大きくしてもっともっと多くの人に喜んでもらえるようなことをたくさん行いたいと思っている自分です。

来年1月末の解散を正式決定=中部大阪商取

石油と金の先物を上場している中部大阪商品取引所(名古屋市)は27日、理事会を開き、2011年1月末での解散を正式に決めた。1月31日に解散総会を開催する。取引量の回復にめどが立たないため、5月に解散の方針を固めていた。
 
同商取は、07年1月に中部と大阪の両商品取引所が合併、発足した。取引が低迷する中、09年10月に金先物取引をスタートさせたものの、目立った出来高拡大に結び付かず、存続を断念した。
 
全上場商品は年内に取引を終了する。ただ、石油先物は、東京工業品取引所が中部大阪の取引ルールを引き継ぐ形で「中京石油市場」を開設済み。
 
中部大阪の解散で、国内の商品取引所は東京工業品、東京穀物、関西の三つになる。

編集後記
「言葉の力があなたを幸せに導く」。これは誇張ではありません。脳と身体のメカニズムからすれば当然の理屈なのです。古来から使われている「言霊」という言葉以上の確信と裏づけが本書に書かれています。成功者といわれる人は必ずいい口ぐせを持っています。毎日繰り返し使う言葉こそ大切。これを見直して幸運を引き寄せる成功体質に変える方法が口ぐせ理論なのです。

人は口ぐせで成功する

何回も読み返しています。読んでいるとほんとにそうかも・・・。と思ってきます。思い込みが激しいため、いいほうにはたらけばもうけもんです。うがった読み方をせず、素直に受け取れば、ほんとに成功しちゃうんじゃないかした、と思わせちゃうところからしてこの作者は成功してる気がします。ちなみに、いくら食べても太らないー、を口癖に食べまくってますが、太った様子はないです。読むサプリメントみたいです。

福岡のスーパー「丸和」のADR手続が成立、60億円の債務株式化

福証上場のスーパーマーケット経営「丸和」は、6月30日付で申請していた事業再生ADR手続が10月22日付で成立したことを明らかにしました。

有利子負債約250億円の内、金融支援の柱となるのは60億円のDES(債務の株式化)で、残る約190億円に関しても返済猶予および金利減免の措置を受ける見通し。

消費不況により経営が悪化した同社は、2011年5月をめどに親会社「ユアーズ」との合併を実施する予定で、今後は管理コスト削減などの合理化策により経営再建を目指すことになります。

編集後記
成功と言うのは実は「前払い」なんです。
最初に人に得をさせるんです。

 斎藤一人著『ツイてる!』151頁

私を含めてほとんどの人は自分が得をする、儲かることを考えますよね。ところがなかなか得をしませんし、儲かることもほとんどないのではないでしょうか。

斎藤一人さんの名言のように「前払い」ということを考えてみませんか。別に特別な努力や修行が必要なわけではなく、お金が必要なわけでもありません。

あなたの気持ちを少しだけ変えるだけでいいのです。すでに「得をした」とか「儲かった」と思って人と接するのですね。このときにお金を使う必要はありませんよ。気持ちを変えて「得をした」や「儲かった」と思っているだけですから、まだ現実にはお金が1円も入っていないので、お金を使うわけにはいきませんよね。

「得をした」や「儲かった」という気持ちで全てに対して接するのです。すると一番先に「感謝」がでてくるのではないでしょうか。

この「感謝」の気持ちがとても大切になってくるのです。あなたが仕事をするときに一番最初に「感謝」をしましょう。あなたの仕事が商品の販売であれば、商品を納品してくれた方に「こんなに儲かる商品を納品してくれてありがとう」と。次に商品そのものに向かって「売れる商品でありがとう」と。そして商品を購入してくれるかも知れないお客さんに「買ってくれてありがとう」と。

最後に儲かったお金に対して「私のところに来てくれてありがとう。大切に使うからね。」と順番にそして全てに感謝してみてください。

これは、あなたがやるかやらないかだけの問題です。

金融資産500万円持っていれば真ん中……できればいくらにしたい?

あなたは金融資産をどのくらい持っていたいですか? 2人以上の世帯がいる人に聞いたところ、平均値が1169万円、中央値※が500万円であることが、金融広報中央委員会の調査で分かった。また目標残高を聞いたところ、平均値は2032万円、中央値は1000万円。多くの人は「現在保有している金融資産を“倍”にしたい」と思っているようだ。

※中央値とは金融資産の保有額の少ない順(または多い順)に並べると、真ん中に位置する世帯の金額。

1年前と比べ、金融資産残高が「増えた」という人は19.4%。「増えた」という人に、その理由を聞いたところ「定例的な収入から貯蓄する割合を引き上げたから」(33.6%)と答えた人がトップ。次いで「定例的な収入が増加したから」(27.0%)と続いた。

逆に1年前と比べ、金融資産が「減った」という人は42.7%。「減った」という人に、その理由を聞いたところ「定例的な収入が減ったので金融資産を取り崩したから」(54.2%)と答えた人が最も多かった。以下「耐久消費財(クルマ、家電、家具など)購入費用の支出があったから」(29.1%)、「子どもの教育費用、結婚費用の支出があったから」(28.3%)という結果に。

経済的な豊かさと心の豊かさ
経済的な豊かさを実感している人はどのくらいいるのだろうか。この質問に対し、37.5%が「実感している(ある程度を含む)」と回答。また心の豊かさを「実感している(ある程度を含む)」という人は63.2%。

経済的な豊かさを実感するために大切なことを聞いたところ「ある程度の額の年収の実現」(64.8%)と答えた人が最も多く、次いで「ある程度の額の金融資産の保有」(49.9%)、「マイホームなどの実物資産の取得」(19.1%)だった。また心の豊かさについては「健康」(73.4%)、「経済的な豊かさ」(52.8%)、「家族のきずな」(48.6%)を挙げる人が目立った。

編集後記
始められない、続けられない、だらだらしてしまう。そんなあなたが「やれたらいいな」を実現するためのほんの小さな57の工夫。
本田さんの文章は、読みやすいですよね。また、見開きに一つの情報なので、それの構成もさらに読みやすくしているんですね。
どういうふうにしたら、行動に移すことができるかのヒントがあると思います。私は、そうだなーとうなずけるところがありました。

なまけもののあなたがうまくいく57の法則

価格競争過熱・「DVDレンタル業界」の「明日はどっちだ?」

ノーガードの殴り合いのような、果てしない値下げ合戦。…といっても、巷を賑わせている「牛丼戦争」の話ではない。「DVDレンタル市場」の話だ。

日経新聞10月21日企業2面コラム「市場分析」の記事。タイトルなどに「DVDレンタル市場縮小加速 CCC・ゲオ 価格競争過熱 映像配信普及も逆風に」などの文字がちりばめられている。業界シェア4割で首位のTSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、シェア2割で2位のゲオによる価格競争の影響で貸出枚数は増加するものの、減収減益の「利益なき繁忙」に陥っているようだ。発端は昨夏、ゲオショップが全店で旧作のレンタル料金を従来の半額、100円にするという値下げをしかけたことだ。CCCもゲオとの競合店が多い20道県で追随した。記事には「相手が値上げするまでやめない」とまでいう恐ろしい両社のコメントが掲載されている。

両者の昨年度決算報告(2010年3月)を見ると、CCCはグループ事業のうち、TSUTAYA事業を除いて全セグメントで増益を確保しているが、本業が重く足を引っ張っている。対するゲオは得意のローコストオペレーションが奏功してか、ゲオショップの属するメディア事業も増益は確保したが、売上高は減少し、今期も回復していない。

DVDレンタル業界はどこへ行くのか。今年9月には米国最大のチェーン、ブロック・バスターが経営破綻した。各メディアでの第一報は、「映画などのインターネット配信に代替された」と原因を伝えたが、上記の日経の記事は宅配レンタルと無人貸出機の影響を示唆し、米国での店舗での貸出率は4割に低下としている。

日本の状況も対比的に記事中に散見できる。09年の国内DVDレンタル市場は対前年比15%減であり、人口減とネットの無料配信(YouTubeやニコニコ動画などか?)などに流れたことが背景としている。しかし、日本では好立地や生活スタイルの違いから依然店舗が9割であるという。

成長戦略を考える「アンゾフのマトリックス」で考えれば、既存顧客を深掘りする「市場浸透」の施策の一つをTSUTAYAが行っていることを、10月22日の日経MJ3面「着眼着想」のコーナーで伝えている。

「DVDレンタル“発掘良品” 映画通100人、名作を掘り起こす」とタイトルにある。1970〜80年代の映画作品を中心に、廃盤などで姿を消した名作を、社内外の映画通が掘り起こして貸し出すサービスを始め、独自性を打ち出す取り組みをしている。

それが奏功し、「発掘良品」とされた作品は新作並みの貸出稼働率を上げるほか、従来以上にない中高年のリピート促進に貢献しているという。単価アップが望めない以上、在庫回転率を高めて収益を上げることが求められる。既存顧客にいかに新たな価値を提供して、利用頻度を高めてもらうか。「発掘良品」はその一つの解である。しかし、さらなる深掘りのために知恵を絞ることが必要だ。

編集後記
お客様の本当の「信頼」を勝ちとり、ステージアップにつなげる基本33。
あらゆる業界では顧客満足度調査が一般的になってきました。
しかし、満足度アンケート調査では、どうしても企業側からの調査になってしまいがち。
企業側に都合の良い情報が得られるとは限りません。そんな観点からこの書籍はお勧めできます。
右ページに解説、左ページに図解やイラストと分かりやすいのが良い。
「顧客満足」向上スキル理解度確認チェックシートがついていて、自分の理解度が分かります。
さらに、ネット書籍としてWEBサービスも利用できます。

顧客満足のすべてが面白いほどわかる本

アイフルが無人店舗30店の削減とテレビCM休止へ

事業再生ADR手続により経営再建中の消費者金融大手「アイフル」は、店舗削減などを含む経営体質強化策の実施を明らかにしました。

無人店舗を対象として現在の634店から2011年3月末までに30店舗を閉鎖するほか、広告宣伝費の削減を目的として11月1日より当面の間はテレビCMを休止する方針。

この店舗削減措置に伴い、2011年3月期において約1億円の特別損失が発生する見通し。なお、有人店舗は現状の28店舗を維持するとのこと。

貸金業法施行や過払金返還請求に加え「武富士」の経営破綻など業界の先行きが不安視される中、更なるコスト削減が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

編集後記
井戸を掘る場合、
そこに水脈がなければ水は出ませんが
人間や仕事に水脈がないものはありません。

 斎藤一人著『ツイてる!』103頁
 
井戸を掘るときに地面の下に水脈がなければ水が出ないということは多くの人が知っていることですよね。砂漠で井戸をいくら掘っても水は出てこないでしょうね。ひょっとすると石油が出てくるかも知れませんがね。

ところが、斎藤一人さんは「人間や仕事に水脈のないものはない」と断言しているのですよね。今まで人間関係や仕事を長い間やってきて、水脈がすべてにあると考えたことは一度もありませんでしたね。

縁のない人だったとか、私には無理な仕儀であったとか、自分勝手に判断をして水脈を断ち切っていたというのか、少しは掘ってみたが水が出なかったのですぐに諦めてしまったのではないかと反省しています。

いくら水脈がある場所であっても、数cm掘っただけでは水は出てきませんよね。やはり、数メートル以上掘らなければ水は出てこないのですよね。

それを、人間関係や仕事では本当に数cmだけ掘って、効果がないとか利益につながらないと思い込んで諦めていた自分がいました。

でも斎藤一人さんの名言に触れているうちに、自分が成功すると信じて歩み出したものについては、諦めることなく、数十メートル以上掘らなければ水が出ない場合であってもとにかく掘り続けることにしました。

今、私は新しいビジネスに取り組んでいますが、なかなか良い結果が出ていません。幸いに斎藤一人さんの言葉に従って、経費をかけずにやっているので、損失は全くありませんが、やはりつらい部分はあります。でも頑張って笑顔で継続いや重続しますね。

仙台市公社「塩漬け土地」存廃検討も 簿価6年連続で減少

仙台市の外郭団体「市土地開発公社」が市の将来の事業のために先行取得したものの、5年以上利用されていない「塩漬け土地」の簿価が2009年度末現在、前年同期比28億5680万円(15.4%)減の156億5941万円となり、6年連続で減少したことが市の集計で分かった。
 
残る塩漬け土地で最も規模が大きいのは、太白区あすと長町に新築移転する市立病院の建設予定地(約4万7800平方メートル、約81億円)。市は全体の5割を占めるこの土地を13年度にも買い取る方針を固めるなど用地の整理が着実に進む見通しで、公社の存廃をめぐる検討が本格化しそうだ。
 
塩漬け土地は09年度末で11カ所。総面積は約10万8800平方メートルで、前年同期より11.5%減った。
 
市は09年度、宮城野区の仙台駅東第二土地区画整理事業地(約23億円)、太白区の富沢駅周辺土地区画整理事業地(約4億円)を買い取った。
 
本年度は太白区の郡山遺跡整備事業用地をはじめ約3600平方メートル(約4億円)を取得したほか、年度内に約5000平方メートル(約3億円)を買い取る予定。若林区の荒井小用地約1万9700平方メートル(約28億円)の取得時期は決まっていない。
 
公社は市の各種基金から低利で借入金を調達するなど金利の圧縮に努めているが、塩漬け土地の金利や諸経費は09年度末、約18億2000万円に上っている。
 
全国の自治体では、意義や役割の希薄化などを理由に土地開発公社を廃止する動きが出ている。奥山恵美子市長は12日の定例記者会見で「残余の土地すべてを引き取るまでは進んでいない。当面は事業規模に見合った効率的な公社の体制を構築しつつ、もう少し時間をかけて今後の動向を見極めたい」と述べている。

編集後記
膨大な債務を抱え破綻する第三セクターが続出している。東京都や大阪市の臨海開発関連の会社などがその代表格である。また、2006年に表面化した北海道夕張市の財政破綻には観光開発を担う第三セクターの赤字も関係している。

平成の市町村合併は、ある一面では市町村行政の総点検というべき作業でもあったが、第三セクターの点検・処理については「先送り」されることが多かった。結局、その進路を根本的に問うことにはならなかった。市町村合併は特例法に定める期限があったことから、市町村合併の成就を何よりも優先させた結果、他の自治体の事務にくちばしを挟むのを遠慮した傾向もある。

公共施設の管理委託を受けている第三セクターも多いが、指定管理者制度の導入においても、住民にとってのサービスの向上、低コスト化といった本質よりも、当面の処理として既存の委託先として第三セクターを選定した自治体も多い。その意味では、まだまだ行政改革のメスは入っていない。しかしながら、地方財政の逼迫度は増しつつあり、行政改革の一つとして第三セクターについてもそのあり方から含めた検討が求められている。

第三セクターが民間から融資を受ける際に地方公共団体が損失補償をしている場合が多々あり、破綻後債務を地方公共団体が引き受ける場合がある。

第三セクター改革と自治体財政再建


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。