コメ生産目標、初の800万トン割れ=消費低迷で2年連続削減―11年産

農林水産省は29日、コメの供給過剰を防ぐ生産数量目標について、2011年産米は今年産米(813万トン)に比べ2.2%減の795万トンにする方針を決めた。生産数量目標の800万トン割れは、現行の目標設定を始めた04年産米以来、初めて。コメの消費低迷などを踏まえ、2年連続で削減する。都道府県別の目標数量も近く公表する。
 
同省は、コメの需要見通しについて、今年7月から1年間を811万トンと推定。コメの消費量は下落傾向にあるため、11年産米の前提となる来年7月から1年間の需要は802万トンと想定した。ただ、近年需要実績が見通しより下触れすることが目立つため、生産数量目標は7万トン低く設定した。

編集後記
今の就活ってネット使いまくりだし、『エントリーシート』とか『インターンシップ』とか、何が何だかわかりません。
この本はいわゆるHow to本とは違い「どうするべきだ」の答は書いてないのですが、大学生活を無意味なものにしないために親はどうすべきか?を考えるきっかけになる気がします。
お受験が終わったら、親子で読むべき本です。

就活のバカヤロー

就職活動(通称「就活」)をテーマに、企業の人事や大学の教職員、就活中の大学生らに徹底取材したあと、腹の底から出てきたのがこのひと言だ。「私は納豆のようにねばり強い人間です」と、決まり文句を連呼する“納豆学生”、「企業は教育の邪魔をするな」と叫ぶわりに、就職実績をやたらと気にする“崖っぷち大学”、営業のことを「コンサルティング営業」と言い換えてまで人材を獲得しようとする“ブラック企業”―「企業と社会の未来をつくる行為」「学生個々人が未来に向けて大きな一歩を踏み出す行為」であったはずの就職活動は、いまや騙し合い、憎しみ合いの様相を呈し、嫌悪感と倦怠感が渦巻く茶番劇に成り下がった。さて、いったい誰が悪いのか。

 

1カ月当たりのペットの食費、犬は4843円、猫は4277円

日々の生活に安らぎを与えてくれるペット。その代わりにある程度の飼育費も必要となるが、どのくらいの食費がかかっているのだろうか。

ソニー損保の調査によると、犬か猫を飼っている人に「1匹にかかる1カ月当たりの食費」を尋ねたところ、犬の平均金額は4843円、猫の平均金額は4277円だった。

犬は「2500〜5000円」(29.6%)、猫は「2500円未満」(36.4%)が多数派だったが、「1万円以上」かけている割合も犬は14.0%、猫は11.0%いるようだ。

猫の飼い主は「ペットの好きな味」を選ぶ割合が高い
普段与えている食事では、犬、猫ともに、市販のペットフードを与えている人が9割を超えていた(犬95.0%、猫96.8%)。しかし、手作りのペットフードを与えている人(犬10.8%、猫5.8%)や飼い主と同じ食べ物を与えている人(犬12.6%、猫5.6%)も、犬ではそれぞれ10%を超えており、食事に手間をかけている飼い主が少なくないことがうかがえる。

「ペットフードを選ぶ基準」を聞くと、犬では「価格」(58.9%)「栄養成分」(58.9%)「ペットの好きな味」(36.8%)、猫では「ペットの好きな味」(59.1%)「価格」(58.5%)「栄養成分」(50.2%)が上位だった。

猫の飼い主は犬の飼い主より「ペットの好きな味」を選んでいる割合が高いようだが、特に10歳以上の猫を飼っている人では62.4%と高くなっていた。

編集後記
ネパールの子供たちに本を寄付し続けるために、マイクロソフトのエグゼクティブのみならず、恋人とも分かれてしまう。人生をリセットする過程が涙をそそる。
社会起業家を目指す人を心から勇気づけるだろう。読了後は自分の生き方を反省し、何か行動を起こさずにはいられない衝動に駆られる。金融資本主義で金まみれの現代にあって、彼のような生き方は、これからの社会に示唆を与えるのではないか。子供にも読ませたいような本である。

マイクロソフトでは出会えなかった天職

「わたしが欲しいのは、高価なパソコンよりも1冊の本」??その一言が、ひとつのNPOを生んだ。著者ジョン・ウッドは、趣味のトレッキングの途中で偶然ある学校を訪れ劣悪な教育環境と子供たちの学習意欲に驚き、帰国したら本を贈りましょうと約束する。「そう言って帰る旅行者はたくさんいたけれど、音沙汰なし。あなたは本当に約束を守ってくれますか?」教師にそう聞かれ、ウッドは帰国後すぐに行動を起こす。

ついに実現、野球盤で外野ホームランの快感

【開発ヒストリー】
野球の醍醐味(だいごみ)を卓上に再現したエポック社の「野球盤」は昭和33年の発売以来、幅広い世代に愛され続けてきた。毎年、クリスマス商戦に合わせて発表される新商品が話題を呼んでいるが、今月6日に発売された「野球盤スラッガー」への注目度は、例年以上に高い。ゴロしか打てなかった卓上ゲームの“常識”を覆し、現実さながらに打者が外野スタンドにホームランを打ち込むという夢を実現したからだ。

高反発バットの威力
「本当にホームランを打てるようになったらどれほど面白いだろう」。だれもが思い描いた野球盤の商品力アップの突破口を開いたのは、軟式野球用の高反発バット、いわゆる「飛ぶバット」だった。

高反発バットはスポーツ用品メーカー、ミズノが開発。平成14年から販売されている。素材がゴムで、中が中空の軟式ボールはバットに当たったさい、形が変わり、飛距離が短くなってしまう欠点がある。金属バットに柔らかいウレタン素材を巻き付けることで変形を抑制し、反発力を高めたのが高反発バットだ。

「(高反発バットのように)金属以外の素材と組み合わせれば打球が浮くのではないか」

ゲーム・トイ事業部企画開発室の古田望さんら開発チームが動き出したのは、ちょうど1年前だ。

当初、野球盤のバットにゴム素材を巻き付けたものの、金属製の小さなバットに異なる素材を組み合わせることは難しい。高反発の打球は打てても、球を浮き上がらせるのはさらに困難だった。

バット開発のため、堅さや厚さを細かく変えたゴム部品と、接着部分の表面角度を微細に変えた金属部品の試作品を幾通りも用意した。「ホームランを打っても場外ばかりだったり、本数が多すぎてもいけない。1ゲームで2、3本スタンドに入るバットがいい」

古田さんは、野球盤ファンの期待を裏切らないリアリティーを求めた。

開発チームのメンバーを投手役に古田さんは毎日、試し打ちを続けた。メンバーの負担を減らそうと、30球連続で投げられる“自動投球装置”も作った。まるでバッティングマシンの打撃練習のようだが、指を痛めながらの試打は10万球以上に達した。

投手偏重から打者重視
過去の野球盤の機能強化について、古田さんには「投手に偏っていた」との反省があった。販売開始50周年にあたる平成20年、打者の手元で投手の球が浮く新しい魔球機能が「野球盤エース」に搭載されたが、「次は打者に焦点をあてたい」との思いが「ホームランの打てる野球盤」へのこだわりともなった。

試作品が完成する直前の今年7月、東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた「東京おもちゃショー」でエポック社は、野球盤スラッガーを紹介することにした。未完成とはいえ、関係者に与える衝撃は大きいためだ。

【開発ヒストリー】
打球が浮き上がる瞬間の映像を展示ブースで流すことを計画したが、なかなかホームランが出なかった。1日かけた撮影で打った球は約800球。試作品は8月に完成したものの、開発チームに不安が残った。9月の量産化入り前、中国の工場で現地スタッフと最終調整を続け、10月の販売時期を延期するなど用意周到に準備を重ねた。

そうした努力が奏功したのか、発売後の売れ行きは順調だ。卸業者から「必ず成功する」と太鼓判を押され、早くも20万台の目標販売台数が視野に入る。

世代を超えて野球盤が受け入れられる理由について事業部マネージャーの武藤明さんは「親子や友達と顔を付き合わせてできるアナログの良さがあるためではないか」と解説する。

ストレートを待っていたのに、カーブが来る。変化球だと思ったら、ど真ん中のストレートだった…。

心の読み合いや駆け引きは、ネットやテレビゲームでは味わえない。「次の野球盤」を追い求めるエポック社の開発は今も続く。

【エポック社の「野球盤スラッガー」】打球が宙を飛び、外野スタンドに入るホームランを可能にした新しい野球盤。投球もホームベース前のグラウンド部分がせり上がり、球が浮く「ライジングボール」を実現した。3次元(3D)のリアルさを追及するなど、テレビゲームに対抗できる玩具として期待が集まっている。価格は8379円。

編集後記
ナンバー1風水師が教える
風水は古代中国で発祥し、「兵法」として発展した学問である。同じようにビジネスを展開し、同じような能力を持つ人でも、成功している人とそうではない人がいる。デスク回りの整理法、上司とのデスクの位置関係、良い名刺悪い名刺、体に溜まった「厄」の落とし方、色のパワー等、環境学である風水の法則に則って、良い運を吸収するための方法を指南する。

運のいい人の仕事の習慣 

すぐにできることからいろいろと紹介されていて実践しやすいと思いました。

結婚式費用、全国平均325.7万円 低予算結婚式「フォトウエディング」も人気

リクルートの結婚情報誌「ゼクシィ」が、10月22日に発表した調査結果によると、挙式、披露宴・披露パーティーにかける費用の総額は、全国平均で325.7万円で、昨年調査より5万円減少したものの、一昨年を8.3万円上回り、高い水準で推移していることが明らかになった。

また、披露宴・披露パーティーの招待客数の平均は72.7人で、昨年調査より1.1人減少した。しかし、招待客1人当たりの費用は5.3万円で、昨年調査より0.2万円増加している。5年前との比較では0.8万円の増加で、年を追うごとに内容が充実していることが分かる。

挙式や披露宴・披露パーティーを開く理由を尋ねたところ、親・親族・友人に「感謝の気持ちを伝えたい」「喜んでほしい」という動機が多かった。こうした「参加者におもてなしをする気持ち」が、不況下であるにもかかわらず、招待客一人当たりの費用を押し上げる要因になっているのかもしれない。

一方で、挙式や披露宴に予算を掛けたくない、掛けられないというカップルも増えている。角川マーケティング「結婚白書 2009-2010」によると、未婚者の間では、挙式・披露宴の予算を100万円未満で済ませたいとの声が圧倒的で、前年と比べても増加傾向にあるという。

結婚式を低予算で済ませたいというカップルは、身内だけの食事会や2人だけのディナー、婚礼衣裳での写真撮影を行うなど、それぞれの価値観に応じて、2人の時間を過ごす人が多いとみられる。

そんな中、婚礼衣裳での写真撮影を中心とした「フォトウェディング」や「フォトブライダル」と呼ばれるサービスが人気となっている。新郎新婦の衣裳レンタル、ヘアセット、メイク、着付け、写真撮影、チャペルでの結婚式などを含んだプランで、10万円〜20万円程度が多く、これに身内での食事会などが付くと、30万円〜50万円程度になるようだ。結婚式や披露宴に予算を掛けたくないという人たちも、低予算で結婚式を挙げることができる。

若者の結婚観が大きく変わる中、低予算の結婚式が新たなスタイルとして定着する日は近いかもしれない。

編集後記
アイデアの出し方から、そのアイデアを商品化・事業化するまでのプロセスをフォロー。アイデア出しのTipsも多数紹介。

ヒット商品を生み出すネタ出し練習帳

高所得者増税ずらり、政府税調…民主内に反発も

政府税制調査会の2011年度税制改正に向けた議論で、高所得者を対象とした個人向けの増税メニューの検討が本格化してきた。

政府税調は財政再建のため、収入の多い人への課税を強めて税収を増やしたい意向だ。ただ、菅政権の支持率低下に加え、来春の統一地方選を控え、民主党内には増税に抵抗する声も多い。12月に決める政府税制改正大綱にどこまで盛り込めるかは不透明だ。

政府税調が高所得層への課税を強めるのは、収入の多い人からより多くの税金を集め、政府の歳出などを通じて収入の少ない人に再分配する効果を高める狙いがある。

大きな焦点となっているのが、子ども手当を増額する際の財源として検討している「配偶者控除」への所得制限の導入だ。配偶者控除は、配偶者の所得が38万円以下(給与所得で年収103万円以下)の場合に納税者本人の課税所得額から38万円を差し引く仕組みだ。政府税調は、年間所得が1000万円(給与所得で年収1231万円)を超える納税者を控除の対象から外す案を軸に検討している。

政府・民主党は11年度からの子ども手当について、3歳未満の子どもを持つ世帯に限り、月額1万3000円から2万円に引き上げる方針で、約2500億円の新たな財源が必要になる。この財源不足額を圧縮するため、配偶者控除への所得制限案が浮上したが、民主党内には「専業主婦世帯の狙い撃ちになりかねない」などと反発する声が上がっている。財源が確保できなければ子ども手当の増額に異論が出る可能性もあり、今後の調整は難航しそうだ。

政府税調はこのほか、給与収入に応じて増えるサラリーマンの「給与所得控除」を、年収1000万〜2000万円で上限額に達するよう改める方針だ。23〜69歳の扶養親族がいる納税者を対象とした「成年扶養控除」についても、所得制限を設ける方向で検討している。

大和総研の試算によると、〈1〉配偶者控除の適用対象を年間所得1000万円未満にする〈2〉給与所得控除は年収2000万円で頭打ちにする――とした場合、夫婦(サラリーマンの夫と専業主婦)と子供1人(3歳以上中学生以下)の世帯では、月1万3000円の子ども手当が支給されても年収1500万円で年16万800円、年収2500万円で33万9000円の負担増になるという。

ただ、増税メニューには野党が反発するのは必至で、民主党内でも懸念する声が多い。「今の民主党政権には、昨年末に税制改正を方向づけた小沢一郎元代表のような存在がおらず、大胆な決断をする力がない」(経済官庁幹部)との見方もあり、実現するのかどうかは見通せない状況だ。

編集後記
税金って、一体なんなの?  生活のなかで一番身近でありながら、理解できない税金を魔女と仙人とひよこが道案内。みんなの税金学講座。
税金を知って、お金のムダをなくそう。消費税、所得税…。誰も教えてくれなかった税金の仕組みがまるわかり。

「目隠しはずし」の税金講座

配偶者控除廃止「慎重な判断を」 民主党プロジェクトチーム

民主党税制改正プロジェクトチーム(PT)は26日、平成23年度税制改正に関する提言案を発表した。高額所得者の配偶者控除廃止については「子供のいない世帯に見合いの給付がない」として、「慎重な判断」を求めた。

一方、法人税率引き下げについては「メリハリのついた税制も必要」として、実質減税を要求。政府税調が減税に伴う代替財源として、ナフサ(粗製ガソリン)免税の課税化など、政策減税の見直しを検討していることに対し「見合い財源に固執するあまり、経済成長を阻害しないように留意すべきだ」として、見直しへの反対姿勢を明確にした。

編集後記
面倒くさがり屋でも税金を8割安くする確定申告の裏ワザ 元国税調査官が明かす超カンタン節税術

面倒くさがり屋でも税金を8割安くする確定申告の裏ワザ

「ガソリンスタンド過疎」…廃業・撤退相次ぎ

経済産業省が、過当競争や需要の低迷などで廃業や撤退が相次ぐガソリンスタンドの支援に乗り出すことが24日、分かった。

30日に業界団体や自治体の代表者らによる研究会を設立して支援策を検討する。

全国のスタンド数は、ピークだった1994年には約6万件だった。だが、毎年1000〜2000件程度減り続け、現在は約4万件になっている。

相次ぐ廃業・撤退の結果、ガソリンのほか、暖房に使う灯油などの入手までも難しくなる「ガソリンスタンド過疎地域」が増えている。経産省によると、スタンドが3か所以下になった自治体は2008年時点で222市町村と、全市町村の13%に達している。

廃業・撤退が相次ぐのは、セルフ方式のスタンドの登場などで周辺との価格競争が激化して利幅が圧縮されたことや、家族経営の小規模スタンドで経営者の高齢化が進んだためなどとされる。

編集後記
「違う」
と言ってはいけない。

 斎藤一人著『変な人の書いたツイてる話』7頁

話をしていて、あるいは話を聞いていて「違う」とは絶対に言ってはいけないのですね。必ず相手の話を肯定し、聞いてあげることが重要なんですね。

「違う」と言って相手の話に間違いを指摘しても良い結果が得られることはほとんどないのでしょうね。たとえ配偶者の話であったにしても、必ず肯定して一度は聞いてあげる。

もしも、配偶者の話が間違っていた場合であれば、「このように別の考え方もあるよ」と断りをいれてから、話をすると配偶者が素直に聞いてくれるのではないでしょうかね。

夫婦喧嘩を私はよくしましたが、ほとんどが理由らしい理由がないままに夫婦喧嘩をしていたように思いますね。相手の話を斎藤一人さんが言うように「違う」ということを言わなかった場合には、半分以上の夫婦喧嘩はしなくて済んだのではないかと反省しています。

必ず相手の話は「違う」といわずに肯定しておいてから、適当な枕言葉を考えてから自分の意見を言えば角が立たずに会話が成り立つのではないでしょか。

夕張市石炭博物館:「存続を前提に」と市長に報告書−−検討委 /北海道

老朽化が目立つ夕張市石炭博物館の今後のあり方について検討してきた「石炭博物館のあり方検討委員会」(委員長、河西邦人・札幌学院大教授)は24日、「存続を前提に、市民に開かれた博物館として運営すべきだ」とする報告書をまとめ、藤倉肇市長に提出した。
 
報告書では同博物館について「地域文化を伝える性格を持つ」と評価。「後世に引き継ぐため、国や道の助成制度の活用も視野に入れて修繕を検討すべきだ」とした。

編集後記
平成の大合併、地方分権改革の荒波の中でもがく地方自治体―。夕張破綻の構造を明らかにし、地域再生に必要な発想を提言。

地方崩壊再生の道はあるか

夕張市の崩壊など、これからの地方独立に関する日本経済新聞社による一冊☆
地方行政など興味の無い方にも(ニュース程度しか情報を聞かない方)是非読んで欲しい本です。
夕張市がどのように破綻していったのか…。
あれだけの金額の倒産って誰がお金をかしたのでしょうか?
銀行は潰れてない。
どうして?
行政に詳しい方には、どうかと思いますが、ちょっと行政に興味のあるかたは読んでみて下さい!



太陽物産の10年9月期は27.7億円の赤字へ、大豆油糧関連損で

ジャスダック上場の貿易商社「太陽物産」は、2010年9月期通期個別業績予想を下方修正し、純損益が27億7400万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

主要取引先だった「大豆油糧」の民事再生法申請に伴い、同社向け食品用大豆の在庫保管料9900万円が発生し、一部在庫においては飼料用・搾油用としての転売を余儀なくされたため、商品評価損として5億9900万円の特別損失を計上。

また、本社移転に伴う原状回復費用や貸倒引当金繰入、社有地の売却益計上が次期にずれ込むことなどから、純損益では前回発表より約13億円の赤字拡大を予想しています。

編集後記
人間は
教えたり
教えられたりすれば
本当に何でもできるんです。

だから苦しいときは
人に聞いてください。

 斎藤一人著『変な人の書いたツイてる話』101頁

自分のことを考えてみると、すべてを自分で考えて良いアイデアを出して行動しているものよりも、人のやっていることや人が考えていることを参考にして、自分なりにアレンジして行動しているものが圧倒的に多いことに改めて気付きました。

いまの生活においても斎藤一人さんの考え方を中心にして、多くの人から学んだことを参考にして実践しながら、少しづつ修正を加えて行動しているのです。

自分では本当に苦しいことはなかなか人に言ったすることが出来ない部分がたくさんあることに気付きましたね。たとえば本当にお金がなくなったときには、プライドがあったりしてなかなか口に出すことができない場合が非常に多いような自分だと思っています。

今後は、本当に苦しいときこそ多くの人に聞いてもらい、教えてもらう努力をしたいと決めました。さらに、自分に何かの相談があった時には出来るだけ相手の立場に立って解決策が見つかるように協力してあげたいものです。

「苦しいときは、人に聞きましょう。」

簡単な言葉ですが、実際に行動するのは難しい部分がありますよね。でも、自分の殻を打ち破って一歩でも前に進むようになりたいものです。

就活、弁当男子向けも=新年福袋を公開―三越・高島屋

三越と高島屋は19日、来年の初売りで販売する福袋をそれぞれ公開した。高価な数量限定品のほか、就職難を背景に就職活動支援セミナー付きのリクルートスーツなど世相を反映した福袋が充実している。
 
日本橋三越本店(東京都中央区)の目玉はNHK大河ドラマで人気を呼んだ坂本竜馬の純金像(高さ21センチ、重さ200グラム)。価格は280万円で、1点限定での販売。銀座店(同)では、職場に弁当を持参する「弁当男子」向けに料理教室の体験チケットが付いた調理用具セット(2万1000円)を売り出す。
 
日本橋高島屋(同)は、リクルートスーツに証明写真撮影や就活セミナーを付け、学生の就活を応援する福袋(男性用5万円、女性用3万円)を用意した。

編集後記
天との約束ごと。
これが「天命」です。

 斎藤一人著『変な人の書いたツイてる話』25頁 

私が今の両親から生まれてきたのも天命です。私が通った小・中・高校についても天命だったのでしょうね。

小・中・高校で交わった先生や同級生あるいは先輩や後輩も同様に天命だったのです。今は私の愛妻になっている女性と出会って結婚したのも天命です。4人の子供に恵まれてそれぞれが健康に生活してくれていることも天命ですね。

このように考えてみますと、私には物凄い天命によって守られているような気がしてなりません。もしこれらの全てが「天との約束」であったとしたら、私は良い約束だけをしてきたのではないかと思えるのです。

でもまだまだ自分には能力があって、健康な身体もあって、活動するだけの時間もありますので、もっともっと天との約束が残っているような気がしています。

それは多くの人に喜んでもらえるようなことを積み重ねていくことでしょうね。今までの失敗を糧として、まずは近所の人に喜んでもらえるように、次には友人や知人に喜んでもらえるように、最後には全ての人に喜んでもらうことが出来るように活動します。

今日は新たな気持ちになってしまいました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。