ワーキングプア 日本を蝕む病

2007年度新語・流行語大賞のひとつに選ばれた「ネットカフェ難民」。「ネットカフェ難民」という言葉で最初に報道した日本テレビNNNドキュメントの水島宏明ディレクターが、報道の中では伝えきれない取材の“真実”や“裏側”、報道の“その後”をまとめた『ネットカフェ難民と貧困ニッポン』を上梓しました。

ニッポンの現実は、貧しい。

実際にワーキングプアに苦しむ人々の叫び、取り巻く環境の過酷さ、
社会保障制度等、国の政策の瑕疵といった天を、具体的な事例を挙げながら露にしていく。
2006年7月と12月の二回にわたって放送され、大反響を呼んだ「NHKスペシャル・ワーキングプア」。
本書は、番組の製作スタッフが長期間にわたって全国各地のワーキングプアの現状をつぶさに記録したものである。

「ワーキングプア」とは…
「働く貧困層」と解釈され、正社員並みに働いても、生活保護水準以下の収入しか得ることのできない就業者をさす。
現在、日本ではおよそ700万人もの人がこのワーキングプアに該当すると見られ、深刻な社会問題になりつつある

ワーキングプア 日本を蝕む病

マンガ喫茶を住処とする若者、衰退する地方都市、睡眠時間四時間のシングルマザー、死ぬまで働かざるをえない老人、貧しさを受け継ぐ子どもたち…。明日は我が身の“ワーキングプア”とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「貧困」の闇が広がる日本/2 ホームレス化する若者/3 崩壊寸前の地方/4 夢を奪われた女性/5 グローバル化の波にさらわれる中小企業/6 死ぬまで働かざるをえない老人/7 荒廃を背負う子ども/8 現実に向き合う時

ホームレスだった社長が伝えたい働く意味

なぜ僕たちは働くのか?“ほんとうの答え”がここにある。

ホームレスだった社長が伝えたい働く意味

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 いま、何のために働くのか(自分のルーツに「やりたいこと」のヒントはある/仕事中の真実)/第2章 「やりたいこと」を実現する方法(「仮決め」で自分の道を見つけられる/歩み出せば世界は変わる)/第3章 あなたの「本当の仕事」とは何か(「まねぶ」こと 続けること/仕事は正解がないから面白い)/第4章 お金に対するスタンスをしっかり持つ(お金の性質をつかむ/お金とのつき合い方を学ぶ)/第5章 仕事は「人と社会に役立つ」ための手段(世界と豊かな関係を結ぶ/自分の人生を生きるために)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
兼元謙任(カネモトカネトウ)
1966年生まれ。幼少期より病弱のため高校までは入退院を繰り返し、いじめを経験したこともあった。愛知県立芸術大学卒業後、株式会社GK京都などを経て1999年7月オーケーウェブ設立、2000年に株式会社オーケイウェブ(現オウケイウェイヴ)代表取締役に就任。会社設立前の2年間を東京の路上でホームレス生活を送る。株式会社オウケイウェイヴは2006年名古屋証券取引所セントレックスに上場(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

あるIT社長の独白 ホームレスからのリベンジ

あるIT社長の独白
子どものころからのいじめや病気など、八方ふさがりからやっと抜け出せたかと思えば、友人からは裏切られ、妻からは離縁状を突きつけられる…。そして挙句の果てにはホームレスに。そんな中でも人生を諦めなかったのは、「いつかきっとよくなる」という見知らぬおばあさんからの一言と、妻と子どもへの愛情、そして何よりも「人のためになることをしたい」という強い思いだった―。艱難辛苦の半生を生き抜いて、IT起業を成功させた社長自身が綴る、七転び八起き人生から学んだ、人間本来の夢と幸せ。

ホームレスからのリベンジ

okwave社長になるまでの経緯がかかれています。気分が落ち込んでるときに読んでみましたが、何事も前向きに考えようという気持ちになりました。値段も手ごろで読みやすかったです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 オウケイウェイヴとは/第2章 試練の始まり/第3章 栄光と挫折と/第4章 孤独な闘い/第5章 試行錯誤と葛藤/第6章 今だから伝えたいこと

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
兼元謙任(カネモトカネトウ)
1966年名古屋市生まれ。株式会社オウケイウェイヴ代表取締役。愛知県立芸術大学卒業後、デザイン会社などを経て一時期ホームレスとなるが、奮起して現在の会社を設立し、名証セントレックスに上場を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生

15人のサラリーマン転落人生
ギャンブル、バブル崩壊、一家離散、住宅ローン、退職…順風満帆だった人生が突然崩壊する!衝撃のノンフィクション。

今日、ホームレスになった 

15人のホームレスのインタビュー対談記。
いまの環境にいたったいきさつと現状の生活状況が、本人の語り口のような体で書かれています。
ホームレスになるとこうなる!っていうのが意図なんでしょうが、
逆にホームレスになっても、生活にも困らず、楽しげに生きている人もいるのを見るとホームレスもまんざらではないな、って感じます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 エリートビジネスマンの暗転(次長の誤算(52歳・元大手総合商社財務部次長)/外資系企業の光と影(49歳・元米国系投資銀行ファンドマネージャー) ほか)/第2章 漂流するホワイトカラー(年を取るのが悪いのか(56歳・元中堅住宅メーカー営業所長)/バブル世代は不用品(38歳・元都市銀行勤務) ほか)/第3章 社長失格(ビルオーナーの転落(49歳・元ビルオーナー兼飲食店経営者)/脱サラ・起業したけれど(53歳・元大手デパート外商部副部長・ブティック経営者) ほか)/第4章 明日なき若者たち(多重債務の逃亡者(31歳・元大手金属メーカー勤務)/高校中退だもの(32歳・アルバイター) ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
増田明利(マスダアキトシ)
昭和36年生まれ。昭和55年都立中野工業高校卒。ルポライターとして取材活動を続けながら、現在は不動産管理会社に勤務。平成15年よりホームレス支援者、NPO関係者との交流を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

提訴:医療専門学校の2教員、不当解雇で−−郡山 /福島

郡山市並木の「福島医療専門学校」で今年3月、一方的に解雇されたとして、教員2人が16日、同校を運営する学校法人「福寿会」(岸野雅方理事長)を相手取り、労働契約上の地位確認を求めて福島地裁郡山支部に提訴した。
 
訴えたのは、いずれも歯科医師で同校で専任教員をしていた男性(51)と女性(45)。
 訴状によると、男性は開校前の00年2月から、女性は02年4月から勤務。2人は02年度に1年間の雇用契約書を取り交わし、その後は書類は作成せず、毎年継続更新した。
 
08年度から、学校側は経営難を理由に月額制から年俸制に給与を変更して減額。さらに今年2月、契約期間を半年とし、1時限当たりで賃金を支払う非常勤講師の待遇での勤務を要求。2人は年間収入が半減するため拒否し、労働組合法に基づく団体交渉をした。しかし、学校側は「雇用期間が終了した」として、3月末で2人の契約を更新しないと一方的に通知し、事実上解雇した。
 
男性らによると、同校では国の承認なく授業時間を短縮したり、一部の幹部による学生への体罰や、着衣を脱ぐ実習室に監視カメラを付けるなどプライバシー侵害行為があり、2人は問題点についてたびたび意見したという。男性は「幹部にとって2人が煙たい存在だったために指名解雇されたと思う。学生のために教壇に復帰したい」と話している。
 
一方、同校の樅山(もみやま)哲男理事は「学生の減少によるリストラの一環で、不当解雇ではない。訴状は読んでいないが、争う方向で検討したい」としている。
 同校をめぐっては、08年に卒業生の男性が授業時間の短縮や無資格教員による授業料の返還などを求めて提訴しており、同支部で係争中。

活動期間1年以上の転職活動者が4割〜厳しい転職事情が明らかに

求人サイト「ジョブナス」を運営するPR TIMESが、現在転職活動中の20代〜40代の男女425名を対象に転職に関する意識調査を実施。転職活動者の4割が転職活動期間1年以上と、厳しい現実が透けて見える。

就職・転職に役立つインターネット企業ガイド

転職活動中の人に転職活動を開始したのはいつかと聞いたところ、「2008年以前」が27.4%、「2009年1月〜5月」が13.6%と、これらを合わせて41.0%が1年以上転職活動を行っていることがわかった。転職活動が長期化している傾向がうかがえる。

テレビや新聞などで景気持ち直しや求人広告件数の増加の報道が見受けられるが、転職希望者にそれを実感しているかどうか聞くと、「変化はない」が57.6%、「やや低くなったと感じる」が11.8%、「かなり低くなったと感じる」が19.1%と、約9割が企業の採用意欲が高まっているという実感が得られていないと回答している。逆に低くなったと実感する人が多いなど、厳しい状況がうかがえる。

「転職を考えた理由(転職の動機)は何か?」との質問では、男性の1位は「収入アップの為」で41.9%。以下、2位「キャリアアップの為」(28.2%)、3位「現職(前職)の仕事内容や評価に不満があるから」(27.5%)と続いており、キャリアに対する積極性や向上心がうかがえる結果に。一方、女性も1位は「収入アップの為」だが27.6%で、僅差で2位に「現職(前職)の環境が悪いから(サービス残業・福利厚生など)」(26.1%)、3位「現職(前職)の仕事内容や評価に不満があるから」(20.9%)と続いた。女性は男性に比べて、職場環境への不満から転職を考える傾向が強いようだ。

<丸栄>早期退職に120人が応募 目標には達せず 名古屋

百貨店の丸栄(名古屋市)は10日、業績不振による早期退職募集に対して、全社員約360人の約3割に当たる120人が応募したと発表した。7月31日付で退職する。同社は大幅なリストラによる経費削減を進めて収益改善を図る。

百貨店サバイバル


丸栄は消費低迷の影響を受けて、10年2月期連結決算の営業損失が1億円と9年ぶりの赤字に転落した。経費削減のため今月3〜9日、35歳以上の283人の社員を対象に早期退職を募集した。目標人数の150人には達しなかったことから、追加募集をするかどうか今後検討する。

丸栄は取引先などの協力を得て少ない社員で運営できるようにし、8月以降も通常の営業を続ける方針。しかし、業績回復には抜本的なてこ入れ策も求められそうだ。

派遣のリアル 300万人の悲鳴が聞こえる

ワンコールワーカー、偽装請負、データ装備費問題、ネットカフェ難民…「ハケン」から日本の未来が見えてくる。『ワーキングプア』の門倉貴史が鋭く問う!派遣労働者、大手派遣会社社員への取材ドキュメントも10本収録。

派遣のリアル 300万人の悲鳴が聞こえる

さすがに調査マンらしく、いつもひとつのテーマを統計を織り交ぜながら、わかりやすく解説してくれている。特に今回はインタビューという形式で「生の声」も取り入れ、より現実に迫る努力もしている。が、しかし、統計は本当に現実を映し出しているのだろうか?はたして身奇麗な勝ち組族のインタビューにどこまで本音を話すのだろうか?もっと、声なき声をあぶりだすような調査なくして本当の姿はとらえきれないだろう。中立的に問題提起するスタンスが少しもの足りなく、調査マンの限界を感じる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日給6000円で働く人たち(拡大する日本の人材派遣市場/派遣会社の形態あれこれ ほか)/第2章 10分で分かる派遣の歴史(1985年までは禁じ手だった日本の派遣ビジネス/1966年に米国の人材派遣会社が日本に上陸 ほか)/第3章 使い捨てられる女性派遣の現実(理想と現実のギャップが大きい派遣の世界/増加する女性の派遣社員 ほか)/第4章 ネットカフェ難民と団塊派遣(ホームレスが減少する傍らで増える「ネットカフェ難民」/「ネットカフェ難民」になりやすい「ワンコール・ワーカー」 ほか)/第5章 労働ビッグバンは派遣に何をもたらすのか?(「労働ビッグバン」は派遣社員を救えるのか?/骨抜きになった労働契約法案 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
門倉貴史(カドクラタカシ)
エコノミスト。1971年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。専攻はマクロ経済学。同大学卒業後、横浜銀行のシンクタンク浜銀総合研究所の研究員となる。社団法人日本経済研究センター、東南アジア経済研究所(シンガポール)への出向を経て、2002年に第一生命経済研究所に移籍、経済調査部主任エコノミストになる。2005年7月からは、BRICs経済研究所の代表に就任。専門は、日米経済、アジア経済、BRICs経済、地下経済と多岐にわたる。同志社大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】ワタシの生活微向上作戦

「飲み代を図書券で払ったことがある」「体が細く見える水着を買ってきたら、そのぶん足が太く見えた」「つきあっていた男の部屋のトイレットペーパーはイチゴ柄だった。その日に別れを告げた」―賢く、楽しく、たくましく、こんな時代を生き抜くOL委員会員一万人の知恵と現実。

ワタシの生活微向上作戦

【目次】(「BOOK」データベースより)
私のささやかな贅沢/中華まんを食べる!/風邪ひきさんがゆく/ただいま求職中/愛と闘いのラーメン/トイレットペーパーの嗜み/ゴミ出しの掟/傘なくしては暮らせない/ペットとの会話/鼻血が止まらない!〔ほか〕
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
清水ちなみ(シミズチナミ)
コラムニスト、OL委員会主宰。1963年生まれ。青山学院大学文学部卒。会社勤めの傍ら「OL委員会」を発足、丸の内のOLによる会社員のおじさん生態調査を続け、87年より「週刊文春」に「おじさん改造講座」を連載、好評を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

働きたい:2010春 「貧しくても職を」 /岡山

正社員歴なし、前途険しく
「期間社員も大工も、自分が積み重ねた経験は何も意味しないんだな」。倉敷市の無職男性(32)は4月中旬、面接を受けた会社の不採用通知を見て唇をかみしめた。理由欄にこうあった。「正社員の経験がないため」
 
高校卒業後、東京、大阪で声優を目指した。22歳で地元・倉敷に戻り、父親の勧めで家業の大工になった。収入は少なく、06年秋に三菱自動車水島製作所(倉敷市)の期間社員になった。だが昨年3月に雇い止めにあった。リーマンショック(08年)後の落ち込みは著しく「周囲も職を失った。いずれ正社員になりたかった」。
 
同5月から半年、県内の職業能力開発促進センターで電気工事技術を学んだ。今は非正規労働者向けに模擬面接などを開く「おかやまキャリアアップハローワーク(岡山非正規労働者就労支援センター)」で職を探す。
 
年明けから6社の面接を受けたが色よい返事はない。「面接官は『なんで声優を目指したの』と聞いた。選択肢を間違えたと責められたようでつらかった」と男性は振り返る。
 
県内の有効求人倍率は昨年8〜10月に0・54倍。63年1月に次ぐ過去2番目の低さだった。3月は0・62倍まで改善したが1・1倍を超えた08年以前の水準に遠く及ばない。苦境にあえぐのは、90年代以降の就職氷河期に社会に出た「ロストジェネレーション(失われた世代)」だ。
 
倉敷中央公共職業安定所の和田浩二業務部長は「正社員歴がないからと採用を断られる方は多い」と危機感を強める。4月に職業相談に来ていた別の男性(34)は「面接は落ちてばかり。自宅で落ち込まないよう無理やり、ハローワークに来ているようなもの」と語った。
 正社員歴のない冒頭の男性は6月に電気工事士の資格試験を受けるつもりだ。周囲の友人が結婚したという話を聞くたび、不安と焦りも募る。それでもこう言い切った。「投げやりだけはなっちゃいけない。貧しくてもいいから仕事がしたい」。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。