☆【失業】失業保険150%トコトン活用術最新版

大幅に改正された給付内容が大変分かりやすかったです。
また、「会社都合」による失業に対する世間の受け止められ方もかなり変わっている感じがしました。
しかし…給付日数と日額が随分厳しくなりましたね(汗

失業保険150%トコトン活用術最新版

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
給付金が50万円増える最強知識。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 すぐわかる「改正雇用保険法」のポイント/2章 いざというとき必ず役立つ「失業保険の基礎知識」/3章 失業保険の受給額を最大にする「会社の辞め方」/4章 1日も早く失業保険をもらうための「受給手続き」のコツ/5章 受給額が倍増する「失業保険の裏ワザ」10/6章 50万円はトクできる「公共職業訓練」受講術/7章 「失業保険の素朴な疑問」に答えるQ&A
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
日向咲嗣(ヒュウガサクジ)
1959年、愛媛県生まれ。大学卒業後、新聞社、編集プロダクションを経て、フリーランスライターに。サラリーマンの副業ノウハウ、合資会社を活用した独立開業ノウハウにつづき、失業・転職など職業生活全般をテーマにした執筆活動を展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】仕事は、かけ算。

成果=仕事の質X仕事の密度X仕事量。残業時間が多いのを自慢してはいけない。定時間内に成果をあげられるまで仕事の質と密度をあげよう。

仕事は、かけ算。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分を劇的に変える50のルール。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 かけ算発想をするだけで突然、成功のサイクルが回り出す―「結果を出す思考」編/第2章 人の半分の時間で、最大の成果を得るためのオキテと習慣―「タイムマネジメント」編/第3章 20倍速で仕事ができるようになる、自分のすごい変え方―「セルフプロデュース」編/第4章 人的ネットワークこそ、かけ算で無限大に広がる―「コミュニケーション」編/第5章 どんな言葉を口にするかで、自分の結果に天地の差がつく―「声に出したい言葉」編/第6章 誰よりも早く成長し続ける自己投資の法則―「インプット&アウトプット」編
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鮒谷周史(フナタニシュウジ)
大阪府出身。早稲田大学商学部卒。大手情報出版社での営業を経て、米大手通信会社ワールドコムの日本法人にて直販営業、代理店営業に携わる。2002年、同社アメリカ本社の粉飾決算発覚。アメリカ史上最大規模の経営破たんに巻き込まれて、同年12月に退職。その後、失業者となるも、会社の倒産をきっかけにして起業。独自の「かけ算思考」でビジネスを飛躍的に成長させ、失業3年で3社経営、会社員時代からの年収を約20倍に伸ばす。現在は、メールマガジン上の広告ビジネスを行うセカンドステージ、ネット専業広告代理店ルールズバスターズ、セミナー事業を行うビジネスライブの3社を経営。沖縄大学非常勤講師。テレビ、雑誌等からの取材多数。大手企業や公的機関での講演なども行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】君を幸せにする会社

目先の利益を追求するばかりで誰も幸せになれない私たちの社会の行き着く先を見据え“ビジネスや企業の新しいあり方”を提示する。
あなたも、本書の主人公「クマ太郎」になったつもりで読んでみてください。

「成功や利益を追いかけているけど、果たしてこれでいいのか」
「働けば働くほど何かを失うような気がする」??ひたすら利益追求を求められる現代社会。
しかし、このような疑問や矛盾を感じ閉塞感を抱いているビジネスパーソンに読んでいたただきたい1冊です。

君を幸せにする会社

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大学在学中に公認会計士試験に合格し、30万部ベストセラー『会計のことが面白いほどわかる本』を26歳で生み出した俊英・天野敦之の新境地!ベストセラー執筆後、証券会社の投資銀行業務を経て外資系コンサルティングファームで活躍する著者が、理想と現実の狭間で暗中模索の末に気づいた“働くことの本当の意味”を、寓話に託して表現する意欲作。目先の利益を追求するばかりで誰も幸せになれない私たちの社会の行き着く先を見据え“ビジネスや企業の新しいあり方”を提示する。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 苦悩/第2章 気づき/第3章 変化の胎動/第4章 本当に大切なこと/第5章 ビジネスにおける真理

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
天野敦之(アマノアツシ)
1975年生まれ。一橋大学商学部経営学科卒業。大学在学中に公認会計士第二次試験に合格。その後、同三次試験に合格し、公認会計士登録。大学卒業後、コンサルティングファーム勤務を経て、証券会社の投資銀行部門でM&Aや資金調達のアドバイザリー業務、グローバルマーケッツ部門で地域金融機関への提言業務に従事。その後、公認会計士天野敦之事務所を設立し、財務会計の視点から、人の幸せと企業の利益を両立させるためのアドバイスを提供。多くの企業の業績改善を実現している。現在は、コンサルティングファームに復帰し、従来の競争戦略・分析的アプローチを超えた、共生・全体的アプローチにもとづくコンサルティングのあり方を模索している。また、チベットサポート・チャリティセミナーの開催、歌手やヨーガ講師など異業種とのコラボレーションセミナーの開催など、公認会計士の枠を超えさまざまな分野で意欲的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】コピー用紙の裏は使うな!

足腰の強い経営体質は、すべてコスト対策にあった! あなたの会社ではなぜ、掛け声ばかりでちっともコストが減らないのか? コピー用紙の裏を使う、電気をこまめに消す、人員を減らす……巷にあふれる「コストカット法」は、じつは間違いだらけ。コスト削減にはだれも知らない隠れた“セオリー”があった。利益グングン、現場スッキリ、社員やる気が急上昇! 目からウロコの削減ノウハウの決定版解説書が、ここに登場。

コピー用紙の裏は使うな!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
経費節減、給与削減、はたまた、リストラ…ちょっと、待った!そのコストカット。巷に渦巻くのは、間違いだらけの「常識」。コスト削減には、知られていない“セオリー”があった。目からうろこのコスト削減術で現場は明るくスッキリ、利益も倍々アップ、社員の意欲もグングーン。
【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 そんなコスト削減なら、しない方がましだ!/第1章 “正しいコスト削減”ができると何が起きるか/第2章 これってやっていませんか?間違いだらけのコスト削減シンドローム/第3章 “敵は社内にあり”ウチの会社のコストが下がらない理由/第4章 組織は永遠にコスト削減し続けなければならない。コスト削減の真の目的/第5章 “正しい”コスト削減の五つのステップ/第6章 ザクザク減らせる!価値ある契約&交渉ナレッジ/第7章 すべての解は“現場”にある。これで「現場力」は爆発する/第8章 ヒントがいっぱい!コスト削減の成功事例集
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
村井哲之(ムライテツユキ)
コスト削減総合研究所代表取締役社長。環境プランナー。1957年、山口県生まれ。広島大学政治経済学部卒。リクルート、第二電電を経て現在に至る。多くの企業や組織において講師やコンサルタントを務める。発行200回を超えるメルマガ「コスト削減ニュース」は「まぐまぐ」で殿堂入り(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】「転職」の経済学

本書は、キャリア形成の実態と意識を問う大規模なアンケート調査等に基づき、離職者の特性や、離職後の京職活動と再就職の実態はいかなるものか、再就職の際に過去の実務経験がどう影響するのか、IT時代といわれる中でキャリア形成の内部化は崩れつつあるのか、転職者は転職後の仕事にどの程度満足しているのか。企業の人事政策は企業の新しさ古さと関係があるのかという問題を分析した。分析をとおして、新しい雇用システムの方向性、適職選択を促進するために労働者に求められるもの、労働組合、企業、政府の果たすべき役割が明らかにされる。

「転職」の経済学

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 離職と転職のプロセス(誰が企業を辞めるのか―離職性向と企業内におけるマッチング/離転職者の求職活動と再就職)/第2部 技能と賃金(仕事能力の高まりと賃金・役職の関係/転職時の技能評価―過去の実務経験と転職後の賃金/内部育成と中途採用のスパイラル的人材戦略)/第3部 満足度と外的要因(転職経験と満足度―転職ははたして満足をもたらすのか/企業規模と「歴史」からみた人材育成/ミスマッチ解消と適職選択の課題)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
猪木武徳(イノキタケノリ)
1945年滋賀県に生まれる。1968年京都大学経済学部卒業。1974年米国マサチューセッツ工科大学大学院卒業(Ph.D.)。現在、大阪大学大学院経済学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】女性の再就職

目的は収入?生きがい?難しい時代に必要な就職ノウハウを詰めました。

女性の再就職

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 自己実現ですか?収入ですか?/第2章 働くことが求められている/第3章 資格と技術を身につけたい/第4章 いよいよ実践!求職活動開始/第5章 採用される面接の決め手は?/第6章 大切なのは働き続けること/第7章 家族みんなの幸せのために!

☆【失業】がんばらないで成果を出す37の法則

結局ビジネス書って参考にはなるけど、なかなか行動が伴わないんですよね。耳年増にならないように行動あるのみだな。

がんばらないで成果を出す37の法則

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜあの人はいつも「デキル」と評価されるのか?大失業時代にリストラされないのは、資格や学歴がある人より、助けてもらえる人。『アライアンス仕事術』の著者が語る、東大でもハーバードでも教えない逆説的成功論。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 21世紀はアライアンスビジネスパーソンの時代/2章 誰でもできるアライアンス・コミュニケーション術/3章 誰も教えてくれなかったアライアンス人脈術/4章 ワンランク上のアライアンス人間関係術/5章 ワンランク上のアライアンス仕事術(実践編)/がんばらないで成果を出す37+1の法則/おススメ書評メルマガ&書評ブログ
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
平野敦士カール(ヒラノアツシカール)
株式会社ネットストラテジー代表取締役社長、ハーバードビジネススクール招待講師、沖縄大学大学院非常勤講師、CNETアルファブロガー。おサイフケータイのクレジット発案者(Mastermind)として世界的に著名であり、「ミスターおサイフケータイ」の異名もある。米国イリノイ州生まれ。幼少期をアメリカ、カナダで過ごし、いじめに遭う。公立小学校を経て、麻布中学・高校を卒業。東京大学経済学部卒業。日本興業銀行にて国際業務・投資銀行業務のマネジャー。1999年NTTドコモに転職、imodeの成長戦略プロジェクトのコアメンバーに。アライアンス推進担当部長としておサイフケータイの普及の責任者を務める。おサイフケータイクレジットを発案し、苦節4年で実現を果たす。同時にベンチャーキャピタルである株式会社ドコモドットコムを発案し、当時の社長を1年間説得して設立。ベンチャー投資を実行し、約4年間で100億円以上の利益を上げる。2006年米国ハーバードビジネススクールやMITの教授とともに戦略系コンサルティング会社MPDに参加。ITベンチャー企業の専務を兼務。07年ハーバードビジネススクール最年少准教授とともに戦略コンサルティング会社である株式会社ネットストラテジーを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター株で2億!

作者の人柄に、ほのぼのしました。
株本のサクセスストーリーは、少し嫉妬心がわくものが多いのですが、この本は素直に賞賛を送りたくなりました。実用的に使えるテクニックも満載。
ためになって、少し笑えて、感動したすばらしい本でした。

貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター株で2億!

貧しい環境に育った高卒フリーター・ひろっぴが家賃7万・親と同居の四畳半を舞台に、株で2億円以上を達成するまでの感動ドキュメント。ライブドアブログでも話題騒然のサクセスストーリーと、話題のデイトレとは違い”ぼくのような凡人でもマネできる”と著者も太鼓判を押すスウィングトレードのノウハウとは?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ちょっと心も温まる夢と希望のサクセス・ストーリー。がんばれば大金持ちになれる奇跡のスウィング投資術。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 誕生日に“夢の大台”達成!スリル満点・1億円ドキュメント/第2章 貧乏でなんのとりえもない高卒フリーターが“夢”をかなえるまで/第3章 ひろっぴ式の鉄則・凡人でも儲かるスウィング取引とはいったいなんぞや?/第4章 1日の儲けは554万円!ひろっぴトレード実況中継/第5章 「目指せ!1億円!!」ブログのひろっぴ名語録集!
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ひろっぴ(ヒロッピ)
1981年9月、大阪生まれ。大阪市内の工業高校を卒業後、鉄鋼関連の中小企業に就職。2年半の工場労働を経て、2002年秋に退社。失業保険の受給期間中の2002年11月、なけなしの貯金100万円でネット株投資を始める。株式を1晩、2晩と短期で持ち越す“スウィング取引”で試行錯誤を繰り返し、2005年12月末、たった3年で資産を2億円まで増やす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか

いろいろな疑問を会計の知識を使って、解明している本です。普通に考えたら、利益が出るはずないと思っていても、会計の知識を基に考えれば、利益が生み出されるわけですね。非常に読みやすいです。

半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
客よりも店員が多いデパートやブランド店、なぜ儲かるのか。サラリーマンとプロ野球選手、どちらの生涯賃金が高い?…「業界の儲けるしくみ」から「会計の秘密」がわかる本。本書は、知識がゼロの方でも理解できる「会計入門書」です。ビジネスや給料の不思議な「からくり」について読み進めていくうちに、いつのまにか会計の知識が身につくという、お得な「つくり」になっています。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 不況でもリストラせずに儲かる会社は何が違うのか/2章 客より店員が多いデパートや、半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか/3章 不況でも、ブランド店や化粧品会社が倒産しないワケ/4章 書店や出版社、マンガ喫茶はどうやって儲けているのか/5章 プロ野球選手の年俸は、なぜあんなに高いのか/6章 Jリーグ選手や力士は給料をいくらもらっているのか
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柴山政行(シバヤママサユキ)
1965年神奈川県川崎市生まれ。公認会計士・税理士。埼玉大学経済学部卒業。センチュリー監査法人(現・新日本監査法人)を経て、現在(資)柴山会計ソリューション、柴山政行公認会計士・税理士事務所を経営。税務、コンサルティング、監査の各種業務に従事しながら、実務につながる実践的な会計教育を理想にかかげ、資格専門学校や千葉商科大学などで、会計学および実務簿記などを教える。特に実務に関連づけたユニークかつ合理的な講義は受講者から絶大な支持を得ている。無料メールマガジン「時事問題で楽しくマスター!使える会計知識」は、読者5万5000人を突破。さらに、メールマガジンを解説した会員制CDセミナー「経済・会計・時事ニュース通信」は多くの支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】不謹慎な経済学

パリス・ヒルトンは刑務所入りで得をした!
官僚の天下りは正しい。ニート対策は有害無益。五輪の開催国は不況になる……など、一見非常識だが実は正当な「不謹慎な経済学」を、気鋭のリフレ派学者が解説。

不謹慎な経済学

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
気鋭のエコノミストが教える「正しい暴論」。常識のウソとデタラメを徹底的に暴く!パリス・ヒルトン、天下り官僚、オーラルセックス、格差問題、テロリスト、オリンピック、ツンデレ萌え、そして日本銀行…知恵と笑いと毒ですべての問題をズバリ解き明かす新しい経済学、ここに誕生。
【目次】(「BOOK」データベースより)
パリス・ヒルトンが刑務所で得たもの/人間関係が希薄化したのは、みんなが望んだからだ/オーラルセックスとエクスタシーの経済学/社会保障はテロリストのおかげで生まれた/官僚の天下り、本当は正しい!/ニートもハケンも、役人の利権を生むだけだ/経済の安定は攻撃的ナショナリズムを和らげる/ボランティアを義務化すると、経済格差が拡大する/最低賃金を引き上げると、失業も雇用も悪化する/ノーベル賞受賞者は、なぜ人種差別主義者と呼ばれたのか/アルファブロガーはラーメン屋に行列する人と同じ/リークと無責任の海に沈んでいくトンデモ中央銀行/クーデターが戦前の日本をデフレ地獄に突き落とした/「主権在米経済」が失われた10年に幕を下ろした/W杯や五輪が終わると、開催国は不況になる/世界最大の債務国アメリカの経済はいつ崩壊するのか
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田中秀臣(タナカヒデトミ)
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科単位取得退学。現在、上武大学ビジネス情報学部准教授。専門は経済思想史・日本経済論。「リフレ派」経済学者の代表的な論客として、各メディアで積極的な発言を続けている。サブカルチャーにも造詣が深い。『昭和恐慌の研究』(共著、東洋経済新報社)で第47回日経・経済図書文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。