☆【失業】最強の履歴書作成術!

履歴欄記入の基本ルールとは?志望動機に説得力を持たせるには?効果的な職務経歴のまとめ方は?希望条件はどこまで本音を出していいのか?職種別の自己アピール法から、キャリアにハンディがある場合の攻略法、課題作文の傾向と対策まで、転職者向け応募書類みんなまとめて、「受かる書き方」を徹底ガイド。実例満載で、すべての疑問に答えます。

最強の履歴書作成術!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 パーフェクトな「履歴書」にするための作成手順/第2章 採否の決め手!「職務経歴書」作成のポイント/第3章 職種別「職務経歴書」の書き方・見せ方/第4章 「志望理由書」の正しい書き方とアピールのしかた/第5章 プラスαの効果を狙った「自己紹介文」の書き方/第6章 苦手意識を克服!「課題作文」の完全攻略法/第7章 これで完璧!書類選考で勝ち残るためのQ&A
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
冨田淳(トミタジュン)
株式会社人材活用センター代表取締役社長。同社は、20年の歴史を誇る人材紹介会社のパイオニアで、現在、登録者5万名、求人会社3000社を数える。総務、人事、経理などの事務職から、営業職、技術職まで全職種をカバーし、経験豊富なコンサルタントが親身になって求職者の相談に応じている。キャリアアップを目指すビジネスマンをはじめ、高いスキルで勝負するエキスパート、専門知識・熟練技能で新しい人生を切り開く中高年など、さまざまなケースに対応。求職者一人ひとりの立場に立ったコンサルティングには定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

退職・転職の「年金・保険・税金」がわかる本

どんなにがんばって働いた会社でも、辞めたその日から、あなたとはなんの関係もなくなります。今まで、会社にまかせっきりだった年金や医療保険などの保険料は自分で納めなければなりません。失業給付は早めに手続きしなければ、損をすることもありえます。税金は、めんどうでも自分で確定申告しなければ1円だった戻ってくることはありません。本書では、定年退職で会社を辞める前後の手続きと仕組みをわかりやすく解説しています。また、厚生年金保険の加入期間別に、年金額の例を掲載しています。

退職・転職の「年金・保険・税金」がわかる本

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 やめる前にこれだけはチェックしておきたい14のポイント(頼れるのは自分だけ。会社はノータッチ/退職までのタイムスケジュールを立てる ほか)/2 1日の違いが大きな差を生む 雇用保険のしくみ(失業したらすぐにハローワークで手続きを/求職は失業給付を受けるための大切な条件 ほか)/3 年金額をしっかり把握 公的年金の受け取り方(年金を受給するためには25年の加入期間が必要/受給資格期間が足りない人には特例あり ほか)/4 よく考えたい 国保が得か任意継続が得か?(退職後の医療保険の選択肢は6つある/健康保険に2か月以上加入していれば任意継続が可能 ほか)/5 知識を生かして大切なお金を守ろう 税金と確定申告の基本(退職月によっては住民税はまとめて払う/退職した年は確定申告で税金を取り戻す ほか)/巻末付録
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
新村健生(ニイムラタテオ)
昭和33年生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、株式会社ダイエーに勤務。平成3年、同社を退職。社会保険労務士資格を取得。平成4年、新村社会保険労務士事務所を開設。現在、株式会社りそな総合研究所相談室顧問を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】味方をふやす技術

お互いの深いところで通じ合える人をふやそう。たとえば自分にとって「だいじな人」とそれほどでもない人を見極めるチカラを育て、ときには断つ。あるいは思い切って先に「弱み」を見せてしまう。そういう意外なアクションこそが上っ面だけの人間関係を突破するカギになる。『自分「プレゼン」術』の著者による究極のコミュニケーション論。


味方をふやす技術

第1章 心を通わせたいなら「ネガティブ・コミュニケーション」で(マイナス・イオンの法則/求職者が陥りがちな“ああ勘違い” ほか)/第2章 「エネルギーを奪う人」から今すぐ逃げよ!(意味のない年賀状を出す3つのタイプ/序列が大好きな3つのタイプ ほか)/第3章 愛情について―「愛」を「愛」という言葉以外で語ってみる(愛情の危機/「妻への手紙」を書いた日 ほか)/第4章 あなたを貧しくする「常識」を脱ぎ捨てよう(変態術のススメ/「NO」から「YES、but」へ ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤原和博(フジハラカズヒロ)
1955年生まれ。東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。96年、年俸契約の客員社員「フェロー」制度を創出し第1号に。「会社」に対立も従属もせず、豊かな人生をもたらす働き方を提言し、若手ビジネスマンを中心に熱い支持を集める。「スーパーサラリーマン」の異名でテレビでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】失業生活バイブル

会社を退職や転職を考えている方は失業保険を貰うために
一読をお勧め致します。
退職前からその後、自分ひとりでは忘れがちな事も
手続き等色々やるべき事が明確に書いてありますので、
お勧めです。

失業生活バイブル

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
当面の生活資金の心配をせずに暮らしたい人、とにかく会社を辞めたい人、もっといい会社に転職したい人、起業・独立を考えている人etc…もらえるお金は全部もらう!雇用保険を使い倒して、スムーズに転職・独立・起業できる裏技が満載。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 退職準備編―会社を辞める前にこれだけは知っておこう!/第2章 退職直後の手続き編―役場に行こう!ハローワークに行こう!/第3章 失業保険完全活用編―5分でわかる失業保険完全ガイド/第4章 明るい失業生活編―超トクする失業暮らしのてびき/第5章 求職活動編―中途採用を勝ち取る転職必勝法!/第6章 独立・起業編―会社員には戻らない!自分で起業しよう!
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
katsu(KATSU)
月間40万ページビューを誇る雇用保険の人気サイト「失業保険のもらいかた」の管理人。コンピュータソフト関連会社に数年勤務したのち、退職。退職後にネットで起業し、退職の翌年には、会社員時代の3倍の年収を不労収入でたたき出す。現在はサイト運営のかたわら、サイトの集客率や成約率を高めるマーケティング手法をテーマに、企業コンサルタントとしても活躍中。また、商工会議所などの講師も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】「ニート」って言うな!

「ニートは増加していない」「ニートの原因は本人やその親だけの責任ではない」「マスコミの歪んだ報道が、若者への言われ無き不安を煽り立てている」 三人の論客が豊富なデータを元にニートに関わる誤解を論じていく。
結局ニート報道は、古代エジプトの時代から言われ続けている「近頃の若い者は・・・」に代表される、大人の若い世代への無理解の延長なのか。

「ニート」って言うな!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ニート」とは、働かず、就学もせず、求職行動もとっていない若者を指す言葉で、日本では二〇〇四年頃より使われ始め、その急増が国を揺るがす危機のように叫ばれている。様々な機関が「ニート」の「人間性」を叩き直そうと「支援」の手を差し押べており、多額の予算が動いている。このような状況下において、本書では、まず、日本での「ニート問題」の論じられ方に疑問を覚える本田由紀氏が、「ニート」という言葉自体の不適切さを量と質の両面から明らかにする。また、『いじめの社会理論』の著者である内藤朝雄氏は、「ニート」が大衆の憎悪と不安の標的とされていることを挙げ、憎悪のメカニズムと、「教育」的指導の持つ危険な欲望について解説する。さらに、ブログ上で「俗流若者論批判」を精力的に展開し注目を浴びている後藤和智氏が、「ニート」を巡る言説を詳しく検証する。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 「現実」―「ニート」論という奇妙な幻影(「ニート」のイメージは間違っている/若者に対して真に必要な支援は何か)/第2部 「構造」―社会の憎悪のメカニズム(青少年ネガティヴ・キャンペーン/佐世保事件にみる諸問題/ニートをめぐる「祭り」の状況 ほか)/第3部 「言説」―「ニート」論を検証する(「ニート」論前夜―「自立しない若者」への苛立ち/「ニート」論はいかにして広まったか/週刊誌における「ニート」 ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
本田由紀(ホンダユキ)
1964年徳島県生まれ。東京大学大学院情報学環助教授。専門は教育社会学。日本労働研究機構研究員などを経て現職

内藤朝雄(ナイトウアサオ)
1962年東京都生まれ。明治大学専任講師。専門は社会学。東京大学大学院総合文化研究科博士課程を経て現職

後藤和智(ゴトウカズトモ)
1984年岩手県生まれ。東北大学工学部建築学科在学中。平成17、18年仙台市成人式実行委員。2004年11月より、ブログ上で青少年言説の検証に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】仕事ができる人は「負け方」がうまい

「失業は怖くない」「世論を信じるな」「面白さは『マナー』」「差別が全部悪いとは限らない」。ソフトブレーン創業者の著者が送る、歯に衣着せぬ人生指南。現代人の仕事に、人生に必読の1冊!

仕事ができる人は「負け方」がうまい

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
家族も顧みず、残業も厭わず、ひたすら真面目に努力すれば、仕事はうまくいくのか?「勝ち組」は本当に人生の勝利者なのか?意外と気付かないこと、気付いても言えないことを、ソフトブレーン創業者の宋文洲が直言!日本型終身雇用と格差、業績とモチベーション、世論と真実、幸せの意義、差別と善悪─会社組織や現代日本に広がる「正義」と「常識」に疑問を投じる。解決への「ヒント」と「答え」が分かる、社会人必読の一冊。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 負けに強い人こそ、本当に勝負強い人(「給料の男」と「専業主婦」/社長にならないほうがいい ほか)/第2章 「やる気」「人材」「愛社精神」だけでは、業績は良くならない(「先輩」を汚してはならない/名ばかり自己満足の役職 ほか)/第3章 「人と違うこと」は、恥ずかしくない(「厚顔」を鍛えよう/群れない勇気を ほか)/第4章 幸せは「気付くこと」と「家族」から生まれる(活かして楽しむ安月給/「家族サービス」をやめよう ほか)/第5章 「正義」とはなにか、「常識」とはなにか(社会を支える中小企業の社長/不景気にも良いところがある ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宋文洲(ソウブンシュウ)
1963年中国山東省生まれ。84年中国・東北大学を卒業後、85年に北海道大学大学院に国費留学。同大学院工学研究科を修了。天安門事件で帰国を断念し、日本で就職するも、勤務先が倒産。92年にソフト販売会社ソフトブレーンを創業し、代表取締役社長に就任。99年2月には代表取締役会長に就任する。2000年12月に東証マザーズ上場、05年6月に東証一部上場を果たす。06年1月、代表権を返上し取締役会長に、同年8月31日「もう1人の社長」「陰の実力者」にならないとして取締役会長を辞任し、マネージメント・アドバイザーに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】トクする非正規社員マニュアル

勉強になりました。
去年正社員をやめ、失業給付をうけながら今後のことを考えていましたが、本を参考にしてさっそく色々と手続きしようと思いました。

トクする非正規社員マニュアル

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
派遣、契約、バイトのための保険・税金・年金・労働法がわかる96の智恵。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 安心立命の社保入門編 知らないと10万円ソンする 国民健康保険のしくみ&裏ワザ/2章 快刀乱麻の社保解決編 積年の悩みを一発解消 国保から健保に乗り換える法/3章 五里霧中の年金制度・解剖編 払わずもらえる!?国民年金未納マニュアル/4章 前代未聞の年金倍増編 非正規社員こそフル活用せよ!厚生年金で3倍トクする法/5章 危機一髪のピンチ脱出編 働けないときお金がもらえる 雇用保険120%活用術/6章 苛斂誅求の税金奪還編 知らないと年間10万円ソンする 非正規社員の確定申告マニュアル/7章 孤立無援の質問編 こんなときどうする?非正規社員の素朴な疑問に答えるQ&A集
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
日向咲嗣(ヒュウガサクジ)
1959年、愛媛県生まれ。大学卒業後、新聞社、編集プロダクションを経て、フリーランスライターに。サラリーマンの副業ノウハウ、合資会社を活用した独立開業ノウハウにつづき、失業・転職など職業生活全般をテーマにした執筆活動を展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】ラクをしないと成果は出ない

100の項目があります。
ぱらぱらっとめくってみて自分に合うものを読めば良いでしょう。
のめり込まない、やりすぎないコツが書かれています。
3日かかることは1日でやる。ただし、大事なものに絞る。
1万円札と名刺は3ヶ所に入れておく。なくて困ることのないように。
アウトプットしないものはインプットしない。

ラクをしないと成果は出ない

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「一生懸命」に働くな!好きな仕事で所得倍増。会いたい人が会いに来る。自分の時間を確保する―。「やるべきこと」を圧縮し、「やりたいこと」を拡大する100のアイデア。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 基本編/第2章 インプット編/第3章 ネットワーク編/第4章 撃退編/第5章 独立編/第6章 継続編/第7章 組織編/第8章 時間編/第9章 アウトプット編/第10章 生活技術編
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
日垣隆(ヒガキタカシ)
作家・ジャーナリスト。1958年、長野県生まれ。大学卒業後、販売員、トラック配送係、TVレポーター、編集者など数々の職を経て、87年から執筆活動に入る。転職2回失業3回。『そして殺人者は野に放たれる』(現在は新潮文庫)で新潮ドキュメント賞、『それは違う!』(現在は文春文庫)で文藝春秋読者賞受賞。『常識はウソだらけ』(WAC)、『個人的な愛国心』(角川oneテーマ21)、『偽善系』(文春文庫、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ホームレスから社長になった男の逆転法則

幼い頃から社会のどん底で生きてきた著者が、ドン底から這い上がりビジネスで成功するための方法を具体的に伝授する。
ホームレス、物乞い、養護施設、犯罪、少年院─幼い頃から社会のどん底で生きてきた男が、社長に迎えられて大成功!過酷な半生から体得した“這い上がり哲学”を披露する。

ホームレスから社長になった男の逆転法則

ホームレスの自立を支援する企業の共同創設者
5歳でホームレス
その後様々な犯罪を繰り返し、少年院生活を繰り返す。
印刷出版業を手がけ、45歳でビッグイシューという
ストリート・ペーパーを創刊
そんな著者の人生、生き方が書かれています。
どん底から社長への這い上がり哲学
勉強になる部分はたくさんありました。
人生は変えられる!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 つぶされるな!3%で行け!/2 自分の人生、自分がリーダー/3 プライドを捨てて、他人から学ぶ/4 おのれをよく知り、強くなる/5 わくわくできる目標を設定する/6 やってきた好機をつかみとれ/7 失敗を恐れるな。失敗から学べ/8 被害者意識を捨てる/9 けなし屋をノック・アウト/10 小難しい理屈はいらない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
バード,ジョン(Bird,John)
ホームレスの自立を支援する企業「ビッグイシュー」の共同創設者。またそこで刊行される雑誌『ビッグイシュー』の元編集長。1946年ロンドンのスラム街生まれ。5歳でホームレス、7歳で養護施設に預けられる。10歳から万引き、強盗、放火などさまざまな犯罪に手を染め、少年院生活を繰り返す。20代後半以降、印刷・出版業を手がけ成功。45歳のとき、ザ・ボディショップ会長のゴードン・ロディックとともにホームレスが販売する雑誌『ビッグイシュー』を創刊する

田村源二(タムラゲンジ)
1947年生まれ。慶応義塾大学文学部社会学科卒。英米仏の翻訳で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

☆【失業】一生お金に困らない「貯金生活」ができる本

内容はわかりやすく、楽しいカンジですね。一気に終わりまでよみましたが、マンガにでてくるブタの貯金箱があとで非常に気になって、100均でブタの貯金箱を2個買ってしまいました。(買わなかったらその分節約できたのか?)
とにかくお金をためるのには若いうちからはじめたほうがよいとしみじみカンジさせてくれる本でした。

一生お金に困らない「貯金生活」ができる本

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
年間100万円、10年で1000万円貯める方法とは?本書は、絶対トクするお金の知識から、節約生活の方法、投資入門、そして余裕の生活ガイドまで満載!「元手ゼロ」から雪ダルマ式に貯めるマル秘貯金術。
【目次】(「BOOK」データベースより)
prologue 知っておくと絶対トクするスタイル別の貯金道/1 “貯まる生活”に高速ギアチェンジ!(どんどんお金が貯まる「貯金体質」になる!/雪ダルマ式に貯めるための金銭感覚の磨き方)/2 誰でも100%成功する貯金生活実践マニュアル(自分でも驚くほど貯まる、タネ銭作りノウハウ/ひとつの銀行を徹底活用するかしこい生活術/貯金の裏ワザ!これを知らないと一生後悔する!/あなたにも必ずできる貯金生活の心構え)/3 「貯めて」「殖やす」余裕の生活ガイド(1万円からでも始められる「株式投資」入門/ビギナーにおすすめ「投資信託」のかしこいやり方/「外貨投資」入門―これだけは知っておきたい!/これが「非常識」金融ガイド―やっていいこと、ダメなこと)/4 見極めよう!「どっちがトク?どっちがソン?」(お金と上手に付き合って人生バージョンアップ!/お金をかけずにもっと人生を楽しもう!)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
池田武史(イケダタケシ)
年金、失業、ギャンブル、介護、賃貸住宅など、さまざまな分野で執筆活動を続けるフリーランスのライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。