キグレサーカスが事業停止に 「娯楽多様化に対応できなかった」

日本3大サーカスの1つと言われる「キグレサーカス」が事業停止に追い込まれた。個人消費の冷え込みやなどの影響があったというが、業界関係者は「サーカスもショービジネス。娯楽多様化の時代に対応できなかった」とみている。

北海道札幌市に本拠地を持つキグレサーカスが2010年10月19日付けで営業を停止した。帝国データバンクによると、負債総額は約5億8800万円。

3大サーカスのひとつが消えた
1942年創業、約70年の歴史を持つ老舗サーカス団だ。77年に法人化して、「キグレNewサーカス」として全国各地で興業を行い、3500人が収容できるテントを使うほど人気を集めていた時期もあった。07年12月期には年収入高約5億2900万円を計上している。

しかし、近年は客足の伸び悩みに加え、09年には新型インフルエンザの影響もあるなどして10月の埼玉県川越市公演で大幅な赤字が発生。同年12月期の年収入高は約3億5800万円にまで落ち込んだ。経営の立て直しを図っていたが、先行きの見通しが立たなくなり10年9月末で従業員35人を解雇。10月23日から予定していた群馬県前橋市公演も中止し事業停止となった。

キグレサーカスは木下大サーカス、ポップサーカスと並んで日本3大サーカスの1つとして数えられている。そのうち1つがなくなってしまったということになる。

NPO法人国際サーカス村協会代表の西田敬一さんによると、日本でのサーカスの最盛期は昭和30年代。当時は全国に30以上のサーカス団があったが、テレビの普及や、サーカス興業が行われることの多かった祭りが衰退したことで徐々に減少。1990年代にはもう3大サーカスしかなくなってしまい、「日本3大というよりも、日本に3つしかないという感じ」だという。

「サーカスが来た」というだけで騒がなくなった
しかし、サーカス業界全体がダメということではない。木下大サーカスや、ポップサーカスは成績もいいという。西田さんは指摘する。

「昔はサーカスも絶対的な人気があって、『サーカスが来た』というだけで子ども達が騒いだけど、今そんなことはありません」

娯楽が多様化した現代では、半年、一年後の興業できちんと目標を立てて動員を稼ぐには、公演前にテレビCMやポスターなどでいかに宣伝したり、生協などでどれだけチケットを販売したりするか、といった営業活動が重要。他のサーカス団に比べ、キグレはそうした点に問題があったのではないか、という。

編集後記
会社を変える経済が変わる
倒産は企業の死滅ではない―法的整理・私的整理の仕組みや投資ファンドの役割をわかりやすく解説。

事業再生って何だろう?

キグレサーカス:資金繰り悪化し破綻 負債5億8千万円

札幌を拠点とするサーカス興行団「キグレサーカス」が、資金繰りの悪化から事業を停止し、経営破綻(はたん)していたことが20日分かった。信用調査会社の帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約5億8800万円。前橋市で23日から予定していた公演はすでに中止を発表しているが、事前に販売されたチケット約300枚の払い戻しができなくなっている。

同団は1942(昭和17)年創業。木下サーカス(岡山市)、ポップサーカス(大阪市)とともに「日本3大サーカス」の一つに数えられ、現在は「キグレNewサーカス」の名称で空中ブランコやオートバイ曲芸、動物ショーを行い、全国を巡回していた。

同支店などによると、年商約5億2900万円(07年12月期)あったが、09年10月の埼玉県川越市での公演で集客不足から約4400万円の赤字が発生。今年9月26日までの岩手県公演は実施されたが、同月末に従業員約30人を全員解雇したという。

編集後記
経営が順調あるいは売上が向上しているときについつい設備投資をしてしまいますね。
ある経営者によれば、急速に売上が増えるのは危険なことだと。しかし、別の経営者は会社が大きくなるにはあるときに、一気に大きくなるものだととも言われています。
どちらが正しいのかを議論するつもりはありません。
でも、どちらの経営者も設備投資は身の丈にあったものでなければならないと言っています。

設備投資の採算判断は非常に難しいですね。つまり、世の中の経済の動きが分かっていないと、突然リーマンショックのようなものが襲ってきて、一気に経済状況が大きく変わることもあるからです。

また経済状況に大きな変化がなくても、技術の進み具合で、カメラのフィルムやブラウン管テレビが消えてしまったりすることもあるのですね。
先日も、ポケットベルの製造を行っていた会社が倒産しています。

待ちあった設備投資をして、苦しい経営状況に追い込まれることがないようにしてください。

設備投資行動の理論

不確実性下における企業の設備投資行動を理論的に解明!技術進歩の型と設備投資の関係、企業の選好の役割、資金調達の問題など従来の投資行動理論では重要視されてこなかったさまざまな側面に光をあてた画期的労作。

ヤマヤコーポレーション 事業停止

潟с}ヤコーポレーション(東京都千代田区神田富山町22 =登記上=東京都千代田区神田富山町5 資本金1,000万円 山谷一秀社長)は、10月18日に事業を停止した。
 
大正5年山谷商店として創業、昭和23年株式法人化、40年山谷産業への社名変更と辿り、平成5年4月に金物部を移管する形で同社を設立。アルミ建材、エクステリア、インテリア、住宅設備機器等の卸を手がけ、グループ会社の吸収合併による再編後の20年7月期にはマンション等の需要好転を背景に約30億7,700万円の年売上高を計上していた。
 
しかし、翌21年期の売上高は約26億1,400万円に低落、採算、回収面への影響も顕在化するなど業況は悪化。多忙な繰り回しが続く中、これ以上の資金調達も限界となり今回の事態へと至る。
 
推定負債総額は10億円内外。
 
事後処理は桜井健夫弁護士(東京都千代田区麹町4−4 рT226−7295)、洞澤美佳弁護士(東京都千代田区永田町2−9−6 рR580−3269)に一任している。

編集後記
2年で会社を変えられますか
自分自身を会社を変えていく側の立場に置いて読んでいくと結構ワクワクした。よくありがちな周りに流されず、自分自身が熱意をもって機能していかないと又そういう構成員が増えてこなければ組織が活性化しないということがはっきり分かる。この低迷する多数の経営困難な状況を打開する考えとして一助になるのではないだろうか。

V字回復の経営

「2年で黒字化できなければ、退任します」―。戦略的なアプローチと覚悟(高い志)を武器に不振事業再建に取り組む黒岩莞太は、社内の甘えを断ち切り、業績を回復させることができるか。実際に行われた組織変革を題材に、迫真のストーリーで企業再生のカギを説いたベストセラー。

石川の繊維卸「岸商事」が自己破産申請し倒産、負債82億円

東京商工リサーチによると、石川県羽咋市に本拠を置く繊維卸の「岸商事」は、10月15日付で金沢地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1911年に創業の同社は、衣料・産業向け繊維の卸売りを手掛けるほか、紡績・仮撚り加工・織物製造などの関連会社を設立し岸商事グループを形成。繊維業の老舗として広く知られていました。

しかし、近年は安値な海外製品との競争激化で業績が低迷していたことに加え、景気後退による消費不況も重なり経営が悪化。不採算部門からの撤退などリストラ策を進めたものの経営改善には至らず、今年3月には事業を停止し遂に今回の措置となったようです。

負債総額は約82億円の見通し。

編集後記
リストラ請負人という設定ですが、仕事とは何なのか?会社とは何なのか?ということも並行して考えさせられます。それにしても面白い。リストラという厳しい場面ながら、それがアンハッピーではないことが不思議です。

君たちに明日はない

「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。どんなに恨まれ、なじられ、泣かれても、なぜかこの仕事にはやりがいを感じている。建材メーカーの課長代理、陽子の面接を担当した真介は、気の強い八つ年上の彼女に好意をおぼえるのだが…。恋に仕事に奮闘するすべての社会人に捧げる、勇気沸きたつ人間ドラマ。山本周五郎賞受賞作。

中小企業保証機構:振興銀で2例目の連鎖破綻

経営破綻(はたん)した日本振興銀行と親密な関係にあった「中小企業保証機構」(大阪市)は15日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。東京商工リサーチによると、負債総額は1269億円。振興銀に連鎖した倒産はエステティックサロン大手の「ラ・パルレ」に次いで2例目。

振興銀前会長の木村剛被告=銀行法違反の罪で起訴=は自ら主導して、振興銀の親密な取引先企業グループ「中小企業振興ネットワーク」を設立。中小企業保証機構はネットワークの中核企業とされ、振興銀の融資保証などを手掛けていた。振興銀の破綻で保証業務の収益基盤を失ったことなどから、経営が行き詰まった。

編集後記
ところどころに設問があって、読み進めるうちに自分の現状と求めているものが明確になります。精神論に偏ることなく、とても実践的な本です。
人生という言葉はとても曖昧ですが、突き詰めると「毎日どういう気持ちで過ごしたいのか?」ということなのですね。
はっとしました。
精神面だけでなく、対人面、経済面、家庭面など多次元で人生を見て、どういう毎日を送りたいのか、それに向けてどういう行動をとればいいのかを考えさせてくれます。
ただ、目標達成のためにたゆまず努力を続けていかなくてはならないとあり、それができる人はなかなかいないと思いました。それができれば、その人はすでに成功者なのでしょうね。

史上最強の人生戦略マニュアル

セレーノ事業停止 マンション販売

帝国データバンク仙台支店によると、分譲マンション販売・不動産仲介などのセレーノ(仙台市)が13日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。今年6月末時点の負債は約38億9400万円だが、その後の在庫売却などで減っている可能性があるという。
 
帝国データバンク仙台支店によると、同社は89年11月の設立。仙台市近郊を中心に、自社ブランドの分譲マンション「セレーノ」や戸建て住宅などを販売した。
 
2007年9月期には約58億5200万円の売上高を計上したが、その後、マンション建設のための土地取得代金など資金需要が増加。金融機関からの借入金が膨らんだほか、建築資材高騰などの影響も受け、財務内容が悪化した。
 
他社との競争による値引きなども加わって、09年9月期の売上高は約27億1200万円に落ち込み、債務超過に陥っていた。所有不動産の売却や従業員の大幅削減なども図ったが、資金繰りがひっ迫し、事業の継続を断念したとみられるという。

編集後記
ナンバー1風水師が教える
風水は古代中国で発祥し、「兵法」として発展した学問である。同じようにビジネスを展開し、同じような能力を持つ人でも、成功している人とそうではない人がいる。デスク回りの整理法、上司とのデスクの位置関係、良い名刺悪い名刺、体に溜まった「厄」の落とし方、色のパワー等、環境学である風水の法則に則って、良い運を吸収するための方法を指南する。

運のいい人の仕事の習慣 

すぐにできることからいろいろと紹介されていて実践しやすいと思いました。

県住宅供給公社:破産手続き開始 /茨城

総額523億円の負債を抱え、水戸地裁に破産手続き開始を申し立てていた県住宅供給公社は8日、同地裁から開始決定を受けた。同地裁は、破産管財人に福田博行弁護士(水戸市)を選任した。今後は法的に清算処理に入るが、公社は清算法人として清算が終わるまで存続する。
 
県が住民からの相談に応じる電話(029・233・2725、2726)の開設は、13日午後1時からを予定。それまでは、公社(029・224・3903)で応じるほか、県庁内の住宅課(029・301・4754)でも受け付ける。
 
公社の破産開始決定を受け、橋本昌知事は「県も破産管財人と協力し、保有地の売却が円滑に進むよう努力する。また、相談窓口を通じ、団地住民からの意見・要望にも適切に対応していく」とのコメントを発表した。

公社は約316億円の債務超過に陥り、先月28日、破産を申し立てていた。

編集後記
人間というものは本当に不思議なもので
不安があるのが普通だと思うと
意外と不安がなくなるんです。

 斎藤一人著『ツイてる!』121頁 

日常生活で不安が全くないと言う人はかなり少ないと思いますね。今回の仕事が上手くいくだろうか、家族が健康で暮らせるだろうか、子供が受験をしたが合格するだろうかなどなどと不安な日々と言うものはほとんど毎日起きている言っても過言ではないでしょうね。

しかし、斎藤一人さんに言わせると、不安があるのが普通だと思えば不安がなくなるのですから簡単なことですよね。

ただし、私の場合は比較的昔からほとんど不安を抱いたことがないのです。理由は分かりませんが、本当です。小林正観さんの本を読んだときにも不安なことはないということが書いてあったように思っています。

不安や安心は自分が勝手に作っているもので、やるべきことをやればそれがたとえ50点以下の出来栄えであったとしても、受け入れると不安がありませんね。

不景気の普通だと思えば不景気が無くなってくるのですね。ただし、家族を養うだけのお金を稼ぐ必要はありますので、収入が少なくても一生懸命に頑張るだけのことですよね。

愛妻に感謝しています。
 

「ラ・パルレ」再生法申請、振興銀破綻で連鎖倒産

エステ業界大手の「ラ・パルレ」(東京都新宿区)は5日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けたと発表した。


負債額は約27億円。主要取引銀行の日本振興銀行が経営破綻し、新規融資が見込めなくなったうえ、保有していた振興銀の株式約3億3500万円を損失計上することになり、資金繰りが悪化した。

民間信用調査会社の東京商工リサーチによると、振興銀の破綻に伴う連鎖倒産は初めてだ。

当面、既存の店舗で営業を続け、料金を前払いしている会員約6700人はサービスを受けられるが、現時点で解約、返金は応じられないとしている。前払い額の平均は1人あたり10万円という。

ラ・パルレは1978年の創業。ピーク時の2007年3月期には140億円の売り上げを計上したが、誇大広告による一部業務停止命令をきっかけに、売り上げが大幅に減少した。

編集後記
実力がない人ほど
頑固でプライドが高いこと。

 斎藤一人著『変な人が書いた成功法則』79頁

私自身のことを言われているような気がしますね。私もかなり頑固ですね。そして結構プライドが高かったと思います。

でも斎藤一人さんの本を読ませていただいて、自分なりに考えて行動をしているので少しは頑固さもやわらぎ、プライドも普通の人に近づいているように自己満足をしています。

一番の問題は「実力」ですね。この実力だけは簡単に身に付けることができないですよね。人間としての実力とは優しさ、包容力、行動力、企画力、実行力などなどがあるでしょうね。されに仕事や家庭生活でのスキルに関する実力もありますよね。

この実力をつけるにはどうしても時間がかかりますね。でも諦めることなく毎日少しづつであっても実力アップを願っていれば必ず到達できると信じています。

実力に対して、頑固さやプライドの高さについては比較的直しやすいと思いますよね。頑固さをなくすには、相手の言っていることや、行っていることに対して感謝をし、全てを受けれるようにすれば良いのでしょうね。

もし違っているようでしたしたらぜひ教えてください。プライドについても無理をして下げる必要はなく、自然体でものごとに取り組めば済むことではないかと思っています。

人間として実力を備えて、楽しい日々の暮らしを目指している私でした。

インテリア用品販売のリビング・ポーズが破産申請へ/横浜

東京商工リサーチ横浜支店によると、インテリア用品販売のリビング・ポーズ(横浜市港北区)は1日までに事業を停止し、破産申請の準備に入った。負債は4億円とみられる。オーダーカーテンを試用した上で購入するスタイルの販売では草分け的存在とされる。

横浜・みなとみらい21(MM21)地区の商業施設「ワールドポーターズ」などに「マックスフリー」「リビング・ポーズ」の店名で営業拠点を展開していたが、他店舗展開が財務を圧迫して資金繰りが悪化していた。

編集後記
危機的状況になる前に経営者が備えておきたい企業再生の“智恵”を数多くの中小企業の再建を手掛けるプロ・川野雅之氏が解説。

過剰債務に負けない中小企業再生の智恵

中小企業支援には、欠かせない知識の一つとして目を通しました。
専門的にやらないと、著者ほどの情報量やノウハウは集まらないので、責任をもってできる業務として確立するのは、まだまだ努力が必要と感じました。
これ一冊で済むという浅い分野でもありませんが、読まないよりは、全然良い。実務にもまずまず役に立ちそうです。

医療機関の倒産、7月は1件―帝国データ

帝国データバンクの集計によると、今年7月に発生した病院・開業医の倒産は、病院の1件だった。負債額は3億3000万円。

病院・開業医の倒産は、4月5件、5月5件、6月4件発生しており、今年度の累計はこれで15件となった。昨年度は7月が5件で、同月までに24件の倒産が発生している。

今年7月の倒産件数について、帝国データバンクの担当者は「診療所に関しては、(昨年12月に施行された)中小企業金融円滑化法による支払い猶予の影響が大きいのではないか」との見方を示している。

編集後記
医療に関わる問題がしきりに論じられている。医師不足や病院倒産、患者とのトラブルなどが、多くのメディアで報道されてもいる。多くの問題を抱えたまま、日本の病院はこのまま臨終を迎えてしまうのだろうか?本書は、現役の女医がユーモアを交えて現場から届けるレポートだ。現在、病院で起きていることから、医者になるための道のりやその仕事の実態にいたるまでが描かれている。女医が見た、泣けて笑えるありのままの医療現場の様子をここに伝える。

病院はもうご臨終です

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。