勝間式「利益の方程式」

初めて解き明かされる「利益」の秘密
すべての企業の経営課題は突き詰めると「いかにして利益を増やすか」にあり!
成熟化社会を迎えた日本の国内市場はすでに飽和状態で、過当競争下にあります。

もう売上高や市場規模だけを追っていては、企業の最終目的である利益はついてはきません。できるだけ簡単な方法で、利益を最大化にする、独自の手法が求められているのです。

たった4つの要素を埋めるだけで利益の最大化が計れる魔法の方程式を初公開!
勝間式「万能利益の方程式」では、?顧客当たり単価、?顧客当たり獲得コスト、?顧客当たり原価、?顧客数、の4つの要素をコントロールすることで、誰でも即、簡単に、利益の最大化が実現できるようになります。

勝間式「利益の方程式」

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたの利益が画期的に増えていく、目からウロコの黄金ルール。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜ、利益の概念が必要なのか/第2章 利益はどう計算するのか―慣れればカロリー計算のようなもの/第3章 利益を上げる方程式の解き方/第4章 原則1 どうやって顧客単価を上げるのか/第5章 原則2 どうやって顧客獲得コストを下げるのか/第6章 原則3 どうやって顧客原価を下げるのか/第7章 原則4 どうやって顧客数を伸ばすのか/第8章 明日からできる行動習慣―利益の増やし方をどうやって身につけていくか
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
勝間和代(カツマカズヨ)
東京都生まれ。経済評論家(兼公認会計士)。慶応義塾大学商学部卒業。早稲田大学ファイナンスMBA。現在、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程在学中。19歳で、当時史上最年少の公認会計士2次試験を突破。在学中より監査法人に勤務、アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、チェース銀行およびJPモルガン証券等を経て、経済評論家として独立。内閣府男女共同参画会議「仕事と生活の調和に関する専門調査会」専門委員。2005年ウォール・ストリート・ジャーナルから「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれる。2006年エイボン女性大賞を史上最年少で受賞。3児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Jアートレストラン 「ありがとう」の力

誠実なサービスを提供する小さな会社の話
経営品質の向上(上品なおもてなしをすること)をいかに取り組むか、望月広愛先生がJアートレストランで2005年経営品質賞を受賞された際の取組み。従業員の皆さんが受けたお客さまからの「ありがとう」の言葉や、互いに助け合う社員にカード賞を出す望月社長。お互いに褒めあう風土をつくり、他社がマネできない企業風土・人づくりでエクセレントな企業にし、他社の追随を許さない強さを身につけるには。実践の中で、経営品質の8つの引き出しを上手に定義・整理しながら実務に落とし込んだ先の結果がこの1冊に現れています。組織変革を取り組む際の参考書としては最高の1冊。

「ありがとう」の力

【目次】(「BOOK」データベースより)
年末は大忙し12月/新年あけましておめでとう1月/いちばん寒い2月/卒業の3月も大忙し3月/春が来た4月/ゴールデンウィーク5月/梅雨6月/夏が始まる7月/夏本番8月/秋9月/秋真っ盛り10月/文化とスポーツ11月/また冬の足音12月

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
望月広愛(モチズキヒロチカ)
株式会社MATコンサルティング代表取締役社長。1959年3月静岡県生まれ。1981年北海道大学卒業。同年日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)入社。ヤマハにおいては、東京支店で販売企画業務、アジア・オセアニア本部企画部では海外営業、マーケティング、商品開発業務などを担当。1989年株式会社三和総合研究所(現在の三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に入社、東京経営戦略本部チーフコンサルタントとして、一流企業や中堅中小企業、官公庁等に対し、「経営品質」「CS」「マーケティング」「新商品開発」「能力主義人事制度の導入」「政策提言」等に関する戦略コンサルティングを実施。代表的クライアント株式会社吉田オリジナル(現株式会社IBIZA)は1998年度日本経営品質賞を受賞。1999年2月イタリアンレストランチェーン株式会社ロッソえびすや専務取締役就任。同年7月代表取締役社長就任、2000年4月社長を退任したが経営再建のため同年12月より再度社長に就任し、債務超過脱却、累積損失の一層、当期利益黒字化と7年連続経常増益を果たす。2003年から外食産業で初めて日本経営品質賞に挑戦し、2005年度日本経営品質賞を中小規模部門で受賞。2001年1月、株式会社ロッソえびすやは株式会社J・アート・レストランシステムズに社名変更。2008年〜名古屋商科大学大学院マネジメント研究科客員教授。2004年〜07年名古屋商科大学大学院マネジメント研究科講師。日本行動計量学会会員、日本経営品質学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

その仕事は利益につながっていますか?

経営数字の「見える化」が社員を変える
最も利益が上がる経営手法とは、全社員に経営について発言権を与え、財務状況を公開すること。
自ら赤字会社の工場長として負債を抱えて工場を買い取った著者が、全社員に財務諸表を公開して経営者意識を持たせ、劇的な業績回復を果たした体験に基づき、全員参加経営が成功するためのルールを説く。

つぶれかけていた会社が、解雇ゼロで売上30%以上アップ!復活の秘密は、社員全員が利益を上げる方法を知ったことにあった。「実際にやってみたら会社が変わった!」フォーチュン500企業から中小企業まで全米1500社が、著者の工場を訪れて学んだ「経営革新ゲーム」とは。「オープンブック・マネジメント」のバイブル復刊。

その仕事は利益につながっていますか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 利益を上げる方法をなぜ社員に教えるのか/第2章 マネジメントの神話/第3章 ときめきの勝利感/第4章 全体図が見えれば意識改革はできる/第5章 経営数字を社員全員にオープンにする/第6章 標準を定める/第7章 誉めるよりボーナスを/第8章 年間計画を練る/第9章 会議に数字を持ち寄る/第10章 全社員がオーナーになる

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
スタック,ジャック(Stack,Jack)
ミズーリ州スプリングフィールド・リマニファクチャリング・コーポレーション(SRC)の社長兼CEO。1948年生まれ。20歳の時、父が勤めていたインターナショナル・ハーベスター社のメルローズパーク工場に社内郵便配達として入社。その後さまざまなポストを経て、1979年に30歳で同社スプリングフィールド工場の工場長となる。その4年後、12人の管理職仲間とともに倒産しかけていたハーベスター社から工場を買い受け、SRC社を設立。莫大な負債からみごとに蘇らせ、急成長を遂げる

神田房枝(カンダフサエ)
日本女子大学英文学科卒業。日本航空に入社、国際客室乗務員として内閣総理大臣特別便等を担当。留学のため退職、渡米し、イェール大学大学院にて東アジア学修士号、博士号を取得。その後、ボストン大学講師、ハーバード大学ポストドクトラルフェローとなり、その間に数々の国際学会発表、学術記事出版を行う。ハルピン工業大学に留学経験もあり、英語の他に中国語も堪能である。現在、ニューヨーク郊外在住。米国エグゼクティブボイス社アジア部門ディレクターとして活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

利益は「率」より「額」をとれ!

なぜ、コンビニ弁当は「大量廃棄」を前提にしたほうが利益が最大となるのか。調達・購買の最前線で活躍する現役のバイヤーだからこそ指摘できる、利益について考えるときの「落とし穴」をストーリーで紹介する。常識の裏側にある、利益最大化のカラクリと、実際に利益を最大化するための逆説的発想も解説。

利益は「率」より「額」をとれ!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現役バイヤーが現場で見つけた、利益最大化のための6つの「逆説的」方法。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜソニーは、アレだけの売上げがあるのに赤字に陥ったのか?/第2章 なぜパナソニックは、1万個で十分な半導体を100万個も買うのか?/第3章 なぜコンビニ弁当は、「大量廃棄」を前提としたほうが儲けが出るのか?/第4章 なぜユニクロは、利益「率」も利益「額」も低いヒートテックで総利益を最大化できるのか?/第5章 なぜマクドナルドは、「赤字商品」ハッピーセットの導入で最大利益をたたき出せるのか?/終章 なぜ日本は、製造業にしがみつくのか?─絶対的な優位性を捨てることで利益を最大化するという逆転の戦略
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
坂口孝則(サカグチタカノリ)
現役バイヤーかつ調達業務研究家。大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。調達、購買、原価企画を担当。バイヤーとして担当したのは200社以上。「ほんとうの調達・購買・資材理論」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

赤字は大きいほうがいい

Winーwinの経営論
経営には、社長の洞察眼と本当のWIN‐WINが必要である─一部上場の赤字企業を立て直した社長が明かす、真の経営論。

赤字は大きいほうがいい

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 赤字は大きいほうがいい(あぶないと言われる会社はつぶれない/目の前にあったのは17億円の赤字 ほか)/第2章 リストラするなら社長を辞めろ(なぜリストラをしなかったのか/景気がよくても人は増やすな ほか)/第3章 安定期こそ危機感をもて(メーカーが忘れてはならない製品開発の原則/なぜ世界No.1でなければならないのか ほか)/第4章 逃げるが勝ちのときもある(シェア100パーセントの事業から撤退した/300億円かけた開発を断念した ほか)/第5章 社長がやるべき最低限のこと(優良企業とはどんな企業か/なぜトヨタを優良企業と呼ばないのか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大坪英夫(オオツボヒデオ)
1934年、東京都出身。1957年、東京大学法学部卒業。株式会社富士銀行を経て、1988年に株式会社東京精密入社。1992年から2003年まで同社社長。その後会長を歴任し、2005年、辞任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

なぜ会社は大きくすると潰れるのか

会社破産の教科書
「行政不況」「行政倒産」に追い込まれるな。「会社破産」の教科書。

なぜ会社は大きくすると潰れるのか

結局社長の力不足を露呈している感じ。
人間を見る目がなかったと回顧しているが全くその通り。
金食い虫を見て見ぬフリをしていたのは社長の責任。
自分も社員としてその体質を変えようと頑張ったが時既に遅しだった事を思い出した。
リストラ組一人だが人生で底辺まで落ちたのはある意味いい経験になった。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 会社を大きくするということ/第2章 会社の上り坂、下り坂、まさか坂/第3章 どんな経営も時の流れには勝てない/第4章 リストラの日々 手を打ったこと/第5章 自己破産へ どうなる!どうする!/第6章 破産するとどうなるか/第7章 再出発

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
不和俊輔(フワシュンスケ)
本名、田中忠昭。昭和17年6月樺太・豊原生まれ。昭和36年3月北海道滝川高校卒業。昭和41年3月早稲田大学第一商学部卒業。田中管工株式会社に専務取締役として入社。昭和63年12月代表取締役社長に就任。平成19年6月田中管工株式会社自己破産(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

未来への競争戦略 コア・コンピタンス経営

未来への競争戦略
リストラやリエンジニアリングでは、21世紀の競争に勝ち残れない。10年後の顧客や業界の姿をイメージし、自社ならではの「中核企業力」(コア・コンピタンス)を強化して未来市場の主導権を握れ!日米で話題を独占したベストセラー、待望の文庫化。

コア・コンピタンス経営

「コア・コンピタンス」については企業人としては知っておかなければないもので、ビジネス書としては読んでおかなければいけない書籍です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 悪循環からの脱却/第2章 未来のための競争/第3章 過去を忘れる/第4章 産業の未来をイメージする競争/第5章 戦略設計図を描く/第6章 ストレッチ戦略/第7章 レバレッジ戦略/第8章 未来への構想を有利に展開する競争/第9章 未来への扉を開く/第10章 コア・コンピタンスを展望する/第11章 確実に競争に勝つために/第12章 考え方を変える

「大吉」式経営者への道 金のない人こそ経営者になれ!改訂版

「大吉」式経営者への道
やきとり屋1000軒の成功事例。わが社と同じ“やってみなはれ”の精神が、この本にはみなぎっている。

金のない人こそ経営者になれ!改訂版

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 経営者へのチャレンジ(サラリーマン生活の将来が見えてしまったら、独立して経営者になれ/最近の中高年リストラサラリーマンの根性のなさには、ほとほとあきれた ほか)/第2章 儲かる店の秘密の法則(狭い小さい店だかりリスクがすくなく儲けが多い/お客さんは入り口からすわってもらうほうがよい ほか)/第3章 居酒屋繁盛の極意ここにあり(「『大吉』は小さなディズニーランドだ」との名セリフ/「大吉」が売るのは、なによりも「満足」である ほか)/第4章 金を残す人間はここがちがう(五千万円の貯金があっても、風呂なしの賃貸アパートに住めるか/二十代で、車や海外旅行のローンを組む人間に金は貯まらない ほか)/資料編 「大吉」のあらまし

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
辻成晃(ツジシゲアキ)
ダイキチシステム株式会社代表取締役。昭和14年、大阪府八尾市生まれ。昭和52年、飲食界情報管理センター設立。翌53年「やきとり大吉」1号店オープン。以後「やきとり大吉」の全国チェーン展開を図る。“150万円で経営者になれる”という独自のシステムにより店舗数を着実に増やし、昭和62年社名をダイキチシステム(株)に変更し、一段と出店を加速。サントリー(株)と業務提携して新しいシステムで新業態を展開する予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

健全な“ドンブリ勘定”のすすめ 経営の大局をつかむ会計

健全な“ドンブリ勘定”のすすめ
財務諸表をアバウトに見るだけで、次の戦略が見えてくる楽天、ソフトバンクはなぜ何期も赤字を続けても成長するのか?ソニーはなぜ行き詰まったのか?トヨタ、セブン‐イレブン…、大企業はすでに金融業になっている。経理マン、会計士が絶対に教えてくれない経営戦略のための会計学。

経営の大局をつかむ会計

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 リーダーに必要な“ドンブリ勘定”(リーダーに欠かせないのは情報リテラシー/行動力も情報発信能力 ほか)/第2章 会計情報で世の中を鳥瞰する(利益ランキングで時代が見える/日本トップの企業ランキングを読む ほか)/第3章 ビジネス・モデルを大まかに読む(組織マネジメントとは/経営はストックの拡大再生産プロセス ほか)/第4章 会計で会社を立て直す(財務リストラとは/税金が払えなかったヒット漫画家 ほか)/第5章 ビジネスプランをラフに描く(「儲け方」をデザインする/暗算で貸しビル投資にチャレンジ ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山根節(ヤマネタカシ)
1973年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。’74年公認会計士第二次試験合格、監査法人サンワ事務所(現トーマツ)入社。’77年公認会計士資格取得。’82年慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了後、コンサルティング会社を設立、代表となる。’94年慶応義塾大学大学院経営管理研究科助教授。’97年慶応義塾大学商学研究科博士課程修了(商学博士)。’98〜’99年米国スタンフォード大学客員研究員。2001年から慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授。専門は、経営戦略、組織マネジメント、会計管理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

エンジェルが著した起業の教科書 投資できる起業 できない起業

国内エンジェル(個人投資家)の草分け、八幡惠介・IAIジャパン理事長がまとめた「起業の教科書」。10年間の投資活動を振り返りながら、投資対象になる起業、成功する起業の条件を明かす。資金繰りや人材確保、ビジネスモデルなどの点で草創期の企業が陥りがちな失敗について多くのページを割いている。「事業計画の見直しをせずに業容拡大」「新卒を育てられず、次々に退職」「必要投資、必要経費のカットで利益創出」など、身につまされる豊富な失敗例が盛りだくさんだ。

投資できる起業できない起業

日本初のエンジェルが教える
本書は、著者の10年間のエンジェル活動を詳細にまとめている。これまで実際に投資した経験、特に失敗体験から、投資できる起業、成功する起業について解説。資金繰りだけでなく、人材探しや経営戦略までさまざまな注意点をあげている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
なぜアメリカでは起業が盛んなのか?/日本初のエンジェルになるまで/日米での成功事例/大切な資本政策/すべてはキャッシュフロー/エンジェルの世界/成功するビジネスモデルの作り方/なぜその起業は失敗したのか?“安易な起業”編/その起業はなぜ失敗したのか?“マンパワー不足”編/失敗の原因を検証する/創業リスクあれこれ/起業家に求められるガバナンス/成功への最終ステップ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
八幡惠介(ヤワタケイスケ)
1934年、兵庫県生まれ。国際エンジェル連盟(IAIジャパン)理事長。大阪大学工学部卒業後、日本電気入社。シリコントランジスターおよび集積回路の設計開発に従事する。1981年、電子デバイス事業拡大のため、NEC Electronicsの本拠をシリコンバレーに置き、社長に就任。85年LSI Logic本社副社長、95年アプライドマテリアルズ本社上級副社長、97年ザ・フューチャー・インターナショナル有限会社を設立。2000年、IAIジャパンを設立し現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。