望みの人生を実現する単純だけれど重要なこと

22カ国で翻訳された50万部ベストセラー。『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則』発展編!ホームレス寸前からベストセラー作家へ!劇的成功を収めた著者の秘訣がここにある!!理想の人生を実現する「7つの鍵」。

望みの人生を実現する単純だけれど重要なこと

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 目標を持つ/2 大きな力にゆだねる/3 自分を信じる/4 豊さに心を開く/5 人生に責任を持つ/6 気持ちの余裕を持つ/7 貢献する

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ドノヴァン,ジム(Donovan,Jim)
アメリカの著述家。個人および企業を対象として、成功のためのセミナーを開催、講師をつとめる。彼が常に情熱をこめて説いているのは、「夢とゴールを定め、自分の人生は自分でつくろう」ということである。自らの体験に根ざした「成功の法則」は多くの人々の人生を実際に変容させ、支持を受けてきた。雑誌や新聞の連載、ラジオやテレビのトークショー出演などで活躍中。著書は世界各国で翻訳されベストセラーになっている。ペンシルヴァニア州在住

桜田直美(サクラダナオミ)
翻訳家。1969年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出世はヨイショが9割

全国のホワイトカラーの皆さん!サラリーマンの「王道」を歩んでみませんか。夢は大きく、「社長になる」。家庭円満、遊びもこなす。成果主義、リストラ、賃金の頭打ち…働く環境は大きく変わりましたが、そんな会社を颯爽と駆け抜ける新サバイバル術を伝授します。格差社会だからこそ、「正社員」の地位を守り、「サラリーマン道」を極めるのです。

出世はヨイショが9割

まじめにデータを駆使してサラリーマンを様々な角度からあぶりだした労作。世渡り術はじめたしなみのノウハウが満載。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 なぜ「ヨイショ」なのか/第1章 ライバルに仕事で差をつけるための法則/第2章 スキルアップの心得/第3章 家庭円満が出世につながる/第4章 仕事で成功するには「遊び」で気分転換も必要/第5章 サラリーマンの達人は老後をエンジョイする

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
門倉貴史(カドクラタカシ)
エコノミスト。1971年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。横浜銀行のシンクタンクの浜銀総合研究所、第一生命経済研究所などを経て、2005年に独立してBRICs経済研究所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

君を幸せにする会社

大学在学中に公認会計士試験に合格し、30万部ベストセラー『会計のことが面白いほどわかる本』を26歳で生み出した俊英・天野敦之の新境地!ベストセラー執筆後、証券会社の投資銀行業務を経て外資系コンサルティングファームで活躍する著者が、理想と現実の狭間で暗中模索の末に気づいた“働くことの本当の意味”を、寓話に託して表現する意欲作。目先の利益を追求するばかりで誰も幸せになれない私たちの社会の行き着く先を見据え“ビジネスや企業の新しいあり方”を提示する。

君を幸せにする会社

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 苦悩/第2章 気づき/第3章 変化の胎動/第4章 本当に大切なこと/第5章 ビジネスにおける真理

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
天野敦之(アマノアツシ)
1975年生まれ。一橋大学商学部経営学科卒業。大学在学中に公認会計士第二次試験に合格。その後、同三次試験に合格し、公認会計士登録。大学卒業後、コンサルティングファーム勤務を経て、証券会社の投資銀行部門でM&Aや資金調達のアドバイザリー業務、グローバルマーケッツ部門で地域金融機関への提言業務に従事。その後、公認会計士天野敦之事務所を設立し、財務会計の視点から、人の幸せと企業の利益を両立させるためのアドバイスを提供。多くの企業の業績改善を実現している。現在は、コンサルティングファームに復帰し、従来の競争戦略・分析的アプローチを超えた、共生・全体的アプローチにもとづくコンサルティングのあり方を模索している。また、チベットサポート・チャリティセミナーの開催、歌手やヨーガ講師など異業種とのコラボレーションセミナーの開催など、公認会計士の枠を超えさまざまな分野で意欲的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愚直さが成功を手繰り寄せる アホは神の望み

遺伝子研究の第一人者による“アホ論”。本書では、「どんなときも明るさを失わず、愚直なまでに信念を貫き通す人」を敬意を表してアホと呼び、その事例として遺伝子研究で成果を上げた著者自身のほか、エジソンやアインシュタイン、疑問視する周囲の声をよそに通信事業参入を決めた京セラ創業者・稲盛和夫氏らの名前を挙げる。スピードや効率だけの経営では必ず行き詰まり、最後に残るのは自分に対して真面目に生きる経営者、という指摘に勇気づけられる人も多いだろう。

アホは神の望み

素直で正直、器が大きなアホであれ!バイオテクノロジーの世界的権威がたどり着いた究極の知恵。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ アホが世界を変える/第1章 鈍いけれど深い生き方/第2章 陽気であきらめない心/第3章 愚か者こそ幸せ者/第4章 くさらない、おごらない、屈しない/第5章 アホは神の望み

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
村上和雄(ムラカミカズオ)
1936年生まれ。筑波大学名誉教授。63年、京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。同年、米国オレゴン医科大学研究員。76年、米国バンダビルト大学医学部助教授。78年、筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取り組む。83年、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子の解読に成功、世界的な業績として注目を集める。96年、日本学士院賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ゲイツを輩出した一家の秘密

世界的企業家はいかにして作られたのか。米マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツが育った家庭環境を実父が明らかにする。

ゲイツは子供のころ、乱読派だった。図書館で本を借りるとすぐに読み終え、次の本を借りる。年中これを繰り返し、夕食時にも本を広げるほど読書に没頭した。

そして、そこから学んだ知識を基に「世の中はこうなっているに違いない」「こんなことができるはずだ」などと、家族の前でよく自説を披露していたという。

旺盛な好奇心と探求心を育んだのが、ゲイツ家のこんな習慣だ。

「夕食時に知らない言葉が出たら、かならず家族のだれかがそばの書斎に行って巨大な辞書をひらいて調べ、言葉の定義を読み上げた。この習慣はトレイの心に、わからないことがあってもどこかにこたえが存在するという考えを刻みつけた。わからないことがあれば、ひたすらこたえを探し出せばいいのだと」(ゲイツは家族に「トレイ」と呼ばれている)。

本書では祖父母や姉、妹のことにも深く触れているが、企業家としてのゲイツに最も影響を与えたのは、やはり父である筆者だろう。

「これまで世界がどうであったのかではなくどうあるべきなのかを中心に据えて考える。(中略)わたしはずっと、そういうふうに生きようとしてきた」という父の述懐などは、「ウィンドウズ」を世界中に広めたゲイツの事業をどこか想起させて興味深い。

人生で大切に...

人生で大切に...

価格:1,890円(税込、送料別)

松下幸之助 成功のために大切なこと

自分を知り素直な心を持てば道はひらける!「経営の神様」がみずからの体験をもとに説く、思い通りの人生と最高の成果を手にするコツ。

成功のために大切なこと

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1話 真の使命を悟る/第2話 家康は家康、自分は自分/第3話 雨が降れば傘をさす/第4話 私の初商売/第5話 二軒のぜんざい屋/第6話 なめてみて初めて分かる辛さ/第7話 心を打たれた“ある車夫の心意気”/第8話 素直な心で自力を判断する/第9話 治に居て乱を忘れず/第10話 われ、人、ともに繁栄する
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松下幸之助(マツシタコウノスケ)
パナソニック(旧松下電器)グループ創業者、PHP研究所創設者。明治27(1894)年和歌山県に生まれる。9歳で単身大阪に出、火鉢店、自転車店に奉公ののち、大阪電灯(株)に勤務。大正7(1918)年、23歳で松下電器を創業。昭和21(1946)年には、「Peace and Happiness through Prosperity=繁栄によって平和と幸福を」のスローガンを掲げてPHP研究所を創設。平成元(1989)年に没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ミリオネア・マインド大金持ちになれる人

自己啓発の意味で購読しました。経済的に成功するための心の持ち方・考え方が紹介されており、読んでいるだけでも前向きな気持ちにありました。内容を少しずつ実行して、ポジティブに生活したいです!

ミリオネア・マインド大金持ちになれる人

資産ゼロから2年半で億万長者となった「お金のカリスマ」こと、ハーブ・エッカーが教える大金持ちになる秘訣。「お金の設計図」と17の「ミリオネア・マインド」で、金持ちになれる人とお金に縁のない人の違いを解き明かす。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
年収、資産状況、運命さえも左右する「お金の設計図」。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1 金持ちになれる人、お金に縁のない人―この「お金の設計図」が決め手!(「お金」と「心」の不思議な関係―なぜ多くの人がお金に縁のないまま一生を終わるのか?/あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」―「五分あれば、あなたの将来の経済状態は予測できる」)/2 あなたも大金持ちになれる!17の「ミリオネア・マインド」(金持ちになれる人は「人生は自分で切り拓く」と考える―お金に縁のない人は「なぜか、こんな人生になってしまった」考える/金持ちになれる人は「成功と富」をめざす―お金に縁のない人は「暮らしに困らないレベル」をめざす/金持ちになれる人は「絶対に金持ちになる」と考える―お金に縁のない人は「金持ちになれたらいいなあ」と考える/金持ちになれる人は「大きく考える」―お金に縁のない人は「小さく考える」/金持ちになれる人は「チャンス」に注目する―お金に縁のない人は「障害」に注目する ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
エッカー,ハーブ(Eker,T.Harv)
全米一のマネー・コーチとして高く評価される。資産ゼロから、たった2年半で億万長者に変身した秘訣「ミリオネア・マインド」を広めるセミナーを全米各地で開催。「金持ちだけが知る秘密」がわかると、アメリカ国内はもとより、全世界から参加者が詰めかける。これまでに25万人以上がセミナーに参加し、多くの成功者、大金持ちが誕生している

本田健(ホンダケン)
神戸生まれ。経営コルサルティング会社、会計事務所、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。卓越したコンサルティング手法により、多くのベンチャー起業家を育てる。娘の誕生をきっかけにビジネスの第一線をしりぞき、セミリタイヤ生活に入る。執筆活動の他、「お金と幸せ」に関する講演、カウンセリング、セミナーなどを不定期に行なっている。著作シリーズは、世界中の言語に翻訳されつつある。現在、アメリカ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ユダヤ人大富豪の教え

タイトルからすると「お金」の話だけのように見える。確かにお金の話も出てくるが、本題は「いかにして幸せに成功するか」である。明確な目標や、正しい夢や考え方を持ち、幸せな成功に向かって着実に行動する。同じような内容はあちこちの本にも書いてあるが、この本は非常に読みやすく、頭に入りやすい。また実行してみたくなる。とても良い本だと思います。お勧めです。

ユダヤ人大富豪の教え

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「お金の話なのに泣けた」「この本を読んだ日から人生が変わった」…アメリカ人の老富豪と日本人青年の出会いと成長の物語は、これからの人生を豊かに生きていくヒントに満ちあふれ、大きな反響を呼んでいる!「お金の法則を学ぶ」「失敗とうまくつき合う」「スピーチの天才になる」「人脈を使いこなす」「自分のビジネスをもつ」などなど、成功力がつく。
【目次】(「BOOK」データベースより)
衝撃的な出会いと最初の試練/社会の成り立ちを知る/自分を知り、大好きなことをやる/ものや人を見る目を養い、直観力を高める/思考と感情の力を知る/セールスの達人になる/スピーチの天才になる/人脈を使いこなす/お金の法則を学ぶ/自分のビジネスをもつ/アラジンの魔法のランプの使い方をマスターする/多くの人に気持ちよく助けてもらう/パートナーシップの力を知る/ミリオネア・メンタリティを身につける/勇気をもって決断し、情熱的に行動すること/失敗とうまくつき合う/夢を見ること/人生がもたらす、すべてを受け取る/最後の試練―ビジョン・クエスト
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
本田健(ホンダケン)
神戸に生まれる。経営コンサルティング会社など、複数の会社を経営。育児セミリタイヤ中に書き始めた著作シリーズは、一五〇万部を超え、海外でも翻訳されている。現在、アメリカ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする

言葉や態度によって相手の心を傷つける精神的な暴力=モラル・ハラスメント。この「見えない暴力」が職場において日常的に行われれば、逃げ場を失った被害者が深刻なダメージを受けるのはもちろんのこと、会社組織自体も多大な損失をこうむり、知らず知らずのうちに危機的状況に陥っていくという。どんな社員が狙われやすいのか?どのような職場環境ではびこるのか?経営者や管理職は何をすればよいのか?自分の身を守るにはどうしたらよいのか?不当なリストラや組織ぐるみの不祥事があとをたたず、いたるところでモラルの低下が叫ばれている昨今、すべての働く人にとって必読の書である。

モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする

上司が自分ばかり責める。自分はダメな人間なのか?
そんな悩みを抱えてる人は一読の価値あり。
すっと心が軽くなるかもしれません。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 職場におけるモラル・ハラスメント(モラル・ハラスメントではないもの/モラル・ハラスメントであるもの ほか)/第2部 モラル・ハラスメントの実態にせまる(どんな人が被害にあいやすいか/モラル・ハラスメントを分類する ほか)/第3部 心と身体への影響(一般的に見られる症状/心的外傷に関係する症状 ほか)/第4部 システムと個人―モラル・ハラスメントの二大要素(モラル・ハラスメントが行われやすい環境/モラル・ハラスメントに関わる人々 ほか)/第5部 モラル・ハラスメントにどう対処すればよいか(仲介者が不可欠/予防する ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
イルゴイエンヌ,マリー=フランス(Hirigoyen,Marie‐France)
精神科医。1978年、パリのサン・タントワーヌ大学医学部で医学博士の学位を取得し、1979年に開業。その後、アメリカとフランスで犯罪被害者学を学んだのをきっかけに、モラル・ハラスメントの研究にたずさわる。1998年に刊行された前著『モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない』(邦訳:紀伊国屋書店)はフランスではもとより世界13カ国で翻訳されるベストセラーとなり、それ以後、被害者の心のケアにつとめるかたわら、モラル・ハラスメントの専門家として各地で講演やセミナーを行っている

高野優(タカノユウ)
1954年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。フランス語翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

悩んでいる方に、是非読んでもらいたい!ザ・チョイス

TOCの制約理論から派生して、「人と人との関係」や「ものごとはシンプルである」など視点の置き方や周りの人との関係をどのように築き進めるのか等について書いています。
The Goalや制約理論を知らなくても、問題なく読めます。会社で人間関係などに悩んでいる方に、是非読んでもらいたいと思います。

ザ・チョイス

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今日の企業は、高度に複雑化している。だが、複雑なシステムの中でも、本当に重要なことはいくつもない。「何が本当に重要か」を見極めることができれば、短期間に企業は著しいパフォーマンスの向上を成し遂げることができる。本書では、ゴールドラット博士と娘エフラットとの会話を通じ、「ものごとは、そもそもシンプルである」「人はもともと善良である」という二つの信念の根本的なあり方を説明することで、あらためて深遠な思考に基づいたアプローチを提唱している。
【目次】(「BOOK」データベースより)
二つの選択肢/ゴールドラット・レポート あらためて、常識とは何か/なぜ、当たり前のことができないのか/ものごとは、そもそもシンプルである/矛盾と対立/信念を行動に/調和/ゴールドラット・レポート 決して、わかったつもりになるな/ウィン‐ウィン/機会はいくらでもある/ゴールドラット・レポート 販売期間の短い製品/限界なき可能性/明晰な思考とトートロジー/ゴールドラット・レポート コンフォートゾーン(Part1)/人はもともと善良である/ゴールドラット・レポート コンフォートゾーン(Part2)/感情、直感、そしてロジック/フリーダム・オブ・チョイス
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ゴールドラット,エリヤフ(Goldratt,Eliyahu M.)
イスラエルの物理学者。1948年生まれ。『ザ・ゴール』で説明した生産管理の手法をTOC(Theory of Constraints:制約理論)と名づけ、その研究や教育を推進する研究所を設立した。その後、TOCを単なる生産管理の理論から、新しい会計方法(スループット会計)や一般的な問題解決の手法(思想プロセス)へと発展させ、アメリカの生産管理やサプライチェーン・マネジメントに大きな影響を与えた。2002年、TOCをさらに普及させるために、ゴールドラット・コンサルティング、ゴールドラット・マーケティング、ゴールドラット・スクールからなるゴールドラット・グループを創設

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。