食い逃げされてもバイトは雇うな

角川の「女子大生会計士の事件簿」から著者の文章の書き方が好みです。
最近、簡単・わかりやすいタイトルで惹きつけておいて専門的な内容のものがありますが、これは内容もわかりやすい。小中学生も楽しく読めるのではないでしょうか。
ノベルズよりも簡単に読めてしまいました。著者が「1時間で読めるよう…」とのことなのでバッチリですが、物足りなさを感じる方も少なくないようですね。
電車の乗車時間が短い私には、本の内容も厚みも重さも手軽で好みなのですが

食い逃げされてもバイトは雇うな

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「数字が嫌い」「数字が苦手」「数字なんて見たくもない」そんな人でも正しい訓練をすれば、数字は誰でもうまくなる。数字がうまくなれば、インパクトや説得力のある文章が書けるようになるだけではなく、ビジネスにも強くなります。1時間で読めて一生効果がつづく「数字&会計の入門書」。
【目次】(「BOOK」データベースより)
イントロダクション 「Web2.0」『ゲド戦記』がすごい本当の理由―数字のルールはたったの4つ/第1章 今日は渋谷で6時53分―数字がうまくなるための技法/第2章 タウリン1000ミリグラムは1グラム―ビジネスの数字がうまくなる/第3章 食い逃げされてもバイトは雇うな―会計の数字がうまくなる/第4章 決算書の見方はトランプと同じ―決算書の数字がうまくなる
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山田真哉(ヤマダシンヤ)
公認会計士。1976年兵庫県神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、大阪大学文学部史学科卒業。24歳のとき、公認会計士二次試験に合格。26歳のとき、170万円をかけて自費でブックファンドを使って出版した会計ミステリー小説『女子大生会計士の事件簿』(英治出版)が大ヒット。27歳で中央青山監査法人(当時)を退所し独立。28歳でミリオンセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社新書)を出版。2005年度の書店新風賞を受賞し、流行語大賞の候補に。公式サイト「山田真哉工房」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

寝るだけで夢がかなう仕事術

より多くの仕事をこなすために、あなただったらどうしますか?
 ・食事の時間も仕事!
 ・土日も休まず仕事!
 ・寝ないで仕事!
恐らく多くの方が、これに近いものを挙げられるのではないでしょうか。
中でも睡眠時間を削って「寝ないで仕事!」という方は1番多いかもしれません。
本当にそれしか方法はないのでしょうか?
いいえ、毎日、ぐっすりと寝て、仕事も効率的にこなせるという方法が実はあるのです。
その鍵を握るのは脳。脳に対して私たちは「寝る5分前」に、あることをするだけで驚くほど仕事力がUPします。
何をどうするのか?そして、その効果といい結果を導く理由は本書をご覧ください。
きっと、明日からはしっかりと寝て、確実に多くの仕事がこなせるあなたがいますよ!

寝るだけで夢がかなう仕事術

寝ている間も、脳は大切な活動をしているから睡眠時間はしっかりとらなければならない、というのは説得力があった。レストランで注文を出すように、寝る前の自分の脳に注文を出す、という考えが面白かった。寝る前にひと手間かけることによって、翌日の効率をあげることができる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 それでもあなたは、まだ、睡眠時間を削って働きますか?/第2章 人はなぜ眠るのか?/第3章 寝ている間に、人は成長する/第4章 寝ている間に、仕事ができる自分になる/第5章 寝ている間に、新しい自分になる/第6章 眠りの達人になる/巻末付録 夢をかなえる手帳台紙・SCAMPER+

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中井隆栄(ナカイタカヨシ)
経営コンサルタント。株式会社サピエンスマネジメント代表取締役社長。1962年京都市生まれ。同志社大学経済学部卒業。18歳で大学に通いながら、2000万円を借り入れて飲食店経営を始め、店を大成功させる。卒業後、東京・南青山のアルファ・キュービック・インターナショナル(株)「renoma」を担当。27歳で京都に戻って父の飲食業の会社を継ぐ。順次リストラし、現在は「安全・健康・おいしさ」をコンセプトに「ワイン&自然派和食はんな」等を経営。35歳の時、不動産管理会社を経営していた叔父が急病になり突然、社長に。全くの素人から2年半で管理棟数を約20倍に増やし黒字化。現在は社長をリタイアして顧問に。40歳の時に5社の社長を兼務しながら(社)京都青年会議所の理事長を務め、同時期に京都府・京都市の公職を約40職を歴任。41歳で経営コンサルタントとしてデビュー。多くの会社や店舗を経営してきた「実績」プラス「心理学」と「大脳生理学」をベースにした独自の経営論を展開。現在は、多くの中小企業の経営者に経営理念から戦略・戦術を指導するかたわら、「幸せな成功」を目指す人々のために全国でセミナーや講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

副業はサラリーマン

年収3000万円資産1億円超を実現した私の投資法
リストラで職場が殺伐としていくなか、株式・不動産投資によって年収3000万円、資産1億3800万円を実現。経済的独立、精神的脱サラによって、サラリーマンとしても自信を取り戻した投資家の楽しくてタメになる実践手記。

副業はサラリーマン

サラリーマンとして、何か漫然とした不安とか不満を持っている人は一度読むことをおすすめします。経済的自立ということを意識できるようになるだけでも随分違ってくると思います。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 日本的サラリーマン人生にさようなら/第1章 サラリーマン事業収入30%、投資運用収入70%/第2章 加速度錬金術、株式投資を考える/第3章 私のお薦めはバリュー株投資/第4章 今すぐできる!カンニング投資法のすすめ/第5章 株の利益は中古ワンルームマンションへ/エピローグ セミリタイアも夢じゃない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石川臨太郎(イシカワリンタロウ)
1954年長野県生まれ。本業は「自分だけが顧客の資産運用者、コラムニスト」。副業は某金融機関勤務のサラリーマン。85年から株式投資を、87年からワンルームマンション投資を実践。2002年仕事のストレスからうつ病になり休職したのをきっかけにサラリーマンの「副業化」を決意。「経済的独立ワクワク!サポーター」を肩書きと定め、サラリーマン仲間の経済的独立を支援する活動を開始。自らのホームページを持つほか、NPO法人イノベーターズ・フォーラムの公式サイトで“個人投資家による個人投資家のためのクラブ”である「億の近道」の掲示板、居酒屋「億近」の2代目店長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

がんばらないで成果を出す37の法則

アライアンス人間関係術
なぜあの人はいつも「デキル」と評価されるのか?大失業時代にリストラされないのは、資格や学歴がある人より、助けてもらえる人。『アライアンス仕事術』の著者が語る、東大でもハーバードでも教えない逆説的成功論。

がんばらないで成果を出す37の法則

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 21世紀はアライアンスビジネスパーソンの時代/2章 誰でもできるアライアンス・コミュニケーション術/3章 誰も教えてくれなかったアライアンス人脈術/4章 ワンランク上のアライアンス人間関係術/5章 ワンランク上のアライアンス仕事術(実践編)/がんばらないで成果を出す37+1の法則/おススメ書評メルマガ&書評ブログ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
平野敦士カール(ヒラノアツシカール)
株式会社ネットストラテジー代表取締役社長、ハーバードビジネススクール招待講師、沖縄大学大学院非常勤講師、CNETアルファブロガー。おサイフケータイのクレジット発案者(Mastermind)として世界的に著名であり、「ミスターおサイフケータイ」の異名もある。米国イリノイ州生まれ。幼少期をアメリカ、カナダで過ごし、いじめに遭う。公立小学校を経て、麻布中学・高校を卒業。東京大学経済学部卒業。日本興業銀行にて国際業務・投資銀行業務のマネジャー。1999年NTTドコモに転職、imodeの成長戦略プロジェクトのコアメンバーに。アライアンス推進担当部長としておサイフケータイの普及の責任者を務める。おサイフケータイクレジットを発案し、苦節4年で実現を果たす。同時にベンチャーキャピタルである株式会社ドコモドットコムを発案し、当時の社長を1年間説得して設立。ベンチャー投資を実行し、約4年間で100億円以上の利益を上げる。2006年米国ハーバードビジネススクールやMITの教授とともに戦略系コンサルティング会社MPDに参加。ITベンチャー企業の専務を兼務。07年ハーバードビジネススクール最年少准教授とともに戦略コンサルティング会社である株式会社ネットストラテジーを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

リストラ御免!超営業マン心得帖

さあ今こそ、持てるパワーを発揮する時だ営業マンの底力をみせて、明るい未来へと邁進しよう!永年、第一線で活躍してきた著者が全ての営業マンたちに心を込めて送る応援歌!経営者にも一読の価値あり。

リストラ御免!超営業マン心得帖

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ネタ探しとタネ蒔きには常に気を配れ/第2章 ダメもと思考は、超営業マンへの第一歩/第3章 実績至上主義でぶら下がりマンから脱却せよ/第4章 まずは自分を押し売りすることが営業の基本/第5章 自分にプレッシャーをかけまくれ/第6章 自分を売り子という名の自営業者に徹底せよ/第7章 テーマを持っていれば、この不況も君を見捨てない/第8章 心身ともに健康を保つことは、自分のため、人生のためである/第9章 営業マンたるもの、独自の堂々としてた話術を身に付けろ/第10章 営業の中に何か楽しみを見つけよう/第11章 営業マンを支えてやろう/私の営業体験(成功例/失敗例)

リストラがあなたを襲う 前向きに立ち向かうために

前向きに立ち向かうために
人生の中で挫折と裏切り・失望を、企業社会の中で身をもって体験し、それに憤りを感じ何とかしたいとあがき、時には耐えて、あきらめそうになった中での管理職ユニオンという労働組合に出会った人々のリアルタイムの記録である。

リストラがあなたを襲う 

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 突然の退職勧奨(本社集約構想の失敗/一年に200人がリストラ解雇 ほか)/2章 いじめ・配転・降格(役職定年者への減給と出向/人事制度改定による30%以上の減給 ほか)/3章 若者・女性の会社内トラブル(同僚との関係を理由に退職勧奨/精神的に追い詰め退職を迫る ほか)/4章 労働者の権利とは(労働者の権利/労働組合は自分の意志で選ぼう! ほか)

リストラされないための自己診断

勝ち残るためのチェックリスト100
21世紀にあなたは生き残れるか!激しいリストラの嵐の中でも、自己診断で自分のスキルをチェック・向上させよう。そうすれば万一のリストラにも明るい再就職が待っている。「週刊朝日」に取り上げられた『リストラされないための自己診断100問』の原典。サラリーマン必読の自己診断テストと自己学習の具体的ヒント集。

リストラされないための自己診断

【目次】(「BOOK」データベースより)
基礎編(時間管理の達人になる/計画管理の達人になる/コミュニケーションの達人になる/問題解決の達人になる/利害関係の衝突を解消する達人になる ほか)/上級編―主として部下を持つ管理職の方へ(自分の部門の方針を示す/現状を打破する/部下の活動をやりやすくする/部下にやる気を起こさせる/手本を示す ほか)

感情の法則を理解する 感情暴走社会

ささいなことで突然怒り出す人がちまたに増え、メディアも扇情的にニュースを報道する。感情がのさばる「感情暴走社会」に突入したというのが、精神科医である著者の指摘だ。他人との衝突を避けるためには、感情のコントロール法を知らなければならない。自分の感情を直接コントロールすることはできないが、「30分間、別のことをする」「状況や感情を紙に書く」などの行動を取れば、間接的に感情を制御できるという。経営者自身、また社員の心の安定を図るうえで参考になる。

感情暴走社会

大声を出す。殴りつける。必要以上に文句を言う…。ささいなことでキレる大人が増えている。感情を剥き出しにすると、人間関係を壊し、仕事をダメにし、なにより自分を傷つけてしまう。それでも怒りの感情を抑えきれずにぶつけてしまうのはなぜなのか。感情のコントロールは容易ではないが行動の制御はできる、と行動心理の専門家として著者は説く。また、モノの見方=認知しだいで感情はコントロールできる、とアドバイスしている。脳科学の研究成果は、感情とは何かを明らかにし、心を平穏に保つための方法を発見してきた。ムカッときた後で大声や手を出さないための処方が、本書には満載されている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「感情暴走社会」を生き抜くために/第1章 感情コントロールの基本は「行動コントロール」/第2章 「モノの見方」を変える/第3章 脳科学を使った「感情」へのアプローチ/第4章 「成熟した人間関係」をつくり、活用する/第5章 「心のムラ」を減らして、仕事効率を最大化する/第6章 「人生の変化」に強くなる

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
和田秀樹(ワダヒデキ)
1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学担当)も務める。老年精神医学を専門とし、浴風会病院で高齢者の臨床にも長年たずさわった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

何のために働くのか

人間は得てして楽なほうへと進みたがるが、著者は逆の道を選ぶ。

仕事上で何か目標を立てるときは、普通の人よりも圧倒的に高い目標数値を設定する。「あえて艱難辛苦の道を行く」それが著者の考え方だ。
 
この強い精神力の源は何か。それは、幼少より親しんできた中国古典だという。『論語』から学んだ「信(信頼)・義(正義)・仁(思いやり)」という三つの言葉は、物事の判断基準として、いまでは著者の生き方の根本になっている。
 
人は「何のために働くのか」。冒頭に著者は次のような言葉を記している。「私が『働く』ことに求めてきたのは、そこに生きがいを見つけることでした」―。仕事をしている人、これから仕事をするようになる人すべてに送る、出色の仕事論。

何のために働くのか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どうすれば天職に巡り合えるか、仕事を成功に導く心の持ち方、仕事の達人になるための勉強法、よりよく生きるためになすべきこと、など、若いビジネスマンに伝えたいこと。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人間は仕事の中で成長する(働く目的をどこに求めるのか/いい仕事をする前提にある人間としての成熟 ほか)/第2章 古典が教えてくれたこと(私の精神を形づくってきたもの/古典が私に授けた五つの人生観 ほか)/第3章 あえて艱難辛苦の道を行く(私が金融の世界を目指した理由/難しいからチャレンジする価値がある ほか)/第4章 誰でも仕事の達人になれる(仕事ができる人の考え方を学ぶ/成功するまでやり続ける ほか)/第5章 天命をまっとうして生きる(限りある命だからこそ/使命を求めて生きる ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
北尾吉孝(キタオヨシタカ)
1951年、兵庫県生まれ。74年、慶應義塾大学経済学部卒業。同年、野村證券入社。78年、英国ケンブリッジ大学経済学部卒業。89年、ワッサースタイン・ペレラ・インターナショナル社(ロンドン)常務取締役。91年、野村企業情報取締役。92年、野村證券事業法人三部長。95年、孫正義氏の招聘によりソフトバンク入社、常務取締役に就任。現在、ベンチャーキャピタルのSBIインベストメント、オンライン総合証券のSBIイー・トレード証券、住宅ローンのSBIモーゲージ等の革新的な事業会社を傘下に有し、金融、不動産、生活関連サービスなどの事業を幅広く展開する総合企業グループ、SBIホールディングス代表取締役CEO(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ドラッカー,ピーター・F マネジメント

マネージャとは何か?マネージメントとはどうあるべきか?
企業人なら一度は読んでおきたい必読書です。
マネージャではなくとも、企業で働くとはどういうことか、自分の仕事とは何かを考える上でもとても役に立つ一冊です

マネジメント

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「変化」のときこそ、「基本」を確認しなければならない!ドラッカー経営学の集大成を一冊に凝縮。自らの指針とすべき役割・責任・行動を示し、新しい目的意識と使命感を与える書。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1 マネジメントの使命(企業の成果/公的機関の成果/仕事と人間/社会的責任)/2 マネジメントの方法(マネジャー/マネジメントの技能/マネジメントの組織)/3 マネジメントの戦略(トップマネジメント/マネジメントの戦略/マネジメントのパラダイムが変わった)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ドラッカー,ピーター・F.(Drucker,Peter F.)
ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家として知られる。東西冷戦の終結、転換期の到来、社会の高齢化をいちはやく知らせるとともに、「分権化」「目標管理」「経営戦略」「民営化」「顧客第一」「情報化」「知識労働者」「ABC会計」「ベンチマーキング」「コアコンビタンス」など、おもなマネジメントの理念と手法を考察し、発展させてきた。1909年、ウィーンに生まれる。フランクフルト大学卒。現在、米国クレアモント大学院大学教授

上田惇生(ウエダアツオ)
1961年サウスジョージア大学経営学科、64年慶応義塾大学経済学部卒業後、経団連事務局入局。同国際経済部次長、広報部長、(財)経済広報センター常務理事を経て、現在、ものつくり大学教授、学校法人国際技能工芸機構評議員。「はじめて読むドラッカー」三部作の編集・翻訳ほかドラッカー著作のほとんどを翻訳。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身といわれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。