30年続いた不正の病巣 責任に時効なし−小説巨額粉飾−

巨額粉飾事件で解体したカネボウ。事件の中心人物として逮捕され、その後不起訴となった財務・経理担当常務が事件の全貌を明かす。小説のかたちをとり登場人物や会社名は変えられているが、ほとんどのエピソードは著者が当事者として経験した事実に即したものだ。名門企業に横たわる不正の病巣が、銀行と監査法人の思惑と複雑に絡み合いながら膨張していく様は読み応えがある。欲望の渦と無責任の連鎖。内部の人間でしか書けない事件の過程から学べることは多い。

責任に時効なし

著者は日本を代表する名門企業の常務取締役として巨額粉飾事件に遭遇し、逮捕された。しかし、粉飾に異を唱えていたことが判明、不起訴となって釈放された。その体験をもとに3年の歳月をかけて長編小説として綴ったのが本書。企業崩壊をもたらした組織的粉飾とは何かを明らかにするとともに、著者がもっとも問題にしているのが、粉飾を長年放置してきたにも拘わらず、時効の壁によって不問に付された歴代の経営者たちの責任問題である。法的告発には時効があるが、「責任に時効はない」と著者は訴えるのである。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
嶋田賢三郎(シマダケンザブロウ)
1946年生まれ。関西学院大学経済学部卒業。早稲田大学大学院(商学研究科)修了。鐘紡株式会社(のちにカネボウに社名変更)入社。2000年同社取締役を経て、2002年常務取締役兼常務執行役員・財務経理担当就任。2004年同社退社。1990年税理士資格取得。2002年から合繊の事業構造改革を陣頭指揮し、積年の最大懸案アクリル事業の全面撤収を果たす。さらに化粧品事業の営業譲渡など対外的責任者としてカネボウの再建に身を投ずるも、2005年7月に有価証券報告書虚偽記載の疑いで逮捕。しかし、粉飾に反対していた事実が明らかになって不起訴となる。2008年、『責任に時効なし―小説 巨額粉飾』で小説デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中小企業高度化資金:未収問題 破綻、競売手続き計8組合 /和歌山

中小企業高度化資金:未収問題 破綻、競売手続き計8組合 /和歌山

◇15億円延滞の案件も
多額の未収金が発生している中小企業高度化資金の貸付問題で、破綻(はたん)した組合と競売手続きに入った延滞組合が、計8組合あることが分かった。9日の県議会で、松坂英樹議員(共産)の質問に永井慶一・商工観光労働部長が答弁した。
 
県関係者によると、08年に放棄した約22億円に次ぐ延滞額となる約15億円の案件も、競売手続きに入っている。今議会では、熊野食肉事業協同組合に対する債権約3億3000万円の放棄が提案されている。

同組合からの返済は貸付額の3・5%の約1200万円で、土地建物の売却額も1300万円だった。県によると08年度末現在、同組合を除く延滞組合は27あり、延滞額は約76億2700万円。うち、地域改善対策の対象が20組合。延滞額約60億6700万円で、延滞総額の約8割を占めている。
 
08年に県議会は貸付時や債権回収の問題点の徹底調査や十分な説明を求める付帯決議をした。県は同組合に対する調査結果を公表、「所定の手続きを履行し、連帯保証人らも返済能力がない」としている。

編集後記
「金融大転換」時代を生き抜く実践経済学
まあ、これを読まないで済ます訳には行かないでしょう。中国の部分は賛成できませんが、米国がどうなるかは知っておかないと足元が崩れてから焦っても手遅れになります。

無法バブルマネー終わりの始まり
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

ベストセラー『アメリカ経済終わりの始まり』『世界バブル経済終わりの始まり』に続く第三弾は、近未来の日本中心の世界経済新パワーバランスを預言する衝撃の書

☆なぜ資産運用に勝てないのか 敗者のゲーム新版

株式投資での成功は,銘柄選びよりも,自分の投資スタンスをしっかり固めることが最大のポイントだと信じてます。そのためにはちゃんとした本を読み,学ぶべきことは学んで損はないと思います。この本は有名な投資本で勝ち組投資家の大半は読んでるんじゃないかな?

敗者のゲーム新版
1,600円 (税込 1,680 円)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

投資家に読み継がれる運用哲学の古典!「投資界の常識」をくつがえしたエリスの法則とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1部 資産運用の本質(敗者にならないゲーム/それでも市場に勝ちたいのなら/「ミスター・マーケット」と「ミスター・バリュー」 ほか)/第2部 運用理論の基礎(「時間」が教える投資の魅力/収益率の特徴と中身/リスクが収益を生み出す ほか)/第3部 個人投資家への助言(市場予測の難しさ/個人投資家にとって何が問題か/生涯を通じた投資プランを立てよう ほか)/終章 敗者のゲームに勝つために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

エリス,チャールズ(Ellis,Charles D.)
1937年生まれ。イェール大学卒業後、ハーバード・ビジネス・スクールで最優秀のMBA、ニューヨーク大学でPhD取得。ロックフェラー基金、ドナルドソン・ラフキン・ジェンレットを経て、1972年グリニッチ・アソシェイツを設立。以後、30年にわたり代表パートナーとして、投資顧問会社や投資銀行などの経営・マーケティング戦略に関する調査、コンサルティングに腕を振るう。2001年6月代表パートナーを退任。現在同社取締役、イェール大学基金投資委員会委員長、バンガード取締役。この間、全米公認証券アナリスト協会会長などを歴任

鹿毛雄二(カゲユウジ)
しんきんアセットマネジメント投信社長。1964年東京大学経済学部卒業。同年日本長期信用銀行入行。長銀インターナショナル(ロンドン)副社長、日本長期信用銀行証券運用企画部長などを経て、1993年長銀投資顧問社長。1998年LTCB・UBSブリンソン投資顧問会長。2000年UBSアセットマネジメント会長兼社長。2001年UBSグローバル・アセット・マネジメント会長。2003年6月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

破産は本人申立てでできる!マンガでわかる自己破産

破産は本人申立てでできる!

両親から自己破産の相談が晦日にあったので、急ぎ購入しました。直接両親に送ったので自分では内容をみられていませんが、「分かりやすい」と連絡はありました。

マンガでわかる自己破産

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

正しい知識とノウハウを獲得して、今の借金地獄から抜け出しましょう。

【目次】(「BOOK」データベースより)

序章 マンガでわかる こうしてはまる借金地獄/第1章 借金地獄解決の第一歩!負債の現状分析をしよう/第2章 これだけは押えておきたい!債務整理の法律基礎知識/第3章 簡易判定でわかる!あなたに最適の債務整理方法/第4章 これで安心!自己破産に関する疑問を一気に解決/第5章 これでOK!破産申立書類はこう書こう/第6章 マンガでわかる 裁判所への申立てから免責許可決定まで

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

金森信二郎(カナモリシンジロウ)
1974年生まれ。岡山県出身。日本全国の多重債務相談に応じる実力派債務者コンサルタント。法律作家としても活躍中

金森重樹(カナモリシゲキ)
1970年生まれ。岡山県出身。東京大学法学部卒業。天才的なマーケティング手法で、顧問先の販売する不動産をネットで半年で9億円売るなどの記録をつくる。ビジネスプロデューサー、行政書士、中小企業診断士。コンサルティング会社、不動産会社、法務事務所を経営するオーナーでもある

荘司雅彦(ショウジマサヒコ)
弁護士。1958年生まれ。81年東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行入行、85年野村証券投資信託入社、88年司法試験合格、91年弁護士登録。以来、民事、商事、家事、刑事、倒産処理など、幅広くかつ多数の事件を取り扱うかたわら、複数の行政委員会の委員などを歴任してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

民法の盲点と破産法入門 新・破産から民法がみえる

新破産法に対応した破産法入門書。
民法の勉強を一通り終え、これから破産法の勉強を始めるという人には最適です。
民法で行き詰っている人も一読の価値アリです。

新・破産から民法がみえる

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

民法と破産法のこんなに深い関係…。そこに着目すると、民法の数々の謎があざやかに解けていく。読者の圧倒的な支持を得て版を重ねた旧著を、新破産法に対応して全面的にリニューアル。

【目次】(「BOOK」データベースより)

破産手続の流れ/債権者平等の原則/担保物権/動産売買先取特権/非典型担保―譲渡担保と所有権留保/担保物権の性質/破産と権利能力・行為能力/権利能力なき財団と管財人の第三者性/連帯債務・保証債務/双務契約と同時履行/賃貸借契約/請負契約/債務と免責/租税・共益費用と財団債権/詐害行為取消権と否認権/相殺/平成15年担保・執行法の大改正/倒産法大改正のポイント

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

小林秀之(コバヤシヒデユキ)
1952年石川県生まれ。東京大学法学部卒業、第28期司法修習生、東京大学助手、上智大学法学部教授を経て、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。理論・実務の両面に造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

潟xルニコの倒産は時代の読み違えか?

潟xルニコの倒産は時代の読み違えか?

東京都世田谷区でベビー用品などの卸売業を行っていた潟xルニコが倒産しましたね。民事再生を予定しています。負債総額は30億円です。

結論から言いますと潟xルニコでは平成20年には75億円の年商があったのですから、30億円の負債で倒産することは考えにくいですね。潟xルニコの倒産について詳しく検証してみましょう。

潟xルニコはベビーカー、保育器具、衛生材料(ガーゼ・おむつカバー)、マタニティ用品、ベッド、玩具、食器などベビー用品に関するものであればありとあらゆるものを扱っていたのです。

量販店・百貨店や小売チェーンなどを主な取引先として平成10年には101億円の年商があったのです。しかし、近年の景気の悪化や少子化によって売上が減少しましたが、それでも75億円の年商があったのですね。

このときに潟xルニコが経営方針として行ったことは直営店の設立でした。当然経費の削減にも取り組みましたが、慣れない直営店の展開が思うように利益を出すことが出来ず、さらにいままでの取引先であった量販店・百貨店や小売チェーンが潟xルニコの経営方針に疑問を持ち次第に取引量が減少していったという経緯もあります。

正直に言って潟xルニコのように30%の売上減少で倒産とは本当に経営基盤が弱いですね。昭和30年に創業した潟xルニコにしては内部留保という言葉がなかったのではないでしょうか。潟xルニコに限らず決算書に欄に内部留保という項目を作られることをお薦めします。

潟_ッチェスの倒産から考えること

潟_ッチェスの倒産から考えること

神奈川県厚木市でファンデーションの製造を行っていた潟_ッチェスが倒産しましたね。

潟_ッチェスは昭和15年に創業した老舗のファンデーション製造業者でした。ブラジャーを中心にガードル、ショーツなどを取り扱うファンデーションメーカーで、潟_ッチェス独自のブランド「ダッチェス」「ミセラン」を展開して、量販店での販売を中心に、通販なども行っていました。

潟_ッチェスではピーク時の平成5年には86億円の売上があったのです。しかし、景気の後退から消費が低迷し、価格競争なども起こり売上は減少の一途をたどったのです。平成14年には2億8400万円の赤字、平成15年には4億9100万円の赤字に陥りました。

潟_ッチェスでは経営の合理化を断行して、人件費の削減などで何とか平成16年には黒字にしたものの、平成17年には再び赤字に転落したのです。そこで不動産の売却をしてなんとか黒字の決算書を作成することができましたが、平成19年には子会社の整理などに伴う特別損失があり5億7000万円の赤字になりました。

平成20年には売上が9億8000万円にまで落ち込んで、金融機関からも見放され資金繰りに行き詰っての倒産です。

潟_ッチェスでは平成14年からずっと赤字体質であったのですから、本当であればもっと早く手を打つべきだったのでしょうね。なぜ、このように赤字体質から抜け出すことが出来ないのか、あるいは負債が大きくならないうちに廃業を検討しなかったのかと悔やまれますね。

3年連続で赤字になれば再建は無理だと言われています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。