「長寿企業」日本一の京都府 秘訣は「過去の成功体験に縛られない」

創業から100年以上の「長寿企業」の割合が最も高い都道府県は京都府であることが、帝国データバンクの調査でわかった。京都府内で創業100年以上の企業は1023社あり、法人・個人経営を含めた企業全体(約2万6000社)に占める割合は3.82%と全国トップになった。

帝国データバンクは「古くから独自の文化を育み、多くの企業を輩出してきた京都は、時代を超えた価値観を守るだけでなく、進取の気風を大切に、変革を恐れない土壌が企業存続の背景にある」とみている。京都からは京セラ任天堂ワコールなど、存在感ある企業が生まれているが、長寿の秘訣と関係があるのかもしれない。

上場企業で最も創業古いのは「松井建設」
調査は帝国データバンクが収録する全国約130万社の企業データベース(2010年8月時点)を基に、初めて集計した。京都府に次いで長寿企業の割合が高かったのは新潟県と山形県で、同率の3.35%。以下、島根県(3.33%)、長野県(3.14%)、滋賀県(2.98%)、福井県(2.93%)、三重県(2.69%)、富山県(2.60%)、福島県(2.54%)と続いた。

創業100年以上の企業は全国に2万2219社あり、このうち上場企業は347社。創業が確認できた企業のうち、最も古かったのは、寺社仏閣建築の「金剛組」(大阪市)で、西暦578年。「聖徳太子が四天王寺建立のため百済から招いた工匠が始祖」という。2位は生け花教授で著名な「池坊華道会」(京都市)で587年、3位は老舗旅館の「西山温泉慶雲館」(山梨県)で705年。最古参ベスト10のうち、京都府の企業は3社を占め、最多だった。上場企業に限ると、最も創業が古いのは「松井建設」(東京都)の1586年だった。

創業100年以上の2万2219社を都道府県別に単純に集計すると、絶対数が最も多いのは東京都の2058社。以下、愛知県1211社、大阪府1080社、京都府1030社、新潟県1011社と続き、創業が古い企業ほど大阪府や京都府に多い傾向がわかる。

京都府の場合、創業500年以上も3社
京都府の場合、創業から100〜110年が292社で、約3割が明治後期に誕生しているが、200年以上が122社、500年以上も3社あるなど、歴史の厚みを感じさせる。

京都には現在も、京セラ、ローム日本電産など電機部品メーカーを中心に、世界でも競争力のある企業が存在する。任天堂、ワコールなどもある。ある電機メーカーの関係者は「京都の企業が強いのは、敢えて東京から離れ、伝統ある京都に拠点を置きながらも、絶えず世界のライバルと競争しているからだ」と解説する。京セラなど戦後に誕生した新興企業も多いが、存在感では東京の企業に負けていない。

帝国データバンクは企業存続の秘訣を「変化への対応力」と結論づけている。「多くの戦乱や産業構造の変化など、困難を乗り越える原動力は、事業の本筋を守りながらも、過去の成功体験に縛られず、変化を恐れない姿勢に集約できる」という。景気の先行きが不透明で、産業構造が変化する今こそ「京都の長寿企業に学ぶべき点は多い」と指摘している。

編集後記
日本経済新聞で連載中の「200年企業──成長と持続の条件」を文庫化。創業200年を超える企業は国内に3000社余りもある。なぜこれほど長く生き抜くことができたのか、その秘けつを探る。例えば200年企業の2割は現在の業種と創業時の事業が異なる。このことから、革新性や変化への対応力が長寿の一条件だと分かる。

200年企業

不況で倒産が相次ぐ一方で、日本には創業200年を超える企業が3000社以上もある。江戸時代から現代まで生き抜く長寿企業が、伝統を守りながら、変化に合わせリスクに挑む秘密をルポ。人気連載、ついに文庫化。

事業拡大のステップは正しいか?

勢いや焦りで行動しない

「勢いや焦りで2店舗目の出店を計画していないか?」と、問い直してください──。 飲食店の若手オーナーに向けたこの指摘は、ほかの分野の経営者にもそのまま当てはまる。「出店」を「新事業」「販路拡大」などの言葉に置き換えれば、よくある失敗の構図が浮かび上がる。事業拡大のステップを焦ると、リスクを増やすだけで、利益を失う。

 事業を拡大していくには、オーナーの意識改革が欠かせない。それは飲食店の場合、2店舗目を出すとなった時点で、「店長」から「経営者」へと意識を変えることだ。

 なぜなら、店舗が増えれば、1つの店でスタッフとともに汗を流す時間は減る。ここで「自分の想い」を伝える努力を怠ると、スタッフの気持ちは離れてしまう。

「スタッフに問題を感じたら、まず自分の行動を反省する」。自問自答することは、失敗回避に役立つ最もお金のかからない方法である。

1店舗目で成功したオーナーはなぜ2店舗目で失敗するのか

同じ飲食に携わりながら、1店舗だけの店長と2店舗以上の経営者では、やらなければならないことも心構えも明らかに異なります。いわば2店舗目は1店舗目の延長ではなく、“進化”の果てにあるのです。飲食をビジネスと捉え2店舗目を多店舗展開のワンステップとみなすオーナーのために、新店を軌道に乗せ、繁盛店に引き上げる具体的ノウハウを実体験にもとづきながら解説します。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 人の10倍苦労したからこんな繁盛店が作れた!/1章 「なぜ2店舗目を出店するか」を整理すれば出店時期が見える/2章 店長とオーナーの違いを明確にし、自分自身をステップアップする/3章 2店舗目経営に欠かせない人の育て方とチーム作り/4章 2店舗目の準備は社内の体制づくりから/5章 物件選びで取り返しのつかない失敗をしないために/6章 特徴のあるお店を作る業態開発のアイデアとヒント/7章 お店の将来を左右する資金のかしこい調達法/8章 自分や自店に不足する部分は外部の力で補う

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山川博史(ヤマカワヒロシ)
株式会社ワイズクルー・コーポレーション代表取締役プロデューサー。1971年長崎生まれ。23歳で飲食業界に入る。27歳で独立。2年間で5店舗を出店したものの、契約先の経営者が失綜し高額の債務を負う。資金繰りのためにサラ金から融資を受けるが、経営は回復せず2店舗を廃業。残った3店舗の再生・活性化を図り、独自に飲食オペレーションシステムを蓄積。その実績が不動産開発・飲食店展開を行う企業などから評価され、新規出店や業態開発などのプロデュース業務の委託件数が増える。現在は、美川憲一レストランプロジェクト、銀座パノラマプロジェクト、老舗料亭とのコラボレーションによるつゆしゃぶ専門店のほか、出店場所のロケーションを活かしたレストランや居酒屋、バルなどを東京・大阪を中心に10店舗展開。飲食店・商業施設のプロデュースや講演会なども行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

失敗防止策は十分か?

あらゆる事態を考え尽くす

畑村洋太郎氏はベストセラーとなった『失敗学のすすめ』(講談社)の中で、世の中の様々な失敗を分析し、その原因を10種類に大別した。無知、不注意、手順の不順守、誤判断、調査・検討の不足、制約条件の変化、企画不良、価値観不良、組織運営不良、未知──。

 これらのうち経営者が注意しなければいけないものは何か。答えは「すべて」であろう。組織運営不良など経営者に特有の問題だけでなく、無知や不注意といった初歩的なミスも安易に考えることはできない。これを防止する手立てを用意し、社員に徹底させなければ、会社を守れないからだ。

『社長のための失敗学』の「少し長い『あとがき』」で、畑村氏は経営判断のミスについて、次のように指摘している。

「『思いもしないことが起こる』というのは、正しくない」
「社長たる者、事が起こる前にあらゆる事態を考え尽くす」
「自分自身で外から見た視点を持つことが大切である」

社長のための失敗学

本書は、企業経営者の失敗事例を本人の体験談の形で収録したものに、著者が「失敗学」の立場から事例分析を付し、「経営における失敗」の体系化を試みたものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 経営者の失敗の原因を分類する/1章 未熟さゆえの蹉跌/2章 企画検討の杜撰さがアダに…/3章 「こんなはずではなかったのに」という事態が出現して…/4章 失敗はすべて社長のせいである/5章 未知との遭遇/少し長い「あとがき」 『社長のための失敗学』について

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
畑村洋太郎(ハタムラヨウタロウ)
1941年生まれ。東京大学大学院機械工学修士課程修了。日立製作所勤務を経て、東大に移り教授に。2001年に退官し、現在は同大学名誉教授および工学院大学教授。畑村創造工学研究所代表。工学博士。専門は、ナノ・マイクロ加工、創造的設計論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


観光カリスマ塾:遠野で国交省が来月実施 人材育成へ集中講義 /岩手

地域の観光振興を担う人材を育てようと、国土交通省が取り組む「観光カリスマ塾」が10月25日から2日間、教育旅行をテーマに遠野市内で開かれる。応募は10月5日まで。
 
国交省は02〜05年、地域のリーダーとして観光地づくりに成功した人材を「観光カリスマ」として全国で94人を認定。観光カリスマ塾ではカリスマが講師を務め、集中的に成功のノウハウや活動の仕方を講義、観光施設での実地研修を通じて身につけてもらう。今年度は10、11月に遠野市のほか熊本県阿蘇市など9道県で開催される。
 
遠野市では、07年3月に閉校した市立大出小中学校を改修し、交流拠点施設として今年6月にオープンした「遠野早池峰ふるさと学校」や、カッパの伝説が残る伝承園のカッパ淵(ふち)などを会場に開催。「子どもたちの笑顔が地域を変える」と題し、カリスマに認定された東北観光推進機構の教育旅行アドバイザー、小椋唯一氏ら2人が講演する。
 
受講料は無料だが、開催地までの交通費、宿泊費などは自己負担。募集は20人程度(先着順)。問い合わせは国交省東北運輸局観光地域振興課(電話022・380・1001)。

編集後記
奇跡のバリアフリー観光誕生の秘密
車イスの青年に恋した少女が、青年に気に入られようと動くたびに奇跡が起きた。人を動かし、町を動かし、行政を動かし、とうとう国まで動き出す。

恋に導かれた観光再生

物言う若者が認められる社会がそこにはあったのですね。このような観光再生はすべての地域に広がればいいのにと思うのと同時にそのような視点を持つこと、気がつくことの大切さを知りました。

姫路でインタビュー講座−新宮運送社長・木南一志さん招く /兵庫

コミュニティースペース「納屋工房」(姫路市本町)で9月14日、播磨で活躍する人を紹介するインタビュー講座「百人の哲学」が開かれた。

播磨地域で活躍する人の中から100人にスポットを当て、人生哲学や経営哲学などをインタビュー形式で紹介する同講座。今回は、新宮運送(たつの市)社長の木南一志さんをゲストに迎え、「心のこもった仕事をする」をモットーに生きる木南さんの哲学に迫った。

木南さんは1959(昭和34)年生まれ。流通経済大学卒業後、大手運送会社に勤務。その後家業を継ぐべく新宮運送へ入社。1989年に物流部門を別会社に分離して社長となり、昨年にエコドライブコンテストで最高賞である環境大臣賞を受賞。オフィスで大量に発生する不要ペーパーを効率的に処理し、トイレットペーパーに再生して届ける「世直しREリサイクル」などの独自事業も展開する。

ツキを呼ぶ「トイ...

ツキを呼ぶ「トイ...

価格:680円(税込、送料別)



講座では、社長就任以来毎日続けているという木南さんの人生を変えた「トイレ掃除」について紹介したほか、毎日社内で行っている清掃活動と安全輸送のできるプロドライバーとの関係、木南さんの幼少時代や人生に対する考え方などに触れた。

講座の内容は、今月25日地元のコミュニティーFM「FM GENKI」で放送する。放送時間は23時〜24時。

ビワマスを使った料理「湖魚膳」−守山の食材店、刺身と西京漬けで提供 /滋賀

滋賀産の食材にこだわる専門店「びわ湖の恵本舗」(守山市)が9月1日より、ビワマスを使った料理「湖魚膳」を提供している。

「滋賀県の食材を使って全国にアピールしたい」と近江米のパフ米が入った生キャラメルや滋賀産のモモやウメを使用したジャムなど滋賀県の食材を使った商品を多数開発する同店。創業1年足らずで商品化した数は20種類以上。今回は同社社長の渡辺明子さんが「以前、漁師さんにいただいたビワマスがあまりにおいしく、『本当にびわ湖の魚か』と思うほど衝撃を受けた。近江牛に匹敵するブランドになるはず」と確信し考案した。

ビワマスはびわ湖にのみ生息するサケ科に属する淡水魚で、成魚の全長は40〜50センチほど。県水産課の担当者によると「ビワマスを滋賀のブランド食材とするために昨年より南郷水産センターに細胞内の水やうま味をそのまま閉じこめる冷凍技術を導入した。日持しにくく流通には乗りにくかったビワマスが年間通して供給できるようになった」という。

湖魚膳は「びわ鱒の刺身」「びわ鱒の西京漬」の2種類を用意する。刺身は「ビワマスの味をそのまま味わうことができる。舌の上でとろけるほど柔らかく、トロ以上のおいしさかも」と渡辺さん。西京漬けは「ほんわりと甘い西京味噌がビワマスに染み込んで上品な味わい。脂がしっかりのっていてパサパサ感がなくしっとりとしている」と渡辺さん。ランチで来店し「びわ鱒の刺身」を食べ終えた男性客は「初めてビワマスを食べたが、こんなにおいしい魚はだったとは知らなかった。ショウガじょうゆとの相性が最高」と驚いた様子を見せた。価格は1,200円で、ご飯・季節の煮物が付く。

渡辺さんは「今後、滋賀県のブランド食材として多くの人に味わってもらい知っていただければ」と期待を寄せる。

営業時間は10時〜18時。「びわ鱒の西京漬」は電話注文も受け付ける(10月以降は同店ホームページからインターネット注文も可能)。

編集後記
平成17年の時の斎藤一人さんお弟子さんの講演会の本です
素晴らしい良い本です お弟子さんたちのCDは聞いたことがある方もあると思います。
でも今回のには未公開CD「いつも斎藤一人もうひと花」がついてます 楽しいですよ ありがとうございます 感謝してます

幸せの道

「売れるもの」をつくる技術!利益思考

「良いもの」ではなく「売れるもの」をつくる技術。自分と会社の価値を最大化する思考術がここに。グロービスの人気教授が初めて体系化。

利益思考

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 利益の本質を理解する(利益思考とは何か/「利益=売上げーコスト」構造で考える ほか)/第2章 より大きな利益を生むビジネスとは(より大きな価値を生むには「事業評価マトリクス」で考える/競争優位性とは何か? ほか)/第3章 利益思考でビジネスを発想する(新たな利益を生み出すには、発想力が重要/発想力を上げるために、まず自分の発想の癖を知る ほか)/第4章 利益思考で考えるビジネスモデル(利益思考におけるビジネスモデルの重要さ/お金の回収方法を決める課金モデル ほか)/第5章 利益思考で実際に利益を手にする(ビジネスモデルをプラン(事業計画)に落とし込む/プランから現場のオペレーションへ ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
嶋田毅(シマダツヨシ)
グロービスメディア事業推進室マネジング・ディレクター。グロービス経営大学院教授。累計110万部を超えるベストセラー「グロービスMBAシリーズ」(ダイヤモンド社)のプロデューサーも務める。グロービス経営大学院や企業研修において事業創造、ビジネスプラン、経営戦略、マーケティング等の講師、自社課題アクションラーニングのファシリテーターも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

図解利益を生み出すビジネス手法と事例108

東京理科大の社会人大学院で「目からうろこ」と大人気の授業を一挙公開。ビジネスの現場で筆者が経験してきた共通の成功要素を、明日の仕事からすぐに役立つ“利益を獲得するビジネスの知恵”として体系化している。大学や企業の優れた「技術」や「発想」をいかに「利益の出るビジネスに結びつけるか」という技術経営(MOT:Management of Technology)を、理論ではなく、「Management of Thinking」としてとらえ、「お客様・経営者・社員・出資家など、いろいろな人の考えをマネジメントするのでお金になる」という考え方で、経営者・営業・技術・人事など幅広い分野のビジネスの知恵を紹介する。

図解利益を生み出すビジネス手法と事例108

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 情報化時代のMOTの本質/第2章 “利益”を生むビジネスへの工夫/第3章 “人”を活用するマネジメント/第4章 人物評価とその利用法/第5章 ビジネスの創出とプランニング/第6章 営業心理学の活用/第7章 MOT流のネットビジネス手法/第8章 ビジネス事例/第9章 あなたならどうする?―まとめのための練習問題/資料 ビジネスのケーススタディ
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
児玉充晴(コダマミツハル)
1953年(昭和28年)大阪生まれ(本籍は鹿児島県)。1978年(昭和53年)京都大学工学部電子工学科大学院修士課程卒。同年日本電信電話公社(現NTT)に入社、主に企業通信関係ビジネスを担当。1991年(平成3年)ハーバード大学ビジネススクール卒(PMD)。1988年(昭和63年)NTT発明考案社長表彰受賞。1985年(昭和60年)〜87年(昭和62年)電子情報通信学会東海支部庶務幹事、名古屋工業大学情報工学科大学院非常勤講師。2002年(平成14年)〜日本大学グローバルビジネス研究科非常勤講師、中部大学客員教授。2005年(平成17年)〜東京理科大学総合科学技術経営研究科(MOT)客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レバレッジ・リーディング

ビジネス書は、成功者の体験やノウハウを短時間で疑似体験できるツールであり、その多読こそが最高の自己投資である。現在、コンサルティング会社を経営する著者が、ビジネススクールで身につけ、さらに進化させた読書術を紹介。
コンセプトは「多読」である。速読とは違う訓練不要の読書法である。月間に500冊の新刊といわれる氾濫するビジネス書の中から読むべき本を選び出す。
1日1冊で年間400冊を読破し、ビジネスで成功するためのノウハウを紹介。本の選び方、書評とのつきあい方、書店の利用法、時間術、実践に活かすための読書後の活用法など。著者のおすすめブックリスト付き。
読書は最大の自己投資である。1日1冊で年400冊を読破し、ビジネスでリターンを得るノウハウを、ビジネス書の探し方から、読了後のフォローまでを解説する。

レバレッジ・リーディング

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ビジネス書の多読とは何か?―100倍のリターンをもたらす究極の読書術(一五〇〇円が一五万円になる!/ビジネススクールで発見した「多読術」 ほか)/第2章 本探しは投資物件選び―ビジネス書の効率的スクリーニング術(投資の手法を本選びに応用する/目的を明確にする ほか)/第3章 一日一冊、ビジネス書を戦略的に読破する―訓練不要であなたの読み方が劇的に変わる(本を読む目的を明確化する/カラーバス効果とは? ほか)/第4章 読んだままで終わらせるな!―反復と実践によって一〇〇倍のリターンを獲得せよ(最重要な読書後のフォロー/読後フォローをシステム化する ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
本田直之(ホンダナオユキ)
シティバンクなどの外資系企業を経て、営業支援アウトソーシング業のバックスグループの経営に参画。経営戦略、IT戦略、IPO、IR担当の常務取締役として2001年にJASDAQへの上場に導く。現在、レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役として、東京、シリコンバレー、ハワイのベンチャー企業に資本・経営参加し、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。バックスグループ取締役顧問、日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレートアドバイザーズアカウンティング取締役を兼務。明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校経営学修士(MBA)。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

肩寄せ生き残れ…「ハマ横丁」オープン1カ月、古いビル借り上げ11店が軒連ねる/横浜

JR横浜駅西口そばにたたずむ古い3階建ての飲食店ビルがにぎわっている。地元飲食店主が集まった「ハマ横丁」(横浜市神奈川区鶴屋町2丁目)。ビル1棟を借り上げて家賃負担を抑え、他店の料理も頼める出前サービスを打ち出して客を逃さない。「古き良きヨコハマ」をコンセプトにオープンして約1カ月。大手居酒屋チェーンがひしめく激戦区で肩を寄せ合い、生き残りを図る。

営業するのは11店。1階は庶民的な飲み屋が集まる「野毛」をイメージし、焼き肉や海鮮バーベキューの店が入居。2階は「本牧」をイメージに、カウンターを備えた店が集まる。

店の間を隔てる仕切りはほとんどない。3階のライブスペースのあるバーに出演するバンドが店内を演奏して回ることも。「昭和の雰囲気。安いし、楽しい気分になる」。初めて訪れた会社員女性が笑顔を見せた。

飲食店「成功と失...

飲食店「成功と失...

価格:1,575円(税込、送料別)



きっかけは昨年12月。周辺は居酒屋チェーン店が低価格を競う。個人店の中には独力で切り抜けられず、閉店に追い込まれるところも出てきた。大手の看板ばかりが目立ち、飲食店街の個性がなくなりつつあることも個人店主を嘆かせた。

「複数の店が集まることで全体の利益を確保しよう」。イタリア料理店「Yours」のオーナー牧野利彦さん(50)の呼び掛けに、8人が集まった。古くから野毛や本牧で営業する名物店も視察し「歴史を引用しながら、新しい横浜らしさを打ち出そう」と決めた。借り手のつかなかった古いビルに7月30日、「横丁」が開店した。

どの店も価格帯は1人2千〜2500円程度。メニューを限定し、仕入れ費用を抑える。15〜30平方メートルごとの店舗を効率的に配置し、家賃負担も軽いという。

「安売りはしないが価格は低いため、お客さんは見事にハシゴしてくれる」(牧野さん)。9月からは1店1品に限り、ビル内の他の店からも注文できるようにした。横浜の飲食店を盛り上げたいと思って参加したという「浜印水産」オーナーの奥山毅さん(40)は「競争相手はビルの外。一体となって付加価値を高めたい」と話した。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。