借金社長のための会計講座

教科書では教えてくれない!超リアルな決算書の読み方
世の中はキタナイ決算書だらけ!「別表」「内訳書」「資金繰りマトリクス」「返せないのをわかっててお金を借りろ」…など、なかなか聞けない話が満載!「税理士は教えてくれない!」「銀行員は知らない!」超リアルな会計講座実況中継。

借金社長のための会計講座

中小企業経営者にはお勧めできる。確かに、大企業以外の経営、財務の本質的なことが書かれているとは思う。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 キタナイ決算書とキレイな決算書─誰も教えてくれない!不思議な中小企業の決算書(借金のある経営者へ/大企業の話はしません! ほか)/第2章 会社の闇─会計本では教えてくれない!別表と内訳書とは?(なぜ、倒産したのか?/償却前利益 ほか)/第3章 誰でも会社の資金繰りがわかる方法─資金繰りマトリクスならヤバさがわかる!(銀行員もわからない!/2年分 ほか)/第4章 一応、ルールを学ぼう!─面倒なら読み飛ばしてもいい!会計のルール(ルール/これが損益計算書 ほか)/第5章 返せないのをわかってて借りる!─いくら借りていくら返すのが正しいのか?(このままでは借金を返せない?/借金返せるのか? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小堺桂悦郎(コザカイケイエツロウ)
バブル景気といわれた1980年代後半から金融機関の融資係として過ごし、その後、大手税理士事務所に転職。金融機関での経験から、税理士事務所在職中のほとんどを顧問先の銀行対策を含めた資金繰り重視のコンサルティング業務に専任する。2001年末に独立し、2002年4月(有)小堺コンサルティング事務所を設立し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

会社を変える経済が変わる 事業再生って何だろう?

会社を変える経済が変わる
倒産は企業の死滅ではない―法的整理・私的整理の仕組みや投資ファンドの役割をわかりやすく解説。

事業再生って何だろう?

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 会社を変える、経済が変わる/第1章 事業再生って何だろう/第2章 事業再生の仕組み/第3章 法的整理/第4章 私的整理/第5章 事業再生の道具立て/第6章 投資ファンドと事業再生/第7章 産業再生機構と事業再生

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柳川範之(ヤナガワノリユキ)
東京大学大学院経済学研究科・経済学部助教授。1963年生まれ。93年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士。慶応義塾大学経済学部専任講師等を経て、96年より現職。主著に『会社法の経済学』(共編、東京大学出版会、1998年、日経・経済図書文化賞受賞)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

6カ月で収益力が飛躍的に改善する 事業再生プロフェッショナル

6カ月で収益力が飛躍的に改善する
会社が生まれ変わるかどうかは、社員の本気をどこまで引き出せるかにかかっている!赤字に転落した老舗企業を、わずか半年でよみがえらせた驚くべきプロセスを描く迫真のストーリー。

事業再生プロフェッショナル

改革のプロセスが物語り風に書かれてあり、読みやすい

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ いかにして変革への“本気”を引き出すか/第1章 わかっていても変えられない現実/第2章 当事者意識はあるか/第3章 固定観念の巨大な山、埋もれた事実―プロジェクト一週目の軌跡/第4章 問題に気づく管理者、“気づきたくない”管理者―プロジェクト第四週までの軌跡/第5章 加速する行動―プロジェクト第六週までの軌跡/第6章 目標達成を支えるものは何か―プロジェクト第一〇週までの軌跡(1)/第7章 無関心と挫折―プロジェクト第一〇週までの軌跡(2)/第8章 管理者としての“覚悟”―プロジェクト第一四週までの軌跡/第9章 本気と本気がつながりあう―プロジェクト第二〇週までの軌跡/エピローグ 継承すべき価値観

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
清水輝幸(シミズテルユキ)
株式会社日本経営システム研究所主任研究員。戦略実行コンサルタント。ペンシルバニア大学ウォートンスクール(MBA)卒業。外資系コンサルティングファーム勤務を経て現職。「短期的な業績改革に止まらず人材育成に結びつけなければ真の経営改革の成功とは言えない」をコンサルティングの信念としている。卓越した戦略眼と徹底した現場主義で、成果と結果を出すためのマネジメント力の変革を図り、事業再生のプロフェッショナルとして業績不振の事業部・子会社など数多くの企業で業績変革の実現に成功している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

靴下からはじめよう 福助再生!

靴下からはじめよう
民事再生法申請―老舗・福助の復活のため、再生ファンドはいかなるシナリオを描き、いかにして社長を見出したのか?社長となった藤巻幸夫は何を目指し、どう動いたのか?福助再生を主導した二人が、そのビジョンと実践を、熱く真摯に語る。

福助再生!

再生ファンド(といっても色々なタイプがありますが)が、どのようなことをするのか。実際に福助という企業に再生ファンドが入り、藤巻さんという異能の経営者を送り込み、福助と言う超老舗企業を再生していったか、という話。
福助の社員サイドの話ではなく、経営サイド、しかも乗り込んで行った側の話であるという一面性はあるが、活きた題材で、大変に面白い。
少なくとも、両経営者の真摯な姿勢と福助に対する考え方は非常によくわかる。
理屈だけでなく、実践していく様、というよりも実践をどう理屈付けていくか、という、現実のダイナミックさがある。
面白い。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 出会い/2章 復活への3ステップ/3章 仕事の“やり方”を変える/4章 日本発・世界ブランドへ!/5章 生き残るべき老舗の条件/エピローグ たかが靴下、されど靴下

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤巻幸夫(フジマキユキオ)
福助株式会社代表取締役社長。1960年東京生まれ。1982年、上智大学経済学部経営学科卒業、(株)伊勢丹に入社。(株)バーニーズ・ジャパンレディースバイヤー、伊勢丹婦人服第一部にて「解放区」企画・立案・運営、伊勢丹「BPQC」の立ち上げに参加の後、2000年7月、伊勢丹を退社。アパレルメーカーなどを経て2003年10月1日福助株式会社に入社、代表取締役社長に就任

川島隆明(カワシマタカアキ)
福助株式会社前取締役会長。1952年東京生まれ。1976年、慶応義塾大学法学部卒業、日本興業銀行に入行。1979年、ノースウエスタン大学経営学修士号(MBA)を取得。国際営業一部副部長などを経て1999年、興銀証券執行役員。2002年、松木伸男氏とMKSパートナーズを設立、代表取締役に就任。福助、ベネックスなどの再生案件を手掛けた。2004年11月、新たな投資会社カレイドホールディングスを設立して代表取締役に就任。2005年2月、カレイドの第一号案件である大新東株式会社の代表取締役会長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

老舗復活にかける人々の物語 旅館再生

老舗復活にかける人々の物語
星野リゾートほか全国の老舗旅館の復活劇を徹底取材。よみがえった旅館、その再生の内幕。

旅館再生

近年の旅館情勢がわかります。
旅館再生例や板場などの人事事情も簡潔に書いてありますので、旅館経営者や総支配人・支配人クラスが一度目を通してもよいかなと思います。値段も高額ではないので、全てを実践するのではなく、一つか二つでも参考になればよいという方にお勧めです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 日本旅館「再生」の処方箋/第1章 世界に評価される「日本旅館」/第2章 日本旅館は何故、魅力を失ったか―「様式」と「サービス」の固定化/第3章 「旅館再生」に立ち上がった宿の主人たち/第4章 「地域再生」にかけた同志/第5章 星野リゾートの「日本旅館」再生法/第6章 全国の星野リゾート旅館再生現場を歩く―日本旅館は、どうすれば再生するか/第7章 再生への苦悩と理想の姿/まとめ 日本旅館の魅力は「人」にあり

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
桐山秀樹(キリヤマヒデキ)
1954年名古屋生まれ。学習院大学法学部卒。雑誌記者を経てノンフィクション作家に。定年後の海外移住家族をルポした『第二の人生いい処見つけた』(新潮社)でデビュー。旅やホテルに関する著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

病院再生

病院の再生を担当する実務家と医療機関経営の法務を研究する弁護士グループの共著。医療事業をより強靱に再構築する戦略と実行するために必要な法務の知識を網羅。資料編として、医療法人のM&Aに関連する各種契約書類のひな形を多数収載。

病院再生

医療機関向けのファイナンスを考える際の概念を学ぶには的確な書籍と考えます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 医療機関を取り巻くマクロ環境と今後医療機関に必要とされる機能/第2章 医療事業再生の概観/第3章 戦略的医療事業再生の視点/第4章 医療事業再生の手法/第5章 医療機関を取り巻く法規制/第6章 医療機関におけるガバナンス/第7章 医療業界再編の流れと人材育成/資料編

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阿部賢則(アベマサノリ)
1991年東京大学経済学部卒業。富士銀行入行後、1996年より国際医療福祉大学グループで山王病院総務課長、山王分院(現山王メディカルプラザ)事務長など医療の現場に参画。2003年よりA.T.カーニー社(コンサルティングファーム)。現在、(株)ジェイ・ウィル・パートナーズ医療ヘルスケア事業統括パートナーとして病院再生事業に携わる。経済産業省「医療経営人材育成事業ワーキンググループ」委員(事業戦略担当)、文部科学省委託事業「医療機関における実務マネジメント人材育成プログラム」実施委員を務める。東京青年医会賛助会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「会社のアカスリ」で利益10倍!

問屋の社員ですが、大変勉強になりました。製造部門をもつ会社としては、素晴らしい内容だと思います。単純にシステムの見直しだけでなく、社員のモチベーションの維持、増進にも注力されている。また、環境対策についてが主軸であり、今読むべき一冊です。

「会社のアカスリ」で利益10倍!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
会社のアスカリ=環境経営は、徹底したムダの削減で会社に埋まった利益を掘り起こす。キャノン電子社長として実践してきたアカスリのノウハウを、オフィス、工場、設計・調達、物流、社員に分けて具体的に指南。環境経営の実践的教科書。
【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「環境経営」は一石三鳥を実現する/環境経営の実践1 オフィス―まず、個人のゴミ箱をゼロにする/環境経営の実践2 工場―「不良品の削減」が環境と利益に直結する/環境経営の実践3 設計・調達―リデュース(発生抑制)が最も重要/環境経営の実践4 物流―もっとも多く「利益」が埋まっている/環境経営の実践5 社員―全社員に「当事者意識」を持たせる方法
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
酒巻久(サカマキヒサシ)
1940年、栃木県生まれ。67年キャノン株式会社に入社。VTRの基礎研究、複写機開発、ワープロ開発、総合企画等を経て、96年、常務取締役生産本部長。99年、キャノン電子社長に就任。環境経営を徹底し、6年で利益率10%超の高収益企業へと成長させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「分からないことはお客さまに聞け」の落とし穴

私が修行時代を送った会社は急成長していました。その過程では、好んで「偉大なる素人集団」という言葉が使われ、「分からないことはお客さまに聞け」という言葉が合言葉になっていました。

急成長企業が、強気の新卒大量採用を行い、さらなる事業拡大を仕掛けていく過程では、ビジネスマンとして多くの社員が未成熟なまま世の中に出ていかざるをえません。圧倒的な商品力を持っていて、商品を理解しさえすれば、フットワークの良い元気な若者たちが拡販することで事業を拡大していくことができる。「若さを売り物に、無邪気に素直に、分からないことは堂々とお客さまに聞いて、前に進め」ということです。

若者ばかりで、いかにも危うい状態で経営せざるを得ないベンチャー企業などでは、それを逆手にとってパワーに変えていくために「分からないことはお客さまに聞け」と言います。

しかし、この戦略は商品力が「圧倒的」で、「誰がやっても売れる」というような状態でなければ成り立たない乱暴な戦略です。お客さまの声を充分反映して商品開発やサービスの見直しに生かしていくために、顧客重視の姿勢をうたう意味で「お客さまに学べ」という掛け声をかける場合がありますが、それと「分からないことはお客さまに聞け」では意味が違います。

お客さまの学びを先取りする
お客さまを超える専門性を持ち、価値のある商品を提供する。それがもちろん商売として正常な状態です。その道の専門家として、圧倒的な勉強量が必要なわけで、それは自分の責任で確保していかなくてはいけないことです。また知識と同じように圧倒的な経験量も必要でしょう。

時として、非常に勉強熱心なお客さまがいて、商品やサービスを提供する側よりも部分的には知識や経験が上回っていることがあります。こういう場合であっても、提供する商品やサービス(コンサルティングなども含めて)の範囲については、お客さまが何に問題意識を持ち、何に興味を持って学ぼうとしているかを察知して、学びを先取りしなくてはなりません。

「分からないことはお客さまに聞け」などというのは、甘え以外のなにものでもありません。プロとしてあるまじきことです。

編集後記
渡邊社長の心を機軸にした、人を思うやさしさにあふれた心に触れ、自分の心もやさしく穏やかな気持ちにさせられました。お勧めです。

地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集めるグループになろう―このミッションを一日に何回も考える。それぞれの事業が「ありがとう」を集める方向に進んでいるか、一日に何回も考える。ワタミの店がありがとうを集めるにはどうしたらいいか。美味しい商品、心のこもったサービス、清潔な店内…これらのことが重なり、お客様は「こんなお店があって本当によかった、ありがとう」と感じてくださる。「ありがとう」を集めようと思ったら、まず働いている私たちの心を「ありがとう」でいっぱいにしよう。自分以外のすべての人に「ありがとうの心」を持つことから始めたい。

「ありがとう」の伝説が始まる時

共感される経営はラブレターから始まる ありがとうノート

共感される経営はラブレターから始まる
その会社には、私たちが忘れかけている「絆(きずな)」があります。経営者からパート従業員までが持っている、ちょっと羨ましいくらいの絆です。その絆を構成するものは「感謝」。その秘密を本書で解明します。

ありがとうノート

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ありがとうのキャッチボール(早朝に「社員と対話」する/日報に対して「ありがとうございます」/他にもっといい方法があったら、教えてください ほか)/第2章 ありがとうは時空を超える(1500キロ離れた秋田県での事業展開の決断/離れていても大切な一員と確認できる指示書/感謝の念は、時空を超える ほか)/第3章 ありがとうの連鎖(ブログからのありがとう/離れて住む家族からのありがとう/ウチヤマタイムズへのありがとう ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三浦康志(ミウラコウジ)
1958年愛知県豊橋市生まれ。愛知大学大学院経営学修士課程を修了後、株式会社日本マーケティングセンター(現在の船井総合研究所)に入社。現在、同社監査役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「ありがとう」の伝説が始まる時 渡辺美樹

渡邊社長の心を機軸にした、人を思うやさしさにあふれた心に触れ、自分の心もやさしく穏やかな気持ちにさせられました。お勧めです。

地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集めるグループになろう―このミッションを一日に何回も考える。それぞれの事業が「ありがとう」を集める方向に進んでいるか、一日に何回も考える。ワタミの店がありがとうを集めるにはどうしたらいいか。美味しい商品、心のこもったサービス、清潔な店内…これらのことが重なり、お客様は「こんなお店があって本当によかった、ありがとう」と感じてくださる。「ありがとう」を集めようと思ったら、まず働いている私たちの心を「ありがとう」でいっぱいにしよう。自分以外のすべての人に「ありがとうの心」を持つことから始めたい。

「ありがとう」の伝説が始まる時

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 もう一歩、あと五センチ、お客様の心に近づこう(三〇〇店舗キャンペーン/目玉商品は人 ほか)/2 やり抜け、迷うな、鈍になりきれ!(ブランド/「夢」を追い、「夢」をカタチに ほか)/3 仕事と思うな、人生と思え(一朗君の夢/三万円の人生 ほか)/4 その行動はワタミらしいか?その仕事はワタミらしいか?(手づくり厨房(集中仕込みセンター)、そしてISO9001へ/ワタミファームに吹く風 ほか)/5 地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集めるために(既存店一〇〇%への戦いが始まった/経営について私が今考えていること/リサイクルセンター稼動へ/ワタミメディカルサービス誕生)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
渡辺美樹(ワタナベミキ)
1959年神奈川県生まれ。明治大学商学部卒業。1984年、「つぼ八」のFC店オーナーとしてスタート。驚異的な経営手腕を発揮し、2000年3月に東証一部上場を果たした。現在、「和民」、「坐・和民」、「和民市場」、「和み亭」、「ゴハン」、「然の家」、「わたみん家」、「T.G.I.Friday’s」などグループ合計で430店舗を展開。外食分野以外の「環境」「農業」「教育」「介護・医療」の分野にも進出。2003年「学校法人郁文館学園」の理事長に就任。2004年「医療法人幸会喜多病院」の副理事長に就任し、病院経営に参画。NPO「スクール・エイド・ジャパン」の理事長でもある。2004年10月に日本経団連理事就任。企業小説『青年社長』(高杉良著・ダイヤモンド社)の実在モデルとしても有名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。