落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために「儲かる仕組み」をつくりなさい

落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために
資金力・人材力に限界のある中小企業が勝ち残るためには、組織を強くする「仕組み」をつくる作業が不可欠だ。この10年に渡り増収・増益を続ける(株)武蔵野を率いる著者が、そのノウハウを豊富な実例を交えて惜しみなく公開する。

「儲かる仕組み」をつくりなさい

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
10年にわたって増収・増益を達成し続けている(株)武蔵野。快進撃の秘訣は「仕組み」にあった!同社代表取締役・小山昇が仕組みづくりのノウハウをあますところなく公開。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人材育成のための仕組みづくり(人材は汗をかいて育てよう/効率的な人材育成には「強制」と「失敗体験」が不可欠 ほか)/第2章 円滑な組織運営のための仕組みづくり(「情報の共有」という言葉を空回りさせないために/業務改善のために必要となる「基礎体力」とは ほか)/第3章 強い経営、強い組織のための仕組みづくり(中小企業の社長として何を自覚しておくべきか/業務の標準化を進めるために ほか)/第4章 効果的なIT活用のための仕組みづくり(失敗しない!IT導入前の基礎知識/ITに拒否反応を示す社員への処方箋 ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小山昇(コヤマノボル)
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒業。1976年、日本サービス・マーチャンダイザー株式会社(現在の武蔵野)に入社。同社退職後、会社経営などを経て1985年に同社に再入社。1989年、代表取締役社長に就任。1999年、電子メッセージング協議会会長賞受賞。2000年度日本経営品質賞受賞。2001年、経済産業大臣賞受賞。また、経産省が推進する「IT経営百選」の2004年度の最優秀賞を受賞した。全国の社長仲間でつくる経営計画研究会主宰。また、全国各地で年間120回の講演・セミナーを行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

図解すっきりわかる利益の出し方

この「情報」「アイデア」をあなたはどう生かす?原価の秘密─それってホントはいくらなの?高利益率の仕組み─そういうことだったのか!薄利多売のカラクリ─その巧妙なしかけ!激安のウラ事情─どこで利益をひねり出す?最新ビジネス事情─これから伸びる会社、伸びない会社。気になる給与─あの会社の社員はいくらもらっている?儲かる会社の「手のうち」を教えます。

図解すっきりわかる利益の出し方

【目次】(「BOOK」データベースより)
PART1 いま注目の会社、話題のお店─儲けのカラクリ(流通の元気印企業/「勝ち組」外食 ほか)/PART2 ライバル対決!─勝つのは?負けるのは?(コーヒーチェーン─「FC」対「直営」/セブン‐イレブンを追撃する2番手グループ ほか)/PART3 勝ち組の秘密は、この「仕組み」にあった!(通信販売/飲食事業も展開の小売チェーン ほか)/PART4 激安がウリ─「価格破壊」でも利益は出る!(安売王と家電量販店の雄/ジーンズ販売 ほか)/PART5 M&A、業務提携、コスト削減…生き残りを賭けた戦い!(流通「負け組」の象徴/総合スーパー ほか)

その仕事は利益につながっていますか?

最も利益が上がる経営手法とは、全社員に経営について発言権を与え、財務状況を公開すること。
自ら赤字会社の工場長として負債を抱えて工場を買い取った著者が、全社員に財務諸表を公開して経営者意識を持たせ、劇的な業績回復を果たした体験に基づき、全員参加経営が成功するためのルールを説く。

その仕事は利益につながっていますか?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
つぶれかけていた会社が、解雇ゼロで売上30%以上アップ!復活の秘密は、社員全員が利益を上げる方法を知ったことにあった。「実際にやってみたら会社が変わった!」フォーチュン500企業から中小企業まで全米1500社が、著者の工場を訪れて学んだ「経営革新ゲーム」とは。「オープンブック・マネジメント」のバイブル復刊。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 利益を上げる方法をなぜ社員に教えるのか/第2章 マネジメントの神話/第3章 ときめきの勝利感/第4章 全体図が見えれば意識改革はできる/第5章 経営数字を社員全員にオープンにする/第6章 標準を定める/第7章 誉めるよりボーナスを/第8章 年間計画を練る/第9章 会議に数字を持ち寄る/第10章 全社員がオーナーになる
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
スタック,ジャック(Stack,Jack)
ミズーリ州スプリングフィールド・リマニファクチャリング・コーポレーション(SRC)の社長兼CEO。1948年生まれ。20歳の時、父が勤めていたインターナショナル・ハーベスター社のメルローズパーク工場に社内郵便配達として入社。その後さまざまなポストを経て、1979年に30歳で同社スプリングフィールド工場の工場長となる。その4年後、12人の管理職仲間とともに倒産しかけていたハーベスター社から工場を買い受け、SRC社を設立。莫大な負債からみごとに蘇らせ、急成長を遂げる

神田房枝(カンダフサエ)
日本女子大学英文学科卒業。日本航空に入社、国際客室乗務員として内閣総理大臣特別便等を担当。留学のため退職、渡米し、イェール大学大学院にて東アジア学修士号、博士号を取得。その後、ボストン大学講師、ハーバード大学ポストドクトラルフェローとなり、その間に数々の国際学会発表、学術記事出版を行う。ハルピン工業大学に留学経験もあり、英語の他に中国語も堪能である。現在、ニューヨーク郊外在住。米国エグゼクティブボイス社アジア部門ディレクターとして活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「人口減少」時代の新しい売り方利益重視型マーケティングBRM 

日本は人口が減少する時代に突入する。今までの売り方は通用しない。本書では、そんな時代に通用する新しい売り方BRMを紹介。簡単ですぐできて、「規模や業種を問わない」ノウハウ&事例が満載。

「人口減少」時代の新しい売り方利益重視型マーケティングBRM 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
BRMは、「人口減少」時代に生き残るための新しい売り方。今までのマーケティングでよく聞く「CRM」や「市場シェア」は、「下から上へ」の発想だったが、BRMでは逆の「上から下へ」の発想でマーケティングを考える。本書では、BRMの考え方から、誰でもできる実践方法を紹介する。
【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 大人のマーケティングの時代/第1章 ブランドがあってもダメな時代に突入した!/第2章 今までのマーケティングでは利益が出ない!/第3章 成功している会社は「上から下へ」/第4章 BRMを実践する二つのステップ/第5章 「上から下へ」のビジネスを展開する方法/第6章 「ほかでもない気持ちよさ」をプロデュースする!
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
桑畑穣太郎(クワハタジョウタロウ)
ジェイコンサルティング代表。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手銀行系カード会社で会員内組織の運営とデータベースマーケティングを実践。その後独立系マーケティングコンサルティングファームを経て、2003年ジェイコンサルティングを発足。自動車・食品・アパレル・化粧品・金融・通信・メディア・流通などの上場企業及び自治体・公益企業の経営・事業・マーケティング戦略、ブランド構築プロジェクトに携わり、これまでの案件数は100を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

成熟した製造業だから大きな利益が上がる

43年連続増収!47年連続増配!超優良企業エマソン

成熟した製造業だから大きな利益が上がる

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
サービス産業化した米国で、しかも成熟産業での製造業で、驚異的にも半世紀にわたって連続増配を続けているエマソンというエクセレントな米国企業を紹介。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本的経営の本当の実力/第2章 経営革新こそ企業が生き残る道/第3章 エマソンエレクトリック創業から110年―成長の道のり/第4章 エマソンエレクトリック8つの成功の鍵/第5章 科学的経営の実践/第6章 日本企業の復活へ!8つの文化革命のすすめ
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山中信義(ヤマナカノブヨシ)
1947年愛知県出身。日本エマソン株式会社代表取締役社長。エマソン社の本社役員、アジアパシフィックのIT担当副社長でもある。また、経済同友会では幹事を務め、対内直接投資拡大に関するプロジェクト委員長、教育の将来ビジョンを考える委員会副委員長などの活動をしている。2003年には企業競争力委員会で副委員長としても活動。さらに経団連、国際経営協会の会員でもある。一方、都内の中学校などで社会人講師として出張授業を行うなど、ビジネス以外の活動も積極的に行っている。1976年米国イリノイ州ディポール大学経営学部卒業。1999年に現在のエマソンに入社する以前、起業家精神旺盛なオムロンと世界的大企業であるGE(ゼネラルエレクトリック)に勤務した。オムロンとGEでの17年に及ぶ海外での豊富な職務経験に加え、マーケティング、企画、事業開発、営業、社長職など多岐にわたって経営に深く関与し、そこで培われた幅広い国際感覚と経営感覚は定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

利益が上がる! NPOの経済学

NPOはボランティア精神にあふれ、持ち出しをしてでも世の中に貢献する集団だと思っていた。
誤解である。
NPOは金をじゃんじゃん稼ぐ手段ともなりうるのであり、実際に人の善意を利用した稼ぐNPOも世の中には存在するのである。
これからはNPOで稼ぐ。
一般社会の盲点をつく面白い本である。
さっそく私はNPOの事業計画の作成をはじめた。

利益が上がる! NPOの経済学

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ボランティア幻想よ、さようなら。儲けなくてどうする、NPO!「失敗しないNPO」のために、まず読んでおきたい本。日本で初めて「NPOの経済学」によるビジネスモデル満載。
【目次】(「BOOK」データベースより)
長いイントロダクション ボランティアという幻想(NPO=非営利組織?/「NPO元年」のあと ほか)/第1章 NPOのビジネスモデルを考える(名古屋のとあるNPOの話から/NPOの経済学 ほか)/第2章 この「ニッチ(隙間)」を狙う(規制緩和とニッチ産業との関係/日本と違うタイ企業の「メセナ」 ほか)/第3章 「寄付市場」を創り出す(淀屋辰五郎と「PFI」/ボランティアとしての寄付 ほか)/第4章 NPO業界の足元を見つめる(「三分の一ルール」を目指すが…/「収益事業」への課税 ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
跡田直澄(アトダナオスミ)
1954年愛知県名古屋市生まれ。学習院大学経済学部卒。経済学博士。大阪大学大学院教授、大蔵省財政金融研究所特別研究員などを経て、慶応義塾大学商学部教授。専攻は財政学、公共経済学、税制、NPO(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

経営戦略を問いなおす

世の大半の企業は、戦略と戦術を混同している。成長第一で事業を拡大したのに何の利益も出なかった、という企業が少なくない。見せかけの「戦略」が、企業の存続を危うくする。目指すべきは、長期で見た利益を最大化することである。それを実現する戦略はマニュアル化になじまず、突き詰めれば人に宿る。現実のデータと事例を数多く紹介し、腹の底から分かる実践的戦略論を説く本書は、ビジネスパーソン必読の書である。

経営戦略を問いなおす

やはり「経営は人次第」ということのようです。企業はやはり、いかに良い人材を集め、育てるかということが最も重要だと改めて感じました。
三品さんは日本企業の経営戦略の不全を訴えている方です。
経営戦略は経営トップの頭の中に有り、優れた経営トップを継続的に生み出す仕組みが、企業成功の鍵との論理を展開しております。一生懸命働いているのに、なぜ日本企業は収益率が先進諸外国に比べて低いのか?その回答の一端がここには有ります。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 誤信(いつでも誰でも戦略?/何が何でも成長戦略?/戦略はサイエンス系?)/第2章 核心(立地/構え/均整)/第3章 所在(戦略は部課長が考えろ?/我が社には戦略がない?/戦略は観と経験と度胸!)/第4章 人材(企業は人選により戦略を選ぶ/傑物は気質と手口で人を選ぶ/人事は実績と知識で人を選ぶ)/第5章 修練(文系学生に送るメッセージ/中堅社員に送るメッセージ/幹部社員に送るメッセージ)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三品和広(ミシナカズヒロ)
1959年愛知県生まれ。82年一橋大学商学部卒業。84年同大学大学院商学研究科修士課程修了。89年ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授等を経て、神戸大学大学院経営学研究科教授。専攻は経営戦略。『戦略不全の論理―慢性的な低収益の病からどう抜け出すか』(東洋経済新報社)で第45回エコノミスト賞、第21回組織学会賞(高宮賞)、第5回日経BP・BizTech図書賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

クレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融に負けない 借金地獄からの脱出法

クレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融に負けない
本書は、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などによる被害者の生々しい体験を紹介するとともに、サラ金CMの問題点、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などの問題点、高金利のサラ金や商工ローンを利用しないで済む公的低利融資制度の紹介、多額の借金を抱えた場合の解決方法と相談窓口などをわかりやすく解説したものである。

借金地獄からの脱出法

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 深刻化するクレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融被害と多重債務問題/第2章 ヤミ金融・商工ローン・サラ金被害者の被害者の体験例/第3章 クレジット・サラ金・商工ローンに負けない債務整理の方法/第4章 個人再生手続/第5章 ヤミ金融・悪質業者対策/第6章 どうしてもお金を借りる必要があるときは

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宇都宮健児(ウツノミヤケンジ)
1946年愛媛県生まれ。1971年弁護士登録、東京弁護士会副会長。全国クレジット・サラ金問題対策協議会事務局次長、東京クレジット・サラ金問題研究会事務局長、日栄・商工ファンド対策全国弁護団(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

倒産寸前企業の復活 正しい借金返済術

倒産寸前企業の復活
「借りた金は返す」ここに中小企業再生のヒントがある。借金返済の手だてはいくらでもあります。中小企業経営者に贈る赤字企業再生の指南書。

正しい借金返済術

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 資金繰り地獄はこうなっている/第2章 羅針盤なき船出/第3章 さあ、どうする/第4章 交渉/第5章 実行/第6章 本当の企業再生/第7章 蘇った人たち/第8章 いつかまた起こることへの教訓

借金の王道

カネを借りるなら、このグレーゾーンを攻めろ!
決算書から見えてくる「貸せる理由」の作り方。

借金の王道

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 銀行だって貸さなきゃ儲からない―借りるなら、いまがチャンス!/第2章 理想的な銀行―勝負は銀行選びから始まっている/第3章 原因と結果―その借り方、間違ってませんか?/第4章 未来計画―カネを引き出す改善計画の作り方/第5章 交渉編―銀行との交渉のやり方・進め方/第6章 実践と応用―事例で読み解く銀行融資/終章 すべてはグレーゾーン

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小堺桂悦郎(コザカイケイエツロウ)
バブル景気といわれた1980年代後半から金融機関の融資係として過ごし、その後、大手会計事務所に転職。金融機関での経験から、会計事務所在職中のほとんどを顧問先の銀行対策を含めた資金繰り重視のコンサルティング業務に専念する。2001年末に独立。2002年4月、(有)小堺コンサルティング事務所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。