商店街通行量調査:宇都宮中心部、平日が休日上回る ギョーザ店など後押し /栃木

宇都宮市と宇都宮商工会議所が共同で実施した10年度の「商店街通行量実態調査」が1日発表され、平日の市中心部の通行者数が調査開始の81年以来、初めて休日の通行者数を上回った。JR宇都宮駅東口のギョーザ店オープンや今秋で開店1周年を迎えたオリオン通りのアンテナショップ、宮カフェの存在が増加を後押ししたとみられる。
 
調査は7月25、26日の2日間で実施。大通りやオリオン通りなど市中心部28地点で午前10時〜午後7時、歩行者数を計測した。歩行者数の合計は09年度調査の19万2481人と比べ、19万2590人とほぼ横ばいだった。
 
中心部の通行量は85年をピークに右肩下がりに減少傾向が続いていた。今年度は休日の通行者数が9万2648人と前年度比4・8%減だった。一方で、平日の通行者数は9万9942人と前年度比5%増となった。

編集後記
危機的状況になる前に経営者が備えておきたい企業再生の“智恵”を数多くの中小企業の再建を手掛けるプロ・川野雅之氏が解説。

過剰債務に負けない中小企業再生の智恵

中小企業支援には、欠かせない知識の一つとして目を通しました。
専門的にやらないと、著者ほどの情報量やノウハウは集まらないので、責任をもってできる業務として確立するのは、まだまだ努力が必要と感じました。
これ一冊で済むという浅い分野でもありませんが、読まないよりは、全然良い。実務にもまずまず役に立ちそうです。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。