共感される経営はラブレターから始まる

共感される経営はラブレターから始まる
その会社には、私たちが忘れかけている「絆(きずな)」があります。経営者からパート従業員までが持っている、ちょっと羨ましいくらいの絆です。その絆を構成するものは「感謝」。その秘密を本書で解明します。

ありがとうノート

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ありがとうのキャッチボール(早朝に「社員と対話」する/日報に対して「ありがとうございます」/他にもっといい方法があったら、教えてください ほか)/第2章 ありがとうは時空を超える(1500キロ離れた秋田県での事業展開の決断/離れていても大切な一員と確認できる指示書/感謝の念は、時空を超える ほか)/第3章 ありがとうの連鎖(ブログからのありがとう/離れて住む家族からのありがとう/ウチヤマタイムズへのありがとう ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三浦康志(ミウラコウジ)
1958年愛知県豊橋市生まれ。愛知大学大学院経営学修士課程を修了後、株式会社日本マーケティングセンター(現在の船井総合研究所)に入社。現在、同社監査役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。