利益を3倍にするたった5つの方法

儲かる会社が実践している!
イトーヨーカ堂で鈴木敏文会長の薫陶を受け、無印良品、ユニクロ、ドラッグイレブンを建て直し、成城石井で指揮を執る「経営のプロ」が、企業再生の奥義を公開。今日から売り上げが、利益が上がる。

利益を3倍にするたった5つの方法

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 経営と現場が一体となってお客様の満足を実現する(お客様は常に正しい/企業価値とはどれだけお客様に満足されているかということ ほか)/2章 仕事を通して現場の人を成長させる(現場が決断できないことを経営者が決断する/六〇%の人を動かせれば、会社は大きく成長する ほか)/3章 重要なことに絞り込んですぐやる(「やったほうがいい」ことはやってはいけない/仕事は優先順位上位一〇%に集中する ほか)/4章 売れる商品を価格を下げないで売り込む(売れる商品を一〇〇個覚えなさい/売り込まなければ、お客様は商品を買ってくれない ほか)/5章 今までのやり方をやめて、構造的に改革する(小売りが流通構造のイニシアティブをとる/小売りとメーカーが一体になると、利益が上がる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大久保恒夫(オオクボツネオ)
成城石井社長・リテイルサイエンス社長。早稲田大学法学部卒業後、1979年、(株)イトーヨーカ堂入社。藤沢店、茅ヶ崎店のダイニング家庭用品担当を経て、81年同社経営政策室経営開発部担当。経営トップ直結の「業務改革」の主要メンバーとして同社の構造改革に取り組む。その経験を活かし、同社退社後もプライスウォーターハウスコンサルティング(株)シニアコンサルタント、(財)流通経済研究所研究員として活躍し、90年7月、(株)リテイルサイエンスを設立。その後、98年ファーストリテイリング(ユニクロ)、2002年良品計画の経営改革を担当し、03年9月〜06年3月まで、株式会社ドラッグイレブンの代表取締役を務める。07年1月、株式会社成城石井の社長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。