寝るだけで夢がかなう仕事術

より多くの仕事をこなすために、あなただったらどうしますか?
 ・食事の時間も仕事!
 ・土日も休まず仕事!
 ・寝ないで仕事!
恐らく多くの方が、これに近いものを挙げられるのではないでしょうか。
中でも睡眠時間を削って「寝ないで仕事!」という方は1番多いかもしれません。
本当にそれしか方法はないのでしょうか?
いいえ、毎日、ぐっすりと寝て、仕事も効率的にこなせるという方法が実はあるのです。
その鍵を握るのは脳。脳に対して私たちは「寝る5分前」に、あることをするだけで驚くほど仕事力がUPします。
何をどうするのか?そして、その効果といい結果を導く理由は本書をご覧ください。
きっと、明日からはしっかりと寝て、確実に多くの仕事がこなせるあなたがいますよ!

寝るだけで夢がかなう仕事術

寝ている間も、脳は大切な活動をしているから睡眠時間はしっかりとらなければならない、というのは説得力があった。レストランで注文を出すように、寝る前の自分の脳に注文を出す、という考えが面白かった。寝る前にひと手間かけることによって、翌日の効率をあげることができる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 それでもあなたは、まだ、睡眠時間を削って働きますか?/第2章 人はなぜ眠るのか?/第3章 寝ている間に、人は成長する/第4章 寝ている間に、仕事ができる自分になる/第5章 寝ている間に、新しい自分になる/第6章 眠りの達人になる/巻末付録 夢をかなえる手帳台紙・SCAMPER+

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中井隆栄(ナカイタカヨシ)
経営コンサルタント。株式会社サピエンスマネジメント代表取締役社長。1962年京都市生まれ。同志社大学経済学部卒業。18歳で大学に通いながら、2000万円を借り入れて飲食店経営を始め、店を大成功させる。卒業後、東京・南青山のアルファ・キュービック・インターナショナル(株)「renoma」を担当。27歳で京都に戻って父の飲食業の会社を継ぐ。順次リストラし、現在は「安全・健康・おいしさ」をコンセプトに「ワイン&自然派和食はんな」等を経営。35歳の時、不動産管理会社を経営していた叔父が急病になり突然、社長に。全くの素人から2年半で管理棟数を約20倍に増やし黒字化。現在は社長をリタイアして顧問に。40歳の時に5社の社長を兼務しながら(社)京都青年会議所の理事長を務め、同時期に京都府・京都市の公職を約40職を歴任。41歳で経営コンサルタントとしてデビュー。多くの会社や店舗を経営してきた「実績」プラス「心理学」と「大脳生理学」をベースにした独自の経営論を展開。現在は、多くの中小企業の経営者に経営理念から戦略・戦術を指導するかたわら、「幸せな成功」を目指す人々のために全国でセミナーや講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。