副業はサラリーマン

年収3000万円資産1億円超を実現した私の投資法
リストラで職場が殺伐としていくなか、株式・不動産投資によって年収3000万円、資産1億3800万円を実現。経済的独立、精神的脱サラによって、サラリーマンとしても自信を取り戻した投資家の楽しくてタメになる実践手記。

副業はサラリーマン

サラリーマンとして、何か漫然とした不安とか不満を持っている人は一度読むことをおすすめします。経済的自立ということを意識できるようになるだけでも随分違ってくると思います。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 日本的サラリーマン人生にさようなら/第1章 サラリーマン事業収入30%、投資運用収入70%/第2章 加速度錬金術、株式投資を考える/第3章 私のお薦めはバリュー株投資/第4章 今すぐできる!カンニング投資法のすすめ/第5章 株の利益は中古ワンルームマンションへ/エピローグ セミリタイアも夢じゃない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石川臨太郎(イシカワリンタロウ)
1954年長野県生まれ。本業は「自分だけが顧客の資産運用者、コラムニスト」。副業は某金融機関勤務のサラリーマン。85年から株式投資を、87年からワンルームマンション投資を実践。2002年仕事のストレスからうつ病になり休職したのをきっかけにサラリーマンの「副業化」を決意。「経済的独立ワクワク!サポーター」を肩書きと定め、サラリーマン仲間の経済的独立を支援する活動を開始。自らのホームページを持つほか、NPO法人イノベーターズ・フォーラムの公式サイトで“個人投資家による個人投資家のためのクラブ”である「億の近道」の掲示板、居酒屋「億近」の2代目店長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。