何のために働くのか

人間は得てして楽なほうへと進みたがるが、著者は逆の道を選ぶ。

仕事上で何か目標を立てるときは、普通の人よりも圧倒的に高い目標数値を設定する。「あえて艱難辛苦の道を行く」それが著者の考え方だ。
 
この強い精神力の源は何か。それは、幼少より親しんできた中国古典だという。『論語』から学んだ「信(信頼)・義(正義)・仁(思いやり)」という三つの言葉は、物事の判断基準として、いまでは著者の生き方の根本になっている。
 
人は「何のために働くのか」。冒頭に著者は次のような言葉を記している。「私が『働く』ことに求めてきたのは、そこに生きがいを見つけることでした」―。仕事をしている人、これから仕事をするようになる人すべてに送る、出色の仕事論。

何のために働くのか

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どうすれば天職に巡り合えるか、仕事を成功に導く心の持ち方、仕事の達人になるための勉強法、よりよく生きるためになすべきこと、など、若いビジネスマンに伝えたいこと。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人間は仕事の中で成長する(働く目的をどこに求めるのか/いい仕事をする前提にある人間としての成熟 ほか)/第2章 古典が教えてくれたこと(私の精神を形づくってきたもの/古典が私に授けた五つの人生観 ほか)/第3章 あえて艱難辛苦の道を行く(私が金融の世界を目指した理由/難しいからチャレンジする価値がある ほか)/第4章 誰でも仕事の達人になれる(仕事ができる人の考え方を学ぶ/成功するまでやり続ける ほか)/第5章 天命をまっとうして生きる(限りある命だからこそ/使命を求めて生きる ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
北尾吉孝(キタオヨシタカ)
1951年、兵庫県生まれ。74年、慶應義塾大学経済学部卒業。同年、野村證券入社。78年、英国ケンブリッジ大学経済学部卒業。89年、ワッサースタイン・ペレラ・インターナショナル社(ロンドン)常務取締役。91年、野村企業情報取締役。92年、野村證券事業法人三部長。95年、孫正義氏の招聘によりソフトバンク入社、常務取締役に就任。現在、ベンチャーキャピタルのSBIインベストメント、オンライン総合証券のSBIイー・トレード証券、住宅ローンのSBIモーゲージ等の革新的な事業会社を傘下に有し、金融、不動産、生活関連サービスなどの事業を幅広く展開する総合企業グループ、SBIホールディングス代表取締役CEO(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。