勝間式「利益の方程式」

初めて解き明かされる「利益」の秘密
すべての企業の経営課題は突き詰めると「いかにして利益を増やすか」にあり!
成熟化社会を迎えた日本の国内市場はすでに飽和状態で、過当競争下にあります。

もう売上高や市場規模だけを追っていては、企業の最終目的である利益はついてはきません。できるだけ簡単な方法で、利益を最大化にする、独自の手法が求められているのです。

たった4つの要素を埋めるだけで利益の最大化が計れる魔法の方程式を初公開!
勝間式「万能利益の方程式」では、?顧客当たり単価、?顧客当たり獲得コスト、?顧客当たり原価、?顧客数、の4つの要素をコントロールすることで、誰でも即、簡単に、利益の最大化が実現できるようになります。

勝間式「利益の方程式」

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたの利益が画期的に増えていく、目からウロコの黄金ルール。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜ、利益の概念が必要なのか/第2章 利益はどう計算するのか―慣れればカロリー計算のようなもの/第3章 利益を上げる方程式の解き方/第4章 原則1 どうやって顧客単価を上げるのか/第5章 原則2 どうやって顧客獲得コストを下げるのか/第6章 原則3 どうやって顧客原価を下げるのか/第7章 原則4 どうやって顧客数を伸ばすのか/第8章 明日からできる行動習慣―利益の増やし方をどうやって身につけていくか
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
勝間和代(カツマカズヨ)
東京都生まれ。経済評論家(兼公認会計士)。慶応義塾大学商学部卒業。早稲田大学ファイナンスMBA。現在、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程在学中。19歳で、当時史上最年少の公認会計士2次試験を突破。在学中より監査法人に勤務、アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、チェース銀行およびJPモルガン証券等を経て、経済評論家として独立。内閣府男女共同参画会議「仕事と生活の調和に関する専門調査会」専門委員。2005年ウォール・ストリート・ジャーナルから「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれる。2006年エイボン女性大賞を史上最年少で受賞。3児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。