食い逃げされてもバイトは雇うな

角川の「女子大生会計士の事件簿」から著者の文章の書き方が好みです。
最近、簡単・わかりやすいタイトルで惹きつけておいて専門的な内容のものがありますが、これは内容もわかりやすい。小中学生も楽しく読めるのではないでしょうか。
ノベルズよりも簡単に読めてしまいました。著者が「1時間で読めるよう…」とのことなのでバッチリですが、物足りなさを感じる方も少なくないようですね。
電車の乗車時間が短い私には、本の内容も厚みも重さも手軽で好みなのですが

食い逃げされてもバイトは雇うな

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「数字が嫌い」「数字が苦手」「数字なんて見たくもない」そんな人でも正しい訓練をすれば、数字は誰でもうまくなる。数字がうまくなれば、インパクトや説得力のある文章が書けるようになるだけではなく、ビジネスにも強くなります。1時間で読めて一生効果がつづく「数字&会計の入門書」。
【目次】(「BOOK」データベースより)
イントロダクション 「Web2.0」『ゲド戦記』がすごい本当の理由―数字のルールはたったの4つ/第1章 今日は渋谷で6時53分―数字がうまくなるための技法/第2章 タウリン1000ミリグラムは1グラム―ビジネスの数字がうまくなる/第3章 食い逃げされてもバイトは雇うな―会計の数字がうまくなる/第4章 決算書の見方はトランプと同じ―決算書の数字がうまくなる
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山田真哉(ヤマダシンヤ)
公認会計士。1976年兵庫県神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、大阪大学文学部史学科卒業。24歳のとき、公認会計士二次試験に合格。26歳のとき、170万円をかけて自費でブックファンドを使って出版した会計ミステリー小説『女子大生会計士の事件簿』(英治出版)が大ヒット。27歳で中央青山監査法人(当時)を退所し独立。28歳でミリオンセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社新書)を出版。2005年度の書店新風賞を受賞し、流行語大賞の候補に。公式サイト「山田真哉工房」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。