☆【失業】ラクをしないと成果は出ない

100の項目があります。
ぱらぱらっとめくってみて自分に合うものを読めば良いでしょう。
のめり込まない、やりすぎないコツが書かれています。
3日かかることは1日でやる。ただし、大事なものに絞る。
1万円札と名刺は3ヶ所に入れておく。なくて困ることのないように。
アウトプットしないものはインプットしない。

ラクをしないと成果は出ない

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「一生懸命」に働くな!好きな仕事で所得倍増。会いたい人が会いに来る。自分の時間を確保する―。「やるべきこと」を圧縮し、「やりたいこと」を拡大する100のアイデア。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 基本編/第2章 インプット編/第3章 ネットワーク編/第4章 撃退編/第5章 独立編/第6章 継続編/第7章 組織編/第8章 時間編/第9章 アウトプット編/第10章 生活技術編
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
日垣隆(ヒガキタカシ)
作家・ジャーナリスト。1958年、長野県生まれ。大学卒業後、販売員、トラック配送係、TVレポーター、編集者など数々の職を経て、87年から執筆活動に入る。転職2回失業3回。『そして殺人者は野に放たれる』(現在は新潮文庫)で新潮ドキュメント賞、『それは違う!』(現在は文春文庫)で文藝春秋読者賞受賞。『常識はウソだらけ』(WAC)、『個人的な愛国心』(角川oneテーマ21)、『偽善系』(文春文庫、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。